スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが身だしなみ されど身だしなみ 

ちょっと前の話になりますが

日曜日 普段ほったらかしなめめっちの罪滅ぼしに
動物園へ連れて行ってあげようとしたら

おっそろしい強風でした 

グラの試合があった瑞穂も 風が強かったですが
ここ豊橋は 春になると
真南の海から ものすごい風が吹いてきます

どのくらいすごいかというと

洗濯物は 洗濯ばさみごときじゃ 飛んでいく

布団も 布団バサミごと ぶっ飛ばされる

患者さんも 風を恐れて 散歩に出ない

向かい風で自転車こぐのは 至難の業

追い風なら こがずに進む

去年 レストランの駐車場で
車のドアを開けた瞬間 あおられ
隣の車を激しくへこませた






動物園 あきらめた めめっちと かんなです

早く 暖かい 春が来ないかな~ 




さて 今は母 ショートへ行っていますが
仕事中に ショート先から 携帯に着信がありました 

2週間前のショートのときも 
火曜日仕事中に着信があって 掛けなおすと

母の調子悪そうだから なんとなく迎えに来いニュアンスで
迎えに行ったら
もう 
調子悪いの通り越して 元気になりかけていた

でも 次の日の 水曜日 

めめっちのアレルギー外来受診だったのに
母が在宅になり
行けなくなって キャンセルし

そのキャンセル分の受診が 明日 控えているわけです


はてさて 

こちらから また掛けなおして 
またまた母を迎えに行くストーリーだと
明日の めめっちの受診が 困るな~

ということで

もし ひどい熱だったりしたら
ショート先から もういっぺん かかって来るであろう

と思い 
ショートからの着信を 放置じゃあー


で かかって来ないし

それはそれで 気になる 気になる~
お母さん 元気かなー

ま 明日 帰ってくるしね



さて

ショートステイ利用は 在宅介護を続ける上で
とっとこ一家には なくてはならないものです

2ヶ所交互に
ほぼ毎週末 3泊4日 

なかなか 予約が取れない地域の方や
ショートに行くのを 嫌がっている介護者の家族の方からしたら
贅沢ですね

はたまた

そんなに行かせてたら 
機能が さらに落ちちゃうんじゃないか
家族のこと 忘れちゃうじゃないか 

と 思う方も いるかもね

かんなも それは 心配しましたが

まあ 母は 足腰以外 もう底辺なんで

我が家に戻ってきても 
うちのこと 孫のこと かんなのこと 
わからないので

もう 気にしません

それに 施設のほうが 回廊になっていて
母は 結構 よたよたながら ぐるぐる 歩いているようです

うちにいるより 運動していることに なるんじゃないかと・・・



でも 

だったら 施設入所でもいいじゃないか と思うかもしれないけど

ここは 実の親子

そばにいたい
声を聞きたい
笑顔を見たい

という 想いがあって 

この 半分ショート 半分おうち で 
何とか最期まで 行きたいもんだと思っています







そのありがたいショートなんだけど



しかしながら 

母が動けていた頃は まだよかったけど



今 着替えから 身だしなみから 起き上がりから 食事から

全部介助に なっちゃうと

その施設での ケアの実態が 気になってしょーがない 

まず 口腔ケア

母は 口を開いてくれないし
食べている途中で 寝ちゃったりするので
難しいものがあるんだけど

A施設から帰ってくると 
大体 口臭がひどくて 茶ばんでる
歯茎に 食べかすが 残っているときもある

そして 

爪も 切ってくれていることころと そうでないところがあり・・・

手も 石鹸の匂いがするところと
くっさいところあり・・・

あと 

目やにとか 鼻水が かぴかぴになったまま 付いているときもあり・・・

髪の毛 すずめの巣のようになっているときもあり・・・

真冬 退所する日なのに 暖か下着 着ていなかったり・・・



たいがい A施設より B施設のほうが こういう細かいところ
行き届いているのだけど

A施設のよいところは

行ったその日も 帰るその日も 必ず毎日 入浴があること
着替え 2着分のみでよくて 洗濯してくれるところ


B施設は 入浴が行きと帰りの日はないし 中日も 一日おき
洗濯もないので 帰ってきてからが大変

と 一長一短だし

どこも
細かいところまでは 手が回らないのは
充分すぎるほど よくわかる

介護士さんが 皆よい方で
母にも優しく とても一生懸命に 介護して下さっているのも よくわかる

だから 

特にクレームつけたりは しないけど


ただ 

大好きな母が ぱっと見 なんか 小汚い状態になって 帰ってくると  

物悲しいんだよね 

接するほうも 鼻水かぴかぴだったりすると

なんとなく 引いちゃわない??
要介護者だから しょーがない って思っちゃう??



