スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のこれから・・・ 

先日母を ショートステイに 送っていったら
遂に 車椅子で お出迎えされてしまったことに 
またまた 軽いショックを受けた かんなです


昨日 担当最後のお仕事で 訪問して下さったケアマネさんに
母の 今後について 色々と話した


性格変わってきたなあ と思ってから 6年

2年半前 長谷川式 24点  

2年前 16点

今 0点
体も硬く ADLほとんど介助

この調子じゃ あっという間に 終末期を迎えるのかな

アルツハイマーは 運動機能の障害が出るところまで 
あんまり行かないらしい

ピック病は 薬も効きにくく
進行も早く 寝たきりになりやすい


嚥下障害が ひどくなって
誤嚥を繰り返したり

食べることを忘れて 食べれなくなってきたら
動けなくなって 寝たきりになっていく ということだねえ

そうなったら 特養の入所をすすめるけどねえ


でも 母のことは 出来たら最後まで 在宅で行きたいんです

寝たきりになって 歩けなくなっても
今のデイサービスや ショートステイは 受け入れてもらえるんですか



一箇所は 特養もある デイとショートの施設なので
大丈夫だけど

もう一箇所のデイサービスなんて 

民家でやっているので 玄関に段差があるし
部屋は畳みだし
風呂は 一般の家庭と同じだし・・・

それは大丈夫だよ
人手が多いし 人力でやってくれるよ

ただ・・・

食べられなくなったときに どうするか・・・

経管栄養で行くのか 胃ろうにするのか しないのか
悩まなくちゃいけないことが 待ってるね

胃ろうにすると ショートや特養の入所が
難しくなっちゃうしねえ 


可能性 ゼロ ではないみたいだけど
施設から お断りされることが 多いらしい 


はあ~~
そうすると 訪問看護や 訪問介護 中心の 生活になるのかな

かんな やっていけれるのかな

それより
母が もし そうなったときに
胃ろうをする しない の決断が 出来るだろうか

本当は 父と同じく
徐々に食べれなくなったら 自然のままで

と 思う


でも


でも 母には ぬくもりがある限り ずっと 生きていてほしい

この両方の思いのはざ間で 悩むんだろうな・・・



と 暗い顔してたら

まだ お母さん 大丈夫だよ
そのときに その状況を見て 考えればいいよ

今は 今出来ることを していけばいいんだから



と ケアマネさん


そっか そうだよね 
今決断したって そのときになってみて 変わるかもしれないし

最後の最後まで 励ましてくれた ケアマネさん
ありがとーーーーうっ!!


と 泣きそうになりながらの お別れでした




って ケアマネさんが 移動する
地域包括支援センターって

ケアマネの事務所の 隣部屋 なんですよ ヽ( ̄m ̄*)ププッ

それも アコーデオンカーテンでしか 区切られていない・・・


なんか あったら いつでも 話に来ていいよ

とまで 言わせてしまった かんなでした 



読んでくださり ありがとうございます

元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

そう言う心強方が側にいてくれるってだけで、励みになりますよねe-454
デイやショートを使うのは、これから先色んな事を先手先手で考えて行く為でもあるのに、
ボンクラは何も考えずで、上のケアマネはただ形だけやし、“在宅”ってだけで、
ハッキリ言って“ネグレクト”以外の何物でもないし…同じ病気でもケアする家族によって
すごい差が出ますよねe-351

ケアマネさんがそう言って下さるのは、かんなさんの人柄なんでしょうねe-454

いいケアマネさんでしたね。

うちの母のケアマネさんもとても親身になってくれるケアマネさんで、(最初のケアマネは最悪でしたが・・・・)

私と一緒に、お母さんの進行に涙したり、ショックを受けたりしてくれました。 とても心強い存在でした。 病院に入院しても、ケアマネとしてはもう担当じゃなくなっていたと思いますが、最後までずっと相談にのっていただけました。

かんなさんもそんなケアマネさんに出会ったことは在宅介護する上ですごく重要ですよね。介護の質がまるで変わってきますもんね。

仮に次のケアマネさんが家の最初のケアマネみたいにダメダメでも、最初じゃないし自分にも知識があるし乗り越えていけると思います。がんばって~~!!

お母様の進行。早いですね。うちはなんだかんだいって最初のうちは進行があまりなく最後の2~3年に坂道を転がるように進行していきました。色々評判を聞いて病院に行ったりしましたが、母の進行は止まらずで・・・。(涙)

かんなさんも、私と同じくこれから厳しい選択をしなきゃいけない局面もでてくるんでしょうね・・・。 これからもずっと応援しています。

頼れるケアマネさんですね。
うちのケアマネさんは、言ったことにはすぐ動いてくれるけど、事務的であんまり深い話もしようと思わない感じ。うらやましいです。

私は、色んなことは訪問ナースに相談してます。いい方ですよ。

お母さん、ケアマネさんが言うように、先のことは考えなくていいと思うよ。辛くなるし、落ち込む。
うちの母は、なんだかわからないうちに歩けなくなって、ご飯を食べれなくなって、気づけば経管栄養だったので、その時は、もうお母さん死んでしまうんだと思ってました。
でも、まだ生きてるし、話すようになったし、だから先のことなんか考えなくていいと思うよ。どうなるかなんてわからないし…。

余談ですが、訪問ナースに聞いた話だと、胃ろうの人が増えているので、胃ろうの人を受け入れる施設も増えているそうです。このあたり田舎だけど、そんな感じ。

僕の祖母も胃ろうでしたが、決断は難しいですね。
高齢でしたし、最初は反対していましたが(母も)最終的には胃ろうを選択しました。
その時の状況で考えも変わるので、今の最善と思う方法を取るしかないかと思います。

ただ、仕事をしながらの在宅介護は難しいですね。
国が今回の改正で目玉としている「24時間対応の定期巡回・随時対応サービス」が普及すればまた違いますが。
厳しいです。

Re: おかんさん

いやいやいやー、私が何でもかんでもあけっぴろげに話すのと、
突然の異動に動揺が隠せなかったせいで、
ケアマネさん、心配しちゃったんじゃないでしょうか?

ボンクラさんのケアマネさんも、何とか手を打ってくれたらよいのに・・・ですねえ。

Re: mana-p さん

mana-pさん、ありがと~(涙)
色々不安になっちゃってねー。
mana-pさんの一番初めのケアマネさんは、最悪でしたか。
そういう人っているんですよね。

こればっかりは、おみくじ引くようなもんだから
神様仏様に、祈るしかないです。ってもう次の人決まってるよね!!

これからのこと、また色々相談に乗って下さいねi-228

Re: みやさん

必要以上に深い話をするものではない、という考えのケアマネさんもおられますよね。
でも、訪問ナースによい方が見えて、本当によかったですね!

ほんと、先のことなんて分からないですね。
昨日ショートから帰ってきたら、なんか足腰復活してたんですよ!

これ、長生きしそうだなあって思いましたもん。

胃ろう受け入れの施設もこれからきっと増えていくでしょうね。
みやさんのところも、デイやショート利用なさっていますものね。
探せばきっとあると思うんだけど、私の条件に合うのは厳しそう・・・

まあ、そのときになったら、色々考えます!!

Re: hajime さん

胃ろうの選択、hajimeさんが言われるように、そのときにならないと分からないものですね。

ただ、自分が在宅で介護できるかできないかが、影響してほしくないです・・・

やっぱ、仕事しながらっていうのは厳しくなりますか(TヘT)

っていうか、介護者ひとりっていうのも問題ですよねえ。

あ~あ、早くもっと使いやすい介護保険にならないでしょうか・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/473-2ae238a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。