スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故を起こしてしまいました。。。 

何だか悲しすぎて 言葉にしたくないです

が これからの戒めの意味も込めて
書き綴ろうと 思います

土曜日 

いつも土曜日は 一週間の疲れが出て 
なかなか 体が シャキシャキ動かない

平日なら 食事介助に来てくれる ヘルパーさんもいない

旦那も仕事なので
一週間でたまった洗濯 母ふじこちゃんの着替え オムツ替え 朝食の介助 
そして ショートの準備 と 
のろのろ 重たい体で動いていると あっという間に時間が過ぎ去る

そして やっと ふじこちゃんの準備完了
ショートへ出発 
しかし その前に 往診で出してもらった薬をもらいに行かないと・・・
ももっちの 歯の矯正で使っているゴムも 歯医者にもらいに行かないと・・・

ふじこちゃんを助手席に乗せて 病院へ立ち寄ってから
ショートに連れて行くことにする

かんなも 昼前の時間になっちゃって
あせっていたんだと思う

そして ふじこちゃんも
前記事で書いたように 座位が不安定になってきているので
助手席に真っ直ぐに座らせることが だんだん難しい・・・

運転中 ふじこちゃんの体が 
窓側のほう 斜め前方に 倒れかけた

シートベルトがあるので 大丈夫と言えば大丈夫だけど
首のところにベルトが食い込んで 苦しそう・・・
このままじゃ やばいかも・・・

そう思って かんな
ふじこちゃんの方をみて そして 片手を伸ばして
ふじこちゃんを ぐいっと引っ張って元に戻そうとした

その瞬間 
交差点が近くて 赤信号で減速した 前の車に

ブレーキを踏むのが 遅すぎて
がしゃん!!!

と 追突してしまった・・・

まさか 自分が こんなことしちゃうなんて・・・

本当に 前の車の方には申し訳ないことをしました
お互い大きな怪我はなくてすんだんだけど・・・

相手の方は 本当にすごくよい方で 
後日電話でお話した時には
一緒に乗ってみえた お母さんを
大切にしてあげて下さいね

と言ってくれました
何だか 泣けてしまいました・・・

そして その後
警察を呼んで 色々と事故処理をしました

ふじこちゃん ぶつかった瞬間
赤ちゃんが びっくりした時に出る 
モロー反射が 激しく でました

かんなは シートベルトが当たったところが痛かったけど
ふじこちゃんは 痛いとは 言えません

表情を見る限りでは 特に痛そうなところもなく
ほっとしたけど・・・

しかし 車の前方は 大きく破損してしまった
それに エンジンはかかって 動くけど
車のラジエーターが壊れてしまい
クーラーが効かない!

真昼の炎天下 
このままじゃ ふじこちゃん どうにかなっちゃう・・・

送っていくだけのつもりだったから
ふじこちゃん用のゼリーとか 水分補給のものも
持ってないし!

事故処理は すぐには終わらないし・・・

動揺して 本当に 頭がまわりません

ふじこちゃんを なんとか先に 
ショートステイに 送り届けられないか

でも なにで??

介護タクシー??

でも ふじこちゃん 車椅子じゃないよ
介護タクシーって 車椅子で乗り込むやつのことだよね

ふじこちゃんは 座席が外にせり出してくるヤツしか
乗れないよ

ううん どうすればいいの??

必死な思いで ケアマネさんに 電話してみましたが
土日 休みで 通じません

以前のケアマネさんの事業所は
365日 24時間 連絡がつくところでした

残念・・・

何とか 普通のタクシーに 人力で手伝ってもらって
ふじこちゃんを 乗せよう

やっと そう決断して
普通のタクシーを 呼びました

車椅子の乗り降りのように 車とタクシーはピッタリとはくっつけれないので
何mも離れたタクシーの助手席まで
ふじこちゃんを 運ばなければ なりません

おんぶしようにも
ふじこちゃんの身体は固まっていて
手を前に回したり 出来ません

しょうがないので かんなが
ふじこちゃんを立たせるようにして 抱きかかえ
えいこらえいこら 
タクシーの助手席まで 運びました

ふじこちゃん 32kgという 超軽量なんで
意外と 簡単でした

助手席も タクシーは低いので
スムーズに 乗せれました

タクシーのお兄さんに
ショートステイ先まで 連れて行ってもらうように お願いをし
ショート先には タクシーで 到着することを伝えました

ふじこちゃんの座位のバランスが 心配だったけど・・・

と ここで

事故処理も終了

なので かんなもタクシーに同乗して
ショートまで行き

ふじこちゃんの様子を話し
炎天下 クーラー無しの車の中に一時間 いたので
水分補給を最優先でお願いした

ふじこちゃんになにか 異変があったら
すぐに連絡するように伝えて

ここで やっと 手のあいた旦那が 到着

二人で 事故現場に置いた車に戻り
レッカーを呼んで 修理工場まで運びました


・・・続く


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

事故を起こしてしまったのは残念な出来事だけど、不幸中の幸いがたくさんありますよ。何より大きな怪我がなかったこと、神様のような相手。

私も初めてのショートステイ利用時、母を送って行く途中に事故したことがあります。ぶつけられたのですが、相手は893で当たり屋でした。警察呼んで大変でした。色々揉めて非常に不愉快な思いをしました。

介護タクシーはね、スライドシートの車もある場合があります。お互いこの夏を無事に乗り切りましょう。応援しています。

Re: Tomyさん

Tomyさん、ありがとうございます。
最近涙もろいので、またまた泣けてきます…
本当に不幸中の幸いですよね、相手の方もすばらしい方ですよね。
ただ、母がどう感じたのかを考えると、まだまだ心が痛いんです…

Tomyさんもぶつけられた時は大変でしたね。相手がまた893さんなんて…!!
なんにしろ、事故というものはもうこりごりです。

介護タクシーのこと、もう少しリサーチしてすぐに電話かけられるようにしておこうと思います。
もう、スマホで情報探している時も手が震えちゃって、上手くできなかったんですよi-229

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/838-ad0f21bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。