スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の笑顔が見られた日。 

みなさ~ん おはようございます 

昨日は 母ふじこちゃんの笑顔が 
久しぶりに見られた とっても嬉しい日でした!!

朝の食事介助は からっきしダメで
垂直に起こした ギャッジアップベッドの上で
熟睡している母

無理やり起こしては 一口食べ
また 爆睡

これを繰り返して 一時間近く 
半分ほど食べた後で もうやめました

だって 朦朧とした意識で食べてて
誤嚥されても 困るし

でもこういう時って なんかもの悲しいよね

このあと 夕方まで来れないっていうのに
昼食だって きちんと食べられるか  わからないっていうのに

と かんな
食器を片付けながら 嘆き悲しんで

さて 帰ろうっと

と 母をふと見ると


なんと お目目ぱっちりで
にこっと 笑ったじゃん!! 


もう 入院中 そんな顔見たことなかったから

わあ~~ ふじこちゃん 笑ったあーーー!!!

って嬉しくって
ふじこちゃんの頬に すりすりしてしまいました

おっと 気を抜くと ペろっとされるので
気をつけながら・・・

すると すぐに 怪訝そうな顔になっちゃった・・・


感動の一瞬は カメラに収めれなかったけど
かんなの脳裏には しっかり焼きついたぜぃっ!

よかったあ 笑うこと忘れていなかったあ~



そして 夕方 夕食30分前ぐらいに出向き
今日も車椅子に座って 食べさせようと思ったのだけど・・・

ナースステーションに 看護師さんが おらん!!
皆 出払っているようで
ちょくちょく覗いても 一人いるかいないか

そっかあ 休日のこの時間って
人手が手薄なんだね・・・

車椅子移乗の介助を そんなわけで 頼めなかった

でも 
なんで ベッド上の座位じゃ うとうとしちゃうのかな
同じ座位なのにな

と思ったときに 

いくら ベッドを背もたれ最大まで上げても
80度くらいで 
身体は 後ろに押し付けられているからかな

と思い

ベッドを起こした 母の背中にクッションを詰めて
体幹と首が やや前傾になるように してみました

すると そのせいだか何だか 分からんけど

覚醒レベルが良好で

なんと食事を 30分で 完食よ!!!

すげ~よ ふじこちゃん

時間が 余ったので

CDラジカセかけて りんごの唄と 青い山脈を聞かせると

いいがね いいがね~~~~

って これまた 入院する前以来の ふじこ節が聞かれました 

3回繰り返さんで 2回だったけどさ

そんなこと もう いいがね~

しゃべった ってことが 重要ポイントよ!!


で この後も ふじこちゃんの笑顔を引き出そうと
かんな 必死に笑いかけたり
鼻を膨らませて 変顔つくったり
してみたけど

このあとは 笑ったり しゃべったり してくれませんでした

まあ 一日で 笑顔一回 おしゃべり一回
上出来だよ ふじこちゃん!!

ちょっと 正直 だらけ気味だった 介護のモチベーションが
ちょっと回復 

実は子どもたちも だんだん 病院についてくるの
飽きてきちゃった模様だし

ふじこちゃん なにか 危機感を感じたのかもしれません!!


何はともあれ よい日だったあ~ 


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります 

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

ベットと車いす、やっぱり色々と違うでしょうね。
背中や首の角度もでしょうし、脚を伸ばしだり下ろしたりしてるのも。
目の前の雰囲気なども。

なんにしても、笑顔と声が聞けたのは良かったですね。

よかった~~。

ほんと、同じ1日なのに、さっき笑ってくれたと思ったのに、さっきしゃべってくれたのに。
もう一度聞きたくて、色んなことしてもだめなんですよね~。

でも、その一回が大切ですよね。 その一回がどれだけ嬉しいか・・・。 ほっとするか・・・。 
 
せっかく来ているのに、もっと車椅子に乗せてあげたいですよね。車椅子に乗るととても表情が変わって、うれしかったです。ほんと、私も、よく思ってました。看護師さんがなかなかつかまりませんよね・・・。

Re: hajime さん

やっぱり寝ているより、体を起こす、
ベッド上座位より、車椅子、の方が確実に覚醒も上がって、違いますね。
私一人で移乗できるレベルだったら、ほんと車椅子に乗せてあげたいんですよ。
でも、もし何かあったらいけないですしね。

まだまだ、なかなか、先に進めないけど、
母の表情とかは少しずつよくなっているので、まあ良しとします。

Re: mana-p さん

覚醒度が違うのは、家にいたときもあったけど、
病院だとどんどん下がっていってしまう気もして、
何とか笑ったり、しゃべったりしてほしいと思っちゃいますね。

きっと同室の人は、面白い娘さんだと思っているに違いありません・・・


でも、たまの笑顔や言葉があるから、その一回があるから頑張れるってのもありますよね。

看護師さん、時間帯によってだけど、忙しそうですね。
とても二人に頼めないです。
早く一人で乗り移り出来るようになってほしいなあ~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/629-3b955d0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。