スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに座ってみたら。 

やあっと バリウム地獄から 解放されたかんなです 

しかし めめっちのインフルエンザは 結構重症で

イナビル という 一回のみで効くという吸入型の薬を
一昨日 使用したのにも 関わらず
熱は下がらず 咳もひどく ぐったりしています

頑張れー めめっち 頑張れー 白血球  



昨日も そんなわけで 昼間に母の病院に行けず
夕食時に行くと

やっと 股の間に挟んでいた 大きなクッションが 
取り除かれていました

夕食を食べさせた後 
身軽になった母を ベッドの端に 座らせてみました
20130122190242.jpg
一瞬 テレビに釘付けになるふじこちゃん 

しかし 背中も丸く バランスもぐにゃぐにゃ

かんなが背中を支えていないと 倒れてしまう

いつもは動く右手で 手すりを持っていたけど
持つことも 忘れてしまったよう・・・
  
これでも リハやって よくなってんだろうか

これじゃあ 立たせられないし 
移乗の練習だって無理だっていう状態なのが よ~く分かりました

はあ~ まことに残念です 

最初の一週間
全くの寝たきり生活で こうなってしまったんだろうか

それとも ピック病の パーキンソニズムで 
症状が 進行してしまったんだろうか

もっともっと 回数を増やしていけば
改善していくんだろうか

でも 
筋力がとてつもなく落ちてしまったのは
まちがいない

筋肉は 使えば使っただけ 増えるもの

健常者のように ムキムキな筋トレや 
自主トレは 出来ないけれど

立つ 座る ということを生活の中に取り入れていけば
落ちた筋力ならば きっと戻るはず

そう信じて 端座位や 車椅子座位を
どんどん取らせていこうと思います

この後 無謀ながら
母を立たせてみました

立たせたというより 
かんなが 母と密着して引っ張り挙げた 

案の定 
右足にも 左足にも 全く力が入っていないし
膝も 伸びてないし

以前のように 
両手を持っったら 自力で立てた状態とは 大違い・・・

思っていたとおりだったけど がっくりだなあ

認知症患者の入院・・・
高齢者の入院・・・

以前の生活より ワンランク下がってしまうと いわれている
まさしくその通りになりそう


しかし 収穫もひとつ

母が軽くなったせいか

このまま かんな一人で 車椅子へ方向転換して
乗せられそうな 感じ 

そこまで勝手にやると 
見つかったら 怒られちゃいそうなので
やめといたけど

移乗は なんとかなるかな といった感じです



家に帰って 大変なのは
着替え や オムツ替え といったところでしょうか
このままだと
寝かせて行わなければならない

せめて 座位が安定してくれないと
介助量が 増えちゃうなあ・・・

ただ

まったく かんなの手に負えない というところまでは
いっていないので

何とか 退院に向けて
残り期間のリハビリを頑張ってもらうように
今日こそは 今日こそは
言ってきます

しかし もう  こんな母の様子を見て

何が何でも リハビリ 

でもなくても
いいかな という気分になりつつあります


立てなくっても もう歩けなくっても

母ふじこちゃんの 声が聞ける限り
笑顔が見れる限り

家族や 介護の人たちの 暖かい輪に囲まれて

おいしいものを食べて

ふじこちゃんらしい 穏やかな生活が 送れれば  いいな~

って 

そんなことを 思わず願ってしまいました

     ・・・あきらめが 早いのかな 



読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります 

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/635-b334c01d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。