スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ふじこちゃん、お正月のその後。 

お正月そうそう 調子が悪くなってしまった 母ふじこちゃんだけど
今は 食欲良好 覚醒良好で 元気なふじこちゃんです
写真は なんか ちょっと困った顔してるけど・・・ 
DSC_0722.jpg
ただし 言葉が全くありません

去年末 むせが増えて食べれる量が やや減ったので
サプリメントを 発話を促すフェルガードBってのをやめて
嚥下機能改善させる NEWフェルガードに 変えたせいかもしれません

なんにもしゃべってくれないのは 寂しいので
また最近フェルガードBを 飲ませてみています

さて 
正月明け かかりつけ医に診てもらい
軽度脱水症だったので 点滴をして
そのままショートステイに 送還された ふじこちゃん

2泊3日後 なんか 肌つやがよくなって
食欲も戻って 帰ってきました

その後の一週間 デイやショートに定期的に行って
すっかり ペースを取り戻し
食事中 たまにむせることはあるけど
ひどく咳き込んだり ゼロゼロ言ったりは ありません

本当によかったあ~

今回のことで 色々考えさせられたことが あります

まず
在宅だった4日間 かんな一人では 結果的に
ふじこちゃんを 安全安心に 健康に 保ってあげることができませんでした

理由は こまめな水分補給が あんまりできなかったこと 
これに限ります

去年のお正月は 車椅子からの立ち上がりのときに 転ばせてしまい
元日から 大腿骨頚部骨折 入院 手術と
とんでもない幕開けになってしまいました

だから 今年は 安全な移乗には 心がけていたけど・・・

そして もちろん 脱水 食欲不振にも 気をつけてはいたけど・・・

他の家族の食事作り 除去食作り
片付け 他もろもろの世話をしながら
ふじこちゃんの 食事介助 着替え オムツ替え 

その中でさらに ちょこまか 一日の必要な量の水分補給 というのは
はっきり言って無理でした

子どもたちがいない 在宅デーの水曜日でも
ふじこちゃんのお世話だけで 結構な時間が取られるのに

何とかやれるだろう と高を括っていたところが 反省です

でも 後悔の念は ありません
仕方がない部分が 大きいと思うし
そのときは 精一杯やったから

ただし 反省して 来年は 今年の二の舞にならないように
気をつけたいと思う

まず 今の往診では 定期的に来てくれるのとは別に
診療時間内の緊急では 来てくれるけど

病院が休診の時には 連絡がつかない

なので 24時間体制の 訪問看護の利用を取り入れて
何かあったら すぐに駆けつけてもらえるようにするか
痰の吸引機を 自宅に置くようにするか しようと思う

そして 4日間 在宅というのは 
今のかんなにとっては 家庭の事情もあり 難しい

だから 来年は ショートかデイを一日増やして
在宅デーは 3日にしようと思う

そして その在宅デーにも 
点滴での水分補給や訪問介護 もしくは訪問看護で 
食事介助 水分補給など取り入れてもらって
ふじこちゃんの健康管理を怠らないように しようと思う

あとは 誤嚥性肺炎について

これは もういつ起こしても 仕方がないレベルだと思う
っていうか 今まで起きていないのが 不思議なくらい

ちなみに 
正月3日の ゼロゼロの症状は まだ 誤嚥 のみであって
肺炎までなっていない

誤嚥は 食物でも唾液でも起こる
しかし ほとんどが むせて咳き込んで 出てくる

もし仮に 気管や肺のほうに 入ってしまっても
本人に 免疫力 抵抗力があれば 
細菌や 腐敗物に打ち勝って 肺炎には ならない

ふじこちゃんは まだ若かったし
認知症以外 どこも悪くなかったから
今までは きっと 打ち勝ってきたんだと思う

でも 今は体重36㎏
すぐに脱水を起こして 微熱が出る状態

なので かんなにも 覚悟が必要かな と思う

そして もし 誤嚥性肺炎になった場合のこと
今後どうするか を 考えていかないとね

その話は また次回


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

フェルガードBの飲ませ方

はじめまして
私もレビーの要介護5の母を在宅で介護しています。
うちも発語作用を期待して、フェルガードBを飲ませていますが、香りがきついのと味がマズイみたいで?飲ませるのに苦労しています。
嚥下も弱っているので、ヨーグルトやゼリーに混ぜて、飲んでいますが、マズイみたいで飲み込まなことも多く・・・。