少しでも かんなは 

母が 
人らしく 母らしく 普通の生活を送ってほしいだけ

誰でも手が匂ったら 洗うし
顔に汚れが付いていたら 洗うか 濡らしたタオルで 拭くし

それが自分で出来ない人には ちょこっと 手を差し伸べてあげるでしょ



でも 

もっと生命維持に 直結したもの

食事 排泄 睡眠 ・・・などの 介護で 現場は 余裕ないのだろうな

だって 食事時間直前に 来所すると

ピンポン 何度鳴らしても 
全然 お迎えに出て来てくれないくらいだから・・・


いろいろ このように ショートに関しては
思っちゃうことが 出てきてしまうわけです


介護者が 余裕を持って 介護できる

そんな世の中に なってほしい・・・




けど 




そんな日は 

日本に来るんでしょうかーーーっ!!!

ねえ・・・






読んで下さり ありがとうございます


元気の素になります 

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

見た目って大切ですよね…
ボンクラなんてお構いなしだから、まあだらしない恰好させてますし、
これがまだ冬だからコートや上着で誤魔化せるけど、
夏になったらどうするんかなと思いますe-447

介護の現場の人手不足は、ほんと難しい問題ですよね…
介護に関してはやっぱり、定年後の元気な方々の力を借りる
べきだと思いますe-441
定年後に講習を義務ずけ、2年ほど介護の現場に行くと言うのは
決して悪い事ではないと思いますe-441

う~ん、帰る日にも入浴があって見た目がと言うのは、どうなんでしょうか。

例え入浴が無い日でも目ヤニが付いているのは、僕の感覚ではありえないのですが。

目ヤニは一つの例ですが、他にも色々ありそうな気がしますね。

帰って来た時の様子、気になるところですね。
家族としては見た目で判断になるので、トホホな状態だと、それなりの介護だったのかなぁ?などと思ってしまいます。

まぁ、私もそれがイヤでわざわざ海外にまで出かけたんですけどね。
結局戻ってきましたけどね。(;^_^A アセアセ・・・

わかります。

うちも、最後入院になる1年前くらいから、半分ショート半分おうちという生活をしていました。

ショートに迎えに行くのは、いいのだけど、送っていく時は毎回せつなかった~。 なんとなく、寂しそうな母。

でも、在宅続ける上で重要ですよね。 全面的に施設生活でもないし(施設に入れたくなかった)、ずっと気が抜けない在宅一色でもない中途半端な感じが在宅をほぼ最後まで続けられたのかもしれませんね。

それにしても、お母様ショート先からよくお電話かかりますね。ちょっと心配ですね。

Re: おかんさん

見た目で心のバリアってあっという間に出来てしまいますよね。
うちも、父と母の二人暮らしのときは、着ているものとか匂いとか
ひどかったです。
そこを気をつけるだけで、全然違いますよね。

ほんと、60代で元気な人、いろんな価値観を知るためにも、
経験を生かすためにも、介護に携わってほしいですね。
自分が介護してきた人とかの経験も、生かしてほしいなって思います。

Re: hajime さん

そうです、お風呂に入れてもらえるのはありがたいけど、
おそらくそれで手一杯か、毎日お風呂ってことに甘んじちゃって、
細かいことはスルーな気がします。

目やに付いているのありえないですか?!
じゃあ、迎えに行って気づいたときに、さりげなく指摘してもいいですよね。
言わないと、職員さんも気づきませんものね。

そこは、母がオムツの中に手を入れてしまう時期のとき、
いっつも、う○こ臭い手で帰ってきたんですよ。
あと誤食もあったっけかな・・・

Re: こらいおんさん

こらいおんさんの海外介護生活、少ししか読ませてもらっていないので、
時間があるときに読ませてもらいます!

デイや入所じゃなくてショートって、個人個人の状態を把握するのも難しいと思うし、
通り一遍等の介護はしてもらえるけど、その人一人ひとりにあった介護っていうのは
難しいところはありますよね。

でも、清潔にしてほしいって何も無理なお願いじゃあないですよねえ、
ああ、だんだん文句言いたくなってきたあー!!

Re: mana-p さん

私は、送っていくときはいいんです、もう一杯一杯で、アー助かったなんて思いながら・・・!

でも迎えに行くとき、きちんとした身だしなみしていないと、
なんか母がかわいそうで、切なくなっちゃいます。
それに、はじめて見る目をされるのでね・・・

まなーpさんも、うちとおんなじ感じだったんですね。
仕事しながらそういう在宅生活を選択されて、ああ私だけじゃないんだと、
心強く感じます!

ショートの電話、私がノートに書いたことの確認でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/489-bdddd5e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。