スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス担当者会議その2 

総勢8名の方が サービス担当者会議で 我が家に集まってくれた

まずケアマネさんが
担当医からの意見 アドバイスなんかを 読み上げる

だんだん痩せてきて 食べれない日や むせる日もある

食事は 時間にこだわらずに 食べれそうなときに 
食べてもらうように
少量でも 回数を増やしたほうが いいでしょう

脱水気味になると
すぐに熱が出るので 水分補給を 第一優先で

などなど・・・

この 食事時間にとらわれずに
少量頻回の 食事の仕方

っていうのは
デイサービスの職員さんたちにとっては
結構 難易度の高いものだ

まず 
午前中には 食事の用意が できていなかったり
外部委託のところだと お弁当が届いていない

なので 
午前中は エンシュアを持たせるので
それを 飲ます という方向に

あと 人手が足りなくて うちでは難しいかも・・・
というデイも あった

だけど
他のデイが 分かりました やってみます!
と言ったのを見て

うちでもなんとか がんばってみます と言ってくれた!!

こういうところが 
複数のデイに通っている メリットですよ


あとは
エンシュアは とろみ粉で とろみがつきにくく
すごく大量に入れないと いけない

どうしましょうか?
私が 寒天でムース状に固めたものを
毎日 持たせましょうか

と提案したが 衛生上のこともあって ちょっと保留

すると 薬剤師さんが
たんぱく質が多くても とろみがつくメーカーの粉も ありますよ と

そのサンプルを
後からもって来てくれた

本当に 皆で知恵を出し合って
色々 ふじこちゃんと かんなを支えてくれる

ありがたくて 涙が出てくるよ~。・゜・(*ノД`*)・゜・。

・・・続く


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 

サービス担当者会議その1 

前記事を書いた 9月末

母ふじこちゃん

もう数週間 食べが悪くて傾眠も強く
食べたとしても むせることも増えてきて

本当に 一日の総摂取カロリーは 
数百calくらいにしか なかったと思う

往診の時の点滴の針も なかなか上手く入らず
入っても しばらくすると 漏れ出してしまったり

体重は 30kgを切って
体の拘縮は ますます固くなり

正直 覚悟決めてました
もうおしまいなんじゃないかと

以前なら
家で看取る なんて言っていても
いざ ふじこちゃんの調子が悪くなると

心配で心配で 慌てふためいてたのに

本当にいなくなってしまったときのことを
考えると
それはそれは 寂しく悲しいものだけども

でも
ここまで ふじこちゃんも かんなも
すごく 頑張ってきたじゃないか

もし もうふじこちゃんの体が これ以上は無理だ と
言っているのならば・・・

はたまた ふじこちゃんの精神が
もう あたしゃ よう生きたで この辺で ええわ
と 考えているのならば・・・

寂しいけれど そのふじこちゃんの
歩む道を 見守るしかない と 思うようになっていたのでした

そんな時

ケアマネさんが 担当者会議を 開くことにしてくれました

ふじこちゃんの場合 
介護保険証の更新は 要介護5になった時から2年になっていて
ちょうど 今月はまるっと一年

更新はないけど
最近のふじこちゃんの様子なんかを
事業所間で やり取りしたほうが いいのではないか

とケアマネさん 考えてくれて
開催に至りました

会議には

3箇所のデイサービス担当者 訪問薬剤師 
そして
福祉用具担当の方まで 
ショートステイの担当者以外
たくさんの ふじこちゃんを取り巻く人たちが
集まってくれた

・・・続く


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 

この一ヶ月の間・・・ 

ブログ更新しない間に お盆から 一ヶ月が過ぎてしまいました

お盆は家族でいろいろ楽しみ
ふじこちゃんは お盆の週と その次の週
いつもなら2泊のショートを 3泊にしたけど
特に変わりなく 過ごせてました

そして 超忙しい 夏休みもやっと終わる頃
ふじこちゃん だんだん食べる量と スピードが落ちてきてしまいました

それによる脱水なのか 栄養失調なのか
熱がでたり 下がったり

その間は 眠気が強く 反応がないし

目を開いていても どこを見つめているのかわからない
顔も全く無表情

はっきりいって かんな
もう ふじこちゃんの最期を 覚悟しました

いや まあいつもの かんなのちょっとした早とちりのようなもんで

旦那や子どもたちは そんな今日明日 
すぐにどうにかなっちゃう とは 思ってなかったみたいだけど

そんな調子だったのが 
やっと 先週末ぐらいから 復活してきたふじこちゃんです

平熱に戻り
目が開いて 起きている時間が長くなり
食事の時には 口をあけてくれる 

という状態にまで 回復です

しかし その間も進行は 止まりません・・・

出来なくなったこと
介護の方法を変えたこと

結構 この一ヶ月の間に たくさんあります

またぼちぼち書いていこうと思います

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

お盆の前にグルタチオン注射・・・の母ふじこちゃん。 

世の中は 今週から お盆休みが多いですね

かんなは 火曜日まで仕事でした

母ふじこちゃんは 今週末と来週 
いつもなら2泊3日のショートステイを 3泊4日にしています

今週末は 大阪旅行 
来週は キャンプを予定しているからです

でも ふじこちゃんが体調を崩して
ショートに 行けなくなっちゃったら
それらは泣く泣くあきらめなくちゃ なりません

なので 元気をもらうため
事故によって 無期延期状態だった
グルタチオン注射の旅に 行ってくることにしました

座位もままならないふじこちゃん
助手席に座らせたら 45度ぐらいまでリクライニングさせて
左右に傾かないように クッションなんかを添えて 出発です

時間がたつと お尻がずり下がってきます
途中に 休憩を入れ
座位を整えながら ゼリーで水分補給をしながら
1時間半くらいかけて 名古屋フォレストクリニックまで 行ってきました

