スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰り、お母さん 

母が 4泊5日のショートから ご帰還です

連れて行ったときは 

はあ~~ やっと息抜きだ~

なんて 思ってたし 事実 リフレッシュも出来ましたが

最近は どんどん 認知機能の低下 身体機能の低下があるので
実は 気が気でなかった かんなです

ショート先に 迎えに行って
母がてくてく 職員さんとともに歩いてくるのが見えて

ああ 元気で 過ごせて よかったな~

と 純粋に思えた

そんな気持ちで

お母さん お帰り 一緒におうちに帰ろう 迎えに来たよ (ちょっと日本語変だけど)

って言ったら もごもご何か言いながら
にこっと笑ってくれた

おおおおお~~~ 幸先よろしーなー


こんな気持ちになってきたのも

やはり 母が 少しずつ 弱っていくのを見ると
一緒に居る時間を 大切にしたい

母に 幸せだと 感じてほしい

と思うようになったから


いくつになっても 母親というのは 特別な存在なんだ

ということに 最近しみじみと 感じるから



母がまだ初期 中期の頃
動き回ってたり 文句のオンパレードだったときには

そんなこと 思いもしなかった



やっと今 問題行動ラッシュのときから 一山超えて

認知症自体は進んでしまったけど

だからこそなのか 穏やかに 母と接することが出来てきた ような・・・


ま ショートから 帰って 一日目ですからー

これが 5日目くらいだと また なんか叫んでいるかもしれません


さて

左肘の水疱は ぴったり巻かれたフィルム剤の中で
盛り上がったぶよぶよが 無くなり

なんと からからに渇いて 色素沈着を残すも
完治してた

恐るべし フィルム療法 

絆創膏とか ガーゼだと 細菌が湧きやすいし 
傷を治してくれるために出る液が ガーゼや絆創膏に吸われて
治りが遅くなるし
 
かさぶたが出来て その後 綺麗に治りにくいんだって

床ずれの処置をやっている 人なら ご存知ですかね

とにかく 早く治ってよかった よかった



そして 右手ですが 
こちらは残念なことに 右の親指と人差し指が 相変わらず上手く動かない

これはほんとに 重症だ・・・

しかし 認知症でも進化した母は

なんとか箸やスプーンを持って 自力摂取 3分の2ほど 

残りは かんなが食べさせた


それでも 全く食べれなかった時より 断然楽だあ~ 
飲み込みも よくて お茶も飲める



そして かんなと めめっちが 

カーヴィーダンスしているのを 見ていて


樫木先生と一緒に 

わき わき わき わき・・・

とつぶやいたり


樫木先生の どおぅ~ みんなきもちいい~~

に いいがね いいがね いいがね いいがね

ってつぶやいたり なかなか 調子がよさそう



もう家で 怪我したりしないように
今 順次 色々変更中

とりあえず ベッド柵は 片付けた

そして ふすまとベッドの間をくっつけることにより
母が落ちたりしないようにした

そして 夜中は 時々覗くことに



只今も 母は 安眠中でした



読んで下さり どうもありがとうございます

元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ  にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

フィルム療法の効果すごいんですねe-454
でも良かったですね、最初写真を見た時は驚いてしまったんで…e-263

母…ほんと特別な大切な存在ですよね…

お母様にかんなさんも少し落ち着いてる様子でなによりです。

認知症の初期、中期は元気なのは良い事のはずなのに、大変ですよね。
行動の他にも個人差はありますが、被害妄想からの暴言など、親子なのに信用されてない言葉を受けると辛いですね。
介護する側も受け入れるまで時間掛かりますし。

状態が変わるとまた別の苦労、出てきますけど。そうなると大変だったけど、元気な頃が懐かしかったり。

怪我や病気は対策はもちろん大事なんですが、予想外の事起こりますからその都度勉強ですね。

あ~前回の僕のコメント、読み返すと分かりにくいですね。
宮古島は鰹節の特産地でした。
昔はカツオ漁で財産築いたとか。
鰹節削り器はどこで作ってるんですかね?

Re: おかんさん

ショートで作ってしまった水疱ですが、ショートでの対応(フィルム剤を貼る)は、
よかったようです。

何歳になっても母は母だし、何歳になっても、いなくなると寂しいものですよねきっと。
元気なときには、口うるさかったし、そんなこと考えないのにね・・・

Re: hajime さん

ほんと中期の頃は、夕食作っている最中にずんずんやってきて、
生肉をパクッだとか、家を出てっちゃって行方不明、とか
目が離せない中で、よくやっていたなあって自分のことを思います。

あと、とにかく人の悪口も機関銃みたいだったんですよ。
あれに耐えるのも大変でした。

それが、今じゃ・・・でも精神的には悲しいのはあるけど、
だいぶ楽になりましたよ。
それにいつも新しい局面にぶつかると、もう駄目~って思うけど、
何とかなるもんですね。

これからもきっと、寝たきりに近くなって、予想外のことがおきて来るんでしょうね。
まあ覚悟だけは、持っているつもりです。

宮古島、カツオ漁だったんですね~
土佐だけじゃあないんだ!!

削り器は…どこなんでしょ?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/456-ba0848fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。