スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症外来、新たなる収穫その2:グルタチオン注射 

さて お待たせしました

続きです

母ふじこちゃん 
診察室で最初 ドクターコウノと向き合ったときは
視線は宙をさまよい 口はぽっかりと開け
呼びかけにも 視線を合わせませんでした

以前 しゃべらなくなっちゃったので
フェルガードBというサプリメントを 飲ませて数週間
少し 反応がよくなりましたが 

そのときの様子はこちら

でも その後 やはり下降線

今は たまにうなるような声を出したり
クリアな時には なんとなく うなずいてくれるぐらい

しかし このときの診察のように 
魂はどっか飛んでいっちゃっている状態のときも 多いもの

そんな状態で 別室で 
グルタチオン注射を しました

点滴で 15分ぐらいかけてやってもいいのだけど
ここでは 数分でできる静脈注射

看護師さんが グルタチオンを注入していると・・・

なんか ふじこちゃんの お出かけしていた魂が
戻ってきました

注射をしてくれている看護師さんの 
顔と名札を 交互に見つめるように・・・

看護師さんと かんな 
おお~って 声が出ました

そして コウノ先生にもう一度診察です

しかし 
開いた口はそのままだし 
いまいち 表情に変化というものがない
 
もっともっと 表情がよくなって
しゃべりだしたり 歩けるようになる人も いるとのことで

ふじこちゃんは やっと夢から目覚めたかな という感じ・・・ 

かんなには それだけでも嬉しかったですが
著効はなかったようです・・・

でも 決して ゼロではないので
家のほうでも継続して やってみるとよいとのことでした

ちなみに グルタチオン

これは薬というよりも 
ぐぐってみると 分かると思うけど 抗酸化物質であるので 
アンチエイジング目的として 
美容クリニックみたいなところで
自費にて 使用されている模様

なので ニコリン注射も受け入れない 頭の固い医者は
頼んでも無理かもしれませぬ~

でも もしかしたら 自費だから 
やってくれるかもしれませぬ~

ふじこちゃんの往診医は まだ頼んでないけど
きっと やってくれると思ってます


と 

ここで 終わりじゃありませんよっ!!

さて 
診察も終わり 薬ももらい
また一時間半かけて 帰るか って思ったときに

う~ん 尿取りパッド 交換したほうがいいよな~

と 頭の片隅で思いました

だって 褥瘡あるんだもの・・・


でもね 病院のトイレって

家の場合と 手すりの位置とかが違って
かんな一人で ふじこちゃんを立たせての ズボンの上げ下ろし
もう無理なんだよね・・・

もう 去年の秋ぐらいから
大変になっちゃって 外出先のトイレで立たせるの
やめているんだよね・・・

それに ここ一ヶ月ほどは
特に足の力が なくなっちゃって

家では かんな一人の時は ベッドに寝かせて取り替えている

旦那がいるときには 立たせた体を支えてもらって 
何とか手早く取り替えている

だから かんな一人で
この病院のトイレで 立たせるなんて 無理無理無理ーーー!!


って思ったけど 

やっぱ 褥瘡ひどくなってもイヤなんで
挑戦してみることに 

無理だったら 看護師さん呼んで 手伝ってもらおう思って 
ふじこちゃんを 身障者用トイレに

家では 立たせたときに 
目の前に 手すりが来るように設定して
両手で 手すりを持たせているんだけど

ここでは どうしても右側のみ

何とか 右手で その手すりを持たせて
全介助で 立たせてみました

すると・・・

ふじこちゃん 立った状態で 保ってくれたんです!

膝折れすることなく 数十秒だけど 
かんなの部分介助で 立ち続ける事が できたんです!!

おかげで すんなり 
尿取りパッドを 取り替えることができました

いやあ 思いもかけないことに かんなの方が
びっくりですよ~ 
それも 超嬉しい びっくりですよ~~

半信半疑で おうちに帰り
家でも その後 
オムツ替えを 立たせてやってみてますが
今のところ 手すりにつかまって ちゃんと立てているんです!!!

