スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の涙 

オークションショックから まだあまり立ち直れていない かんなです

今日は めめっちの 保育園の遠足でした

お弁当を作るのは 毎度の事なんで あんまり苦にならないけど
うちの園には 遠足の弁当の中に お手紙を入れる という 伝統 があって・・・

朝の支度の忙しいときに まだ書いてなかったことに気づく ∑(; ̄□ ̄A アセアセ

大体 まだひらがなが ちょびっとしか読めないので 文よりも 絵がメインなんだけど

寝起きの旦那に 

ねえ まめゴマとか アンパンマンとか書いて 
あとは いっぱい遊んでね とか 頑張って歩いてね とか 書いといてー

と 頼む

しかし 出来上がったのを見て 唖然とした かんな
そこで 付け足してみたけどさー

センスも画力も 丁寧さもない うちら夫婦の作品
PA200028.jpg
枠の点線と おにぎりやウインナー リュックは 最初からプリントされているので
問題は中身です!!

意味不明キャラだし

おっくんに 見せたら

愛情がない めめっち かわいそーー

と言われた・・・

確かに・・・ 
ももっちやおっくんのときは
アンパンマン 体まで書いた
トトロとか 絵本見て 下書きして書いた
綺麗な色を塗った・・・

これが 3人目育児の実態
いやあ 介護に忙しいので・・・ と言い訳

ちなみに 年中さん まだ字が読めないので
先生が 手紙を広げて 代読してくれます

3人目ともなると 親も図太くなって 先生に見られようとも
なんとも思わなくなるのよ



さて 今日は 父の事を書かなくては

先週で 抗生物質の点滴も終わり 熱も下がり むくみも取れ
ちょっと 一安心です

しかし 食欲がないため 今は果物一品 毎日差し入れをしている
家から近いし 介助や手伝うことも特にないのだけど

認知症の母を連れて 毎日っていうのは
なかなか骨が折れるんだなー



そんな父に ちょっとした奇跡が ありました

それは 泊りがけで 知り合いのおば様が見舞いに来てくれた時のこと

そのときの父は 熱が出たり下がったり
起き上がれなくなっていて
点滴漬けで 

もしかしたら もうやばいかもって いう感じが 漂っていて
自分も 感じてたと思うんだよね

だから だいぶ しおらしく 元気もなくなっていたんだけど

なのに

かんな夫婦が 同席していなかったことをいいことに
また 色々 うちらに対する不平不満を つらつらと言ったり
看護師や リハスタッフの悪口を 言ったりしてたそうな

そして 

本当は退院できたのに かんながこんなところに入れやがった

って 言ってたらしい

そのあと おば様は 
父をたしなめてくれたみたいなんだけどね

これを聞いたとき 
もう父とは なんも会話しない なんも関係ないって思っていたが
やっぱ 腹立つんだよねー
本当に 自分勝手なとんちんかん親父じゃーーー!!!


思い返せば

左足切断したのも かんなが早く 迎えに来なかったせい
そして 医者に 切ってくれといったのは かんなだ
母さんが 悪くなったのも かんなの家に来てからだ
俺は 何も間食しちゃいない でたらめ言うな
かんなが通帳を泥棒したんだろう
施設は 一千万するで 入らん

みーーんな 濡れ衣で