スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家の断捨離、お宝発見・・・ 

雨 雨 雨です 
風もすごくて 嵐です 

我が家は ふじこちゃんの乗せ降ろしのスペースから
家の中まで ひさしもなく
結構 長い距離を移動するので 雨の日は大変です

わざわざ 車椅子用のかっぱ着せて
かんなも ビニールのかっぱ着ます

でも今日は 母ふじこちゃんの在宅日でよかった よかった


さて 

先週の続きで
今週も 月曜日に旦那と 実家の断捨離に行ってきました

一階はほぼ終わって 二階ですが
二階には 押入れが四間も あります

天袋まで 付いています

ふじこちゃんの花嫁道具の 和式たんすもあります

そして なんといっても
かんなの部屋が あります

かんなが 社会人になって家を出た
そのままに あります・・・

勉強机 ベッド 雑貨 アルバム 日記やら お手紙やら
レコード コンサートに行ったときのパンフレット
懐かしいものも いっぱいです

感情に流されぬよう どんどん処分しなくてはなりません

どうしても取っておきたいものだけ
ダンボール数箱に入れて おきました

老後 隠居生活になったら
取り出してきて 子ども時代 青春時代を
思い返して 過去に浸りたいと思います

しかし 

不思議なことに 
今の旦那と付き合う前の 彼氏の写真が 一枚もありませんでした

ひどいやつだったので 未練はありませんが

面倒くさがりで 整理整頓が苦手なかんな
冊子に何枚か入れて 棚にでも 置いたまんまだったはず

あそらく ふじこちゃんが 捨てたんだと思います

というか それしか考えられません

その彼と 別れてすぐ 
かんなの部屋にあった 二人の写真立てを
速攻で 処分したのは ふじこちゃんでした

その人 最初はいい人だったのに

実は 今でいう DV & ストーカーだったんです

酒飲むと 豹変して 暴力ふるい
何度も別れ話をしても 付きまとってくる
実家にも 職場にも 帰り道の駅にも・・・ 

ある夜 
実家まで押しかけてきて 近くの公園に連れて行かれ

お前と別れるなら お前を締め殺して 俺も死ぬ
死ぬための包丁は持ってきた


といって 首を絞めてきました

かんな 陸上部だったので 猛ダッシュで逃げようと思ったけど
そいつも 陸上部だったのでした

マジで 観念しました  恐怖でした

でも その時

心配したふじこちゃんが 探しに来てくれて 
かんなたちを 見つけてくれたのです

かんなは そこからどうやって 家に帰ったのか
そいつを ふじこちゃんはどう説得してくれたのか
全く記憶が 飛んでしまって ありません
 
しかし 
その夜で やっと そいつとは縁が切れました

あとちょっと ふじこちゃんが来てくれるのが
遅かったら・・・

ふじこちゃんは 本当に命の恩人です

しかしながら あの晩のことは 今でもトラウマです
そういった事件を見ると 胸が苦しくなります


と とんでもない話になってしまいましたが
心にとどめているより 話したほうが 
ちょってでも トラウマ解消に なるかな? と思って・・・

で きっと 
そいつに怒り心頭だった ふじこちゃんは
かんなの部屋を まさぐって 
そいつとの写真を見つけて 残らず捨ててやったんだと 思います

ちなみに ふじこちゃん

かんなの部屋のベランダに洗濯物を干すので
必ず 毎日入るのですが

日記帳やら 見てましたね  バレてたよ お母さん・・・ 

子ども部屋に こっそり入って
子どもの日記とかみてる お母様方

バレてるよ




さて 今回のお宝 発見

20130624224628.jpg 20130624225054.jpg
20130624225225.jpg 20130624224859.jpg 
20130624225305.jpg
その他色々・・・
果たして お宝になるのだろうか・・・

旦那は またヤフオクで 売って
家族旅行の資金にすると 言ってますが

以前 
8トラックの 美空ひばりとか吉永小百合
加山雄三 石原裕次郎 なんかが出てきて

まとめて 30本くらいセットで ヤフオクに出したら
2万円もの値がつきましたが!!

これらは 今は CDで聴けるような物ばっかりじゃないかな??


かんなにとっては もっとすばらしいお宝を
発見しました
securedownload_20130626150549.jpg
見つかった中で 一番若いと思われる
父(高校生)と 母(二十歳位?)です

あんな 父だったけど
戦時中に生まれて 激動の時代を生きてきた人です

そして なんか修行僧のように 
すがすがしいです

どこで 道が違っちゃったんだか・・・

しかし 
最期の 旅立ちの直前の父の目は
この写真のように 純粋で穏やかでした

それを思い出させてくれる 写真です

ふじこちゃんは 実家が貧乏だったけど
働くようになって 色々おしゃれ楽しんでいたみたいです

この他にも 生き生きしている写真が 見つかりました

認知症の中期ぐらいで まだ会話ができるころ 
ふじこちゃんの記憶は この時代トリップしていました

一番 楽しくて幸せな 時代だったのかな


こうしてみていると

それぞれの人生を それぞれが きっと
色んな経験をして 色んな思いを胸に抱き
生きてきたんだなあ って思います

だからこそ 

今のふじこちゃんを 大切にしてあげたいなあって
今は 思えるのです

もう泣かないって決めたのに
また 片付けながら 涙が出てしまいました

でも 立ち止まらずにいこうと 思います





読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

DV & ストーカー!
怖っ!!
御無事でなにより。

うわっ、お宝やないですか!
デイヴが異色w
あまちゃんの世界ですね。
家が近かったらなぁ、お供したかったです。

Re: hajime さん

hajimeさん、こんにちは!

今だったら、犯罪ですよね。
未だに、旦那とけんかしてもフラッシュバックするんですよ、
本当にいい迷惑です。

やっぱ、お宝??
あった場所が、外の物置なんですよ、何でそんなところに・・・
ヴァンヘイレン、アバもありました。
あとは発見できなかったけど、
マドンナ、アーハ、シンディ・ローパー、ボンジョビ、
まあ、あの頃のよく売れてたの好きでしたね。

一生懸命お小遣い貯めたり、バイトして中古で買ったりしてたのに、
探し出した旦那、俺これ、CDで持ってたってさ!!

母の秘密は、ちょっとありましたよ!
父と結婚する前、本当は付き合ってた人がいたけど、
家柄が合わなくて結婚できなかった、と言っていたけど、
それらしき人との写真が出てきたり?!

でも、そういうことを知った方が、母のこと何だか愛おしく感じますね。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/712-96fbc9ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。