もちろん もう歩けません
言葉は なんか増えたような 増えていないような・・・
見た目 重度な人の感じも 変わってません
体幹も 相変わらず 倒れていきます

でも オムツ替えが かんな一人で 立たせて出来る!!!

これって すごいことなんだよ

介護するほうが どれほど楽か

もちろん 
立てない人を 無理やり立たせてやるよりは
寝た状態で 変えたほうが安全だし やりやすい

でも 

ちょっとでも 手すりを持ってでも 
少し支えてあげてでも 
立てれるなら 立ってくれたほうが 
ズボン 紙パンツの上げ下ろしが 断然やりやすいし 
時間も短縮される

寝かせた状態で ズボンの上げ下ろしは 
はっきり言って 
ふじこちゃんを 右に左にゴロンゴロン させたり
お尻上げたりしなくちゃいけなくて 大変

入院したら 看護師さんなんかは 二人がかりでやってるよね
それを一人で となると ・・・

でも ここしばらく そうしていたのが
この一週間 立たせて紙パンツはかせて で できている!!!

これは 診察の日だけ たまたま じゃないから
グルタチオン注射の効果だと かんなは 断言します

あんまり嬉しくってねえ

実は 昨日 
別の人を コウノ先生にみてもらうために
また フォレストクリニックに 行ってきたんだけど

そのときに 先生に 

ふじこちゃんが 手すりを持って 立てれるようになって
介護が 楽になったんです!!


って 報告しちゃった

おうそうか! よかったな!!
これからもあきらめずに やっていこうな!!!


って 先生言ってくれた~  

よし!!
お次は 定期的にグルタチオンを 点滴してもらえるように
往診医と 交渉すべし!!

認知症は 治癒は難しいけど
症状や 日常生活動作は 投薬・介護方法・リハビリなんかで 改善する!

この 投薬ってところが 
なんにも知識ない医者だと 改善どころか
悪化させてしまっても 気付かない人もいる

認知症なんてどうせ治らないと さじを投げつつ
適当に 薬を出し続ける医者も多い

介護者にとって 
介護量がちょっとでも減ることは 
介護生活の質に 大きく影響する

そして 要介護者のちょっとした症状の変化
特に 暴言暴力が減ったり
笑顔が増えたりしたら 
家族は 本当に嬉しいもの

それが 他の人にとっては たいしたことなくても・・・

コウノ先生は こういうところが
分かっているんだなあって 思います

この日の この効果だけでも
かんなは 寒い雪の日 
ふじこちゃんを連れて行った甲斐が あると思いました

今後 グルタチオンを続けていって
どんな効果があるのか 楽しみです

願わくは ふじこちゃんの笑顔が 少しでも増えてくれると
嬉しいなぁ・・・



読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 
スポンサーサイト

コメント

おはよう!

すごい!!!
グルタチオン?すごいなぁ
私も打ちたい。

医者は思い込み激しくて頭が固いからなかなか認知症患者のことを理解しにくいみたいで困るけどコウノ先生は同じ場所まで降りてきてくれてる感じがして頭が下がるよ。

家族って劇的な変化よりもちょっとした変化に喜び「活力」をもらうんだよね。

私も全く反応ない人が呼びかけに反応したときたまたまだったかもしれないけどご家族とキャーキャー言って喜んですっごく幸せな気分になるもん。

Re: きいろさん

きいろさんこんにちは!返信遅くなりました。
色んな行事で怒涛の一週間だったもので・・・

グルタチオン、私も打ちたい!抗酸化物質をなんか分解するとかどうとか。
でも病名があって、200mgまでなら保険診療でできるけど、それ以上だと自費で、自費と保険診療の混合診療は難しいと、往診医に言われちゃった~(涙)色々難しいですね・・・

でも、ニコリンの時も嬉しかったけど、今回もホント感激したのでフォレストまで連れて行っても注射して欲しいなあって思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/811-d95d1b4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。