そして念願の グルタチオン注射

前回よりも いろんな面で さらに認知症の進行が進んでいるので
効果があったとしても 前回改善した以上には ならないだろうな・・・

と思いつつも ふじこちゃんの表情の変化なんかに
期待したけれど・・・

直後には 変化は感じられませんでした

帰ってからも 立位に力が入らないまま…
ちょっと残念だなぁ…って思ってたけど

ベッドに寝かしつけたとき ふじこちゃんの顔のそばで 歌を歌いました

ふじこちゃんがよく 孫に歌い聞かせていた 「おてて つないで」

数ヶ月前までは 部分的になんとなくハミングのように
声を出してくれていたふじこちゃん

最近では もう全く声が聞かれなかったけと…

歌に合わせて なんか口を動かしているような…
そして たま~にだけど んん~って言う声が…

超久々に ふじこちゃんの発する声を 聴きました

ありがとう グルタチオン

たったこれだけの変化だけど
介護の励みになります

遠くまで 注射のために連れていくのは
ふじこちゃんにとっては 負担かもしれない

でも ふじこちゃん 大好きな歌だって認識してくれた

そして 歌いたいと思って(きっと) 歌おうとしてくれた

ふじこちゃんにとって それは
きっと 大きな刺激になったと思うし

もちろん かんなも嬉しい

まあ無理せず 連れていけるときに
これからも安全運転で 行こうかなと 思います

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

立てなくってもいいじゃない・・・の母ふじこちゃん 

こうやって書くと まるで負け惜しみみたいね気もするけど・・・

でも そう思って 何とか頑張ってみたり
無理だって落ち込んだり

を 行ったり来たり

で やっと 悟りを開いたわけです

まだ 頑張れば 出来ないこともない

例えば 鉛のように固くなった右足のストレッチを
マッサージして 全力で 1日何回もストレッチする

起立訓練を 1日何度もする

オムツ替え ズボンの上げ下げなんかは
リハビリを兼ねて 立位で行う

デイやショートに 起立訓練&ストレッチを
もっとやってもらうように プッシュする

グルタチオン注射してもらうために 
もっともっと 名古屋の病院に通う

訪問リハを増やす

これらのことを もっともっとやれば

母ふじこちゃんの 立つ能力の低下は
もう少し 緩やかになるかもしれない

上記のこと

かんな 頑張ってやってきた
まだ続けることも 出来ないわけじゃない

しかし それには 経済的 時間的 心理的な負担が伴う

母ふじこちゃんに 24時間 つきっきり出来るのであれば・・・

でも 途中 むなしくなっちゃうかもね

そして それらを頑張って続けている かんなは
果たして 笑顔でいるんだろうか

そして そのとき ふじこちゃんは 心穏やかに
笑顔でいるんだろうか

少なくとも かんなは 
頑張って頑張って 立たせる努力をしているのに
立てないときの ふじこちゃんには
正直 悲しくなりながら むかついている

どうして 立てないんだよー もう!
ふじこちゃん 立てないと 介護もっと大変になっちゃうんだよー!

そして 心のブレーキが外れると
ぽろっと それをそのまま口に出してしまったりする

そして ふじこちゃんは 
申し訳なさそうな 顔をしている気がする

もう座位も倒れそうなふじこちゃん
立ったり座ったり 怖がっているようにも みえる

ここまで よく頑張ったよね
かんなも ふじこちゃんも・・・

介護の 目標

機能の維持を 何が何でも 目指しているわけじゃない

笑顔がなくなったら終わり
心の余裕を無くしたら 終わり
心穏やかに 最後まで過ごしてもらうこと
ここにいて 幸せだなあ って感じてもらうこと

事故を体験したり
一時 食べなくなっちゃったふじこちゃんをみて
大切なことを 思い出しました

立てなくったって いいじゃん

立たせよう立たせよう として
かんなもふじこちゃんも 笑顔無くしたら 意味ないじゃん

立てないと 介護が大変 って決め付けてたけど
15分 手間が取られるなら
15分 早起きすれば いいじゃん

創意工夫が仕事の作業療法士
時短介護の方法を 考えればいいじゃん

という 境地に達して
もう 着替えやオムツ替えのとき
ふじこちゃんを立たせるのは やめました

ベッドの上で ふじこちゃんを
右に左に ゴロンゴロンと丸太のように転がして
ズボンの上げ下げ

パンツ型のオムツから
テープ式のオムツへ 変更です

それでも 心理的 身体的な負担が減りました

時間はかかるけど
無理に立たせてた時みたいに
かんな殺気立ってないで 笑顔でやれてると 思います

また 介護段階としては
一段進んでしまったけど

それでもよし! とやっと思えるようになりました

今は 
ケーキなんかを おいしそうに食べるふじこちゃんの穏やかな顔

この瞬間があるから それでよし と思えます


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。