スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルタチオンの効果、それでも進行していく母ふじこちゃん・・・ 

2ヶ月半前 名古屋フォレソトクリニックで 
グルタチオン注射をしてもらった 母ふじこちゃん 
そのときの様子はこちら ⇒ 認知症外来、新たなる収穫その2:グルタチオン注射

もう立つ力が ほとんどなくなってたのが 
この注射のお陰で 手すりにつかまってだけど
数十秒立てれるようになったので 
介護が 俄然楽チンになりました

しかしながら・・・

往診医に200mg 毎週打ってもらっているとはいえ
だんだん やはり 病状は進行していってる

言葉がまったくでなくなったのと 
話しかけた時のうなづきも 本当にわずか

大好きな人の 反応が少ないということは
すごく寂しく 胸が締め付けられる想いです

そして 
なんとか出来て たつかまり立ちが
まただんだんとできなくなり 

もう先週では 一瞬もでできなくて
ズボン・紙パンツの上げ下ろしが大変で
旦那に手伝ってもらったり
学校へ行く前の ももっちやめめっちの手を借りたり。。。

やはり もう オムツ替え ズボンの上げ下ろしは
ベッドの上で 寝かせてやらなきゃいけないのか… と 
暗~い気持ちになり どよよ~んとしてました

だって 手間も 時間もかかるから・・・

ああ こんな時 グルタチオン注射を たっぷりしてもらえたら・・・ 

次の受診は6月9日
まだ 2週間ぐらいある・・・
何とかそれまで ふじこちゃん 頑張ってよ
って思ったけど 

もうほんと 介護にとられる時間的にも
かんなの体力的にも 厳しい

なんとか 受診前に グルタチオン注射だけ してもらえないだろうか
と思いました

まず往診医に グルタチオンの量を増やして欲しい
とお願いしたけど 生真面目な先生なんで 無理だった

そこで フォレストクリニックに 電話をかけて聴いてみると
来てもらっていいですよ ってこと

わあ~よかったぁ 
もっと早く 問い合わせればよかったあ

というわけで
かんなの仕事が休みの 月曜日
母ふじこちゃんを連れて フォレストクリニックに
行って来ました

待ってる間
どんどんお尻がずり落ちて 体も傾いちゃう
2014-05-31-11-38-48_deco.jpg

グルタチオン注射後
2014-05-26-16-00-32_photo.jpg

姿勢は かんなが治した直後なんで
変化がグルタチオンのお陰なのか なんとも言えないけど
目にはすこしだけ 力が蘇ったような雰囲気があります

お会計を済ませ
前回と同じように 身体障害者用のトイレに 入ってみました

前回は 右手だけの手すりで 何とか立位が保てるようになってて
それが 最大の驚きでした

今回は どうか
淡い期待とともに ふじこちゃんを 立たせてみた

・・・残念 片手だけの手すり保持での立位は 
前回のようには できませんでした

かんな 四苦八苦しながら 何とか一人で尿パットの取替えをしました

しかし その後 数日立ちますが
ベッドの手すりを 両手で持って へっぴり腰になりながらも
何とか 支えてあげながらの立位を 10秒くらいなら 
何とか できるようになりました!

注射の前は 数秒もできなかったんだから
これでも すこ~し 改善したんだよね

前回の注射のあとの改善ほど
目を見張るものは なかったけど・・・

前回の時より 体重は減り
股関節 膝関節の曲がりは進み
さらに精神状態も 落ちている事を考えると

そんな状態ですこし改善してくれたのは
やはり 効果があるんだなあって思う

そして 10秒でも まだ何とか
つかまって立てれるということは
かんなの 介護がまだまだ 在宅でいける ということ

今度の月曜日は
もう一度 フォレストクリニックを受診します
この日は 予約で コウノ先生の診察アリ
そして 再び グルタチオン注射を たっぷりしてもらう予定

これで もう少し 介護がラクになるといなあ~って思います

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

つらいよね

カンナさん、お久しぶりです。
本当に、大好きな人ね反応が乏しいのは、とってもつらいものですよね。 今までできたことが、できなくなるって事も、ついこないだ、できなくなったショックをひとつ乗り越え受け入れたのに、また次のショックが怒涛のごとく打ち寄せ、心がついていかなかったのを思い出しました。

でも、そんな状態になっていても、ふとした瞬間に昔のお母さんを感じる瞬間がきっとあると思います。
うちの母は、私が握った手を、弱々しくなでてくれたことがありました。きっと、その瞬間は子供と認識してくれていたんだよね。
そんな瞬間に思いがけず出会った時は本当に嬉しかったのを覚えています。そんな瞬間はどんどん減っていくけど、かんなさんとふじこちゃんが、少しでもたくさんそんな時間が持てること祈ってます。

Re: つらいよね

mana-pさん、こんにちは。私のほうこそご無沙汰しちゃってて、ごめんなさいね。
そう、ふじこちゃんには生きていてほしいけど、話しかけても何の反応もない、目も合わない状態ってのは本当に寂しくつらいです。お母さんの魂は、この体の中にきちんとあって、その魂は私の声を聴いているし、私のことを愛してくれている…そう教えてもらって、そう思うことで日々乗り越えてきてるんだけど、それでも無性に寂しく悲しくなる時があります。
でも、mana-pさんの言うように、ふとわずかに動く右手で、私を触ってくれたり、うなずいてくれたりすることもあって、そんな時は本当に嬉しいです!そして、グルタチオンの効果もあって、今はまたちょっと調子がいいんですよ!
いつも励ましてくれて本当にありがとうねe-266

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/828-d577eb08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。