かんなさんは、ふじこちゃんにどのようにBを飲ませていたのか、参考に教えていただけるとありがたいです。


あと、参考にならないかもしれませんが、うちは、嚥下は訪問マッサージで改善しました。
意外なことにSTや訪問歯科の嚥下リハよりも効果ありました。
寝た状態で首肩をマッサージしてもらうのがいいみたいです。

かんなさんの明るいブログは、私の介護の参考書であり、元気もらってます。
これからも楽しみにしています。

こんにちわ
冷静な分析しっかりと読ませていただきましたよ!
かんなさんすごいわ。
まぁ他人(介護の人)に頼むのはお金もかかるし一抹の不安も付き物だけどかんなさんには育てなきゃいけない子供さんもいるもんどこかで折り合いつけないとね。
でも後悔なく出来るってのがすごいわ。

誤嚥性肺炎ね
時々熱が出ない人いるから気をつけてね。

かんなさんおつかれー。
吸痰器は必要かもね~。というか、絶対用意しておいたほうがいいよね。吸痰するのは、けっこう奥まで入れるのが最初怖かったど・・・。かんなさんは医療に携わってる方だから、あんまり抵抗なくやれると思います。

うちの母も、認知症患者としては若かったから、いろんな危機を若さで切り抜けてきたところがありました。 
最期、がんと分かって亡くなってしまったときはとうとう体が悲鳴をあげてしまったんだな・・。と。 でも幾多の危機をよく頑張って乗り越えてくれたな~って思ってるんです。

ふじこちゃんもそうですね。

あと、緊急時に来てくれない往診なんて、意味ないよね。母が頼んでいたところは看護師さんと医師の携帯が24時間つながるところでした。 それでも、すぐ来てくれるわけじゃないし、なかなか安心できないんですから、医者が休みの時に連絡がつかないなんて不安すぎますよね。

Re: モンブランさん

モンブランさん、はじめまして、こんにちは!
訪問&コメントありがとうございますi-228
モンブランさんも、要介護5のお母様を在宅介護なさっているんですね。お疲れ様です。
フェルガードBってホントまずいですよね(笑)
封を切っただけでもあの匂い、たまりませんね!
うちもとろみのあるおかずやヨーグルトなどに混ぜて飲ませていますよ。
ふじこちゃんは、ピックの特徴でもある味覚変化のせいか、それともスプーンを見ると条件反射のために口を開けてしまうからか、すごく嫌がることはありません。でも一口入ると、ちょっと口の動きがのろくなるので、内心、まずいな~って思ってそうです。
なので、あえて2,3口で終わるぐらいで頑張って口に入れさせて、その直後、甘いものなどのおいしいものやお茶を間髪入れずに流し込むという・・・むせには気をつけないといけないけれど・・・まるで小さい子に嫌いなものを食べさすみたいにやってます。こんな感じだけど、参考になるでしょうかね(笑)

レビーとかピックって、パーキンソン症状で首や肩の筋肉が硬くて、飲みこみ辛いっていうのもあるのかもしれませんよね。私もマッサージやってみようと思います!

Re: きいろさん

きいろさん、すごくないよ~i-229
後悔なくやっているというより、後悔しない思考回路にしているだけ。
だって、後悔ってあの時こうすればよかった、もし~だったら・・・ってことでしょ。
たられば、をしないだけで、次の時には気をつけようと問題解決策を考える方が好きなんですよね。
あとは、介護とか死、ってものに対して、たぶん他の人より割り切った考え方しちゃってるせいだと思いますね。
でももし実際に、誤嚥性肺炎とか、命に関わることになったら、割り切って冷静沈着でいられる自信は…わかんないですね・・・

Re: mana-pさん

mana-pさん、私医療に関わっているっていっても、リハビリだから血とか全然ダメなのよ~
吸痰も本人苦しいっていうし、やるほうも怖いなあって思います。

若いと病気の進行も早いっていうけど、でも健康な部分はそれに打ち勝って頑張ってくれるところもありますよね。ふじこちゃんも最初すごく脂肪があったから、何ヶ月もあんまり食べれなくてもばてなかったと思うしi-229

そう、あと往診医が本当に最後まで看取ってくれるのか不安なんだけど、一応看取りの時期に入ったら、連絡つけれるようになるとはケアマネさん言ってたけど・・・休日でも連絡つくようにしてほしいです。でもドクターとはママまあいい関係を築けているので今また新しいところを探すのも、ちょっと・・・だし、訪問看護経由で連絡がつくようにしようと思ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/790-e932f724

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。