スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬式とお墓のこと 

何日かぶりに こんにちは

決して落ち込んでいたり 体調崩していたわけではなく

あ 家の中が 臭かったのには だいぶショックを受けたけど
まあ何とか匂いも薄れ 
母も5泊のショートに行っているので
そのショックも薄れつつある かんなです


相変わらず 忙しくて
他の方のブログの読み逃げばかりで 申し訳ない・・・


昨日は なんと 愛知から
日帰り強行突破で 和歌山県にある 真言宗の総本山
高野山へ 行ってきました

なんでかって


順を追って いきます


まず 父は 九州大分の生まれで 8人兄弟の末っ子

実家の宗派は というと 日蓮宗

まあ ご多分にもれず 葬式宗教だけですけど




さあ 父が亡くなったとき

どこのお寺さんに 頼むか??

やはり 父の実家の宗派か?

そこで わが町で 日蓮宗を探してみたけど
2つの寺院しかなく それも遠い

父は 全く信仰心がなかったし

かんなは 
スピリチュアルなことは 信じてるけど
宗教という枠組みには 興味なし

ということで

すぐそばの 真言宗のお寺さんに お願いすることにしたのだ

大分の親戚に 訃報を伝えたときには
日蓮宗でやるのが筋でしょう みたいな事を
電話の向こうで 言っているお方もみえたが

本家に納骨できるわけでもなし

娘であるかんなが 今後のことを考えていくのが 筋

どこの宗派でも 真心を持って供養すれば同じ




もうひとつの問題は

かんなは 家を出た 一人っ子 だということ


これは 何を意味するかというと

お墓が作れない ということ

なぜって 作ったとしても 父と母以外 そのお墓に入る人がいない
かんなは 嫁に行っちゃったからね

かんなが死んだら 墓を守っていく人がいない

ということ

もちろん ももっちや おっくんが
じいちゃんばあちゃんである 父と母のお墓参りは してくれるでしょう

でも その後は?

わが子らの 次の代になったら 
もう かんなの父と母のことなんて 知らないんだな

でも 墓が残ってしまう・・・



ということで 

かんなは 父と母には 墓を建てずに 永代供養を

と思っています



だからこそ 実家の宗派に無理に 合わせる事もなし

何かと 我が家から近いほうが便利だし 



という 考えのもと

大分の親戚は 押し切りました
母方の親戚は 一応 納得です


でも 真言宗って 木魚なんだね

なかなか この木魚で ハプニングが・・・

それは後ほど 




で そこのお寺の 納骨堂に納骨し
永代供養を してもらおうと 思ったのだけど

お寺によって いろんなやり方 いろんなお値段らしい

そして 総本山でも 永代供養してもらえるそうで



そのうちにね

父と母は 高野山に行ったこと あったよなあ
すがすがしくて よいところだったって 言ってたな

ふむふむ 

母の名前は 真言宗の開祖 弘法大師から 取ってるし
近くの 弘法様の縁日に 行ってたな
(ちなみに 母の実家は浄土真宗なんだけど)

なんて思い出して

これは 父の意思か なにかの縁かもしれない と思い

永代供養のパンフレットを 取り寄せたのだ


みてみると 近所のお寺さんより
さすが 本山だけあって きちんと 格調高く供養している

そして 料金も 安かった

ということで 
実際 高野山のそこのお寺に見学に行って来たのでした

一通り説明を聞いて 本堂や納骨堂をみさせてもらい
最終的にはお骨は 
奥の院という弘法大師さんの聖地に 埋骨してくれる とのこと

他のところでは 
合祀(他の人と同じお墓に入る)がほとんどだけど


俺の骨は 墓は要らんで 
海に撒くか 土に埋めてくれや~


って父は 元気な頃 言っていたな 

ぴったりじゃんかい

そして その奥の院まで 行って来たけど
心が洗われるような 場所だったので

かんなも 気に入ってしまった

それに 法要を 強制されることもなし
自由なんだって




でもね ホント お墓がこれからも増えて増えて
どうなっちゃうかなって 思わないですか?

お墓を守っていく人は少なくなるし

お墓や お骨に 魂が宿っているわけでもなし


金魚が死んだら 土に返すように
お骨も いずれ 土に返したらいいと思うんだよね


だから ぶっちゃけ言っちゃえば

かんな的には お墓もお骨も 要らない

父の魂は どっか違うところへ 行ってるでしょう

日々 心の中で 手を合わせればよいと思うのです


でも それじゃ 父が浮かばれないという人もいるし

世間体が悪いと 気にする親戚もいる



ということで 高野山に 永代供養してもらおうかな~

と 考えている かんなです



さあ でも 
これから 親戚を 本格的に 説得です

上手くいくかいな~







最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます





思い立ったら 突撃 とっとこ一家

早朝出発して5時間かけて行って 夜中 帰ってきたっぴ~

帰りは ばてた旦那に代わって かんな3時間も運転だし~

今日は一日 バタンキューでした





元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 
スポンサーサイト

コメント

高野山、子供の頃何度か行ったことがありますよ、宿泊もしました。
母と二人でも行ったことがあります。
でもなぜ高野山だったのかは、今でもわかりません。(;´д`)トホホ

お墓・・・私も必要ないように思っています。
うちは実家も婚家にもあるのですが、これから先誰が墓守するんだろ?って思ってますもん。

「じゃぁあなた方がこの先ずっとお墓の面倒見てくれるんですか?」って言えればいいんだけど・・・。
でも近いことを行ってみたらどうでしょうか?
向こうは感情論で来るでしょうから、あくまでも冷静に実際に起こることを想定して淡々と話すのがミソかも?

高野山は小学校の林間学校や何だかんだと、結構なじみがありますねぇ…
近いからですかねe-454

私もかんなさんと同じく、考えなけばなんですよね…

親戚の方たちの事は、こらいおんさんがおっしゃるように、あくまでもかんなさんが主で考えるべきだと思いますんで、冷静に!!ですねe-441

かんなさん、高野山はいいところですよね。 詳しいことは知りませんが父の父と母が高野山に分骨してあるみたいで、小さい頃から毎年行ってます。 お寺にとまります。

意外と愛知から遠いですよね~~~
山道が、なんか狐に化かされているかのようになかなか高野山にたどり着けない。
 
子どものころは、高野山に行くのちょっとめんどくさかったけど、今は心が洗われるような気がして毎年行くのを楽しみにしています。お寺の精進料理も美味しくて・・・。 心身ともに健康になって帰ってきます。
きっと、お父様も喜ばれることでしょうね。 うちも、実家の墓のこと・・・。 気がかりです。 一人っ子で嫁に行ってるのでね。なんか・・・。色々難しいことが出てきますね・・・。

Re: こらいおんさん

アドバイスありがとうございます。

色々調べたんですけど、高野山のよいところは、
どんな宗教、宗派でも受け入れる、ってところとお値段も高くないところ。
10人までそのお値段で供養してくれるところ。

ねえ、冷静に考えたら本山で供養するってすばらしいいことだと思うのに、
たぶん、この年代の人たちはそういうことに慣れていないから
なんやかんや、言って来そうな気がしますよ~

決戦は日曜日ですよ~i-237

Re: おかんさん

おかんさんのことろは、近いんですねえ。

その後、他の本山とかも調べたけど、一番良いところでしたよー

両親の本家が近くて、入れてくれるっていうことだったり
お子さんたちが引き継いでくれるっていうのなら、また違う方法もありそうですけどねえ。

うちは、義母が二人姉妹の長女で、二人とも嫁に出ていて
苗字の違う義母の両親の墓(今後誰も入る予定のない)も、あるんですよ~

そんで、旦那のお父さんも亡くなっていて、新しく墓を作ったので
私たちはすでに2つの墓守をしていかなければならないのです・・・

でも永代供養って最近言われてるけど、まだまだ一般的じゃないから
親戚はどう思うかな~

でも私が決めることなので、そこは落ち着いて話して行きたいと思います。

Re: mana-p さん

おおおーーーっ!!
mana-pさんのところ、高野山でしたか?!

意外と皆さん、行っていたりする人も多くてびっくりです。
あそこに行けば、ここで供養されるのもよいな~なんて、思いません??
でも、そう、近い県の割には道が大変で、遠いんですよね。

相変わらず、すぐに酔う私は、ずーーっと寝てました。

親戚も 連れて行ったら納得してくれるような気がするんですけど、
そうそう簡単にはねえ。

でも一番は、私の気持ちとそれ以上に父の気持ちでもあると思うんですね。

夫婦で行って泊まったことがあって、よいところだって言っていて、
土に返してあげられる・・・

父も喜ぶんじゃないかと思うのに、イマイチな反応な親戚です。

まあ他人にどう思われようと、やっていくつもりですけどねえ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/405-104d4870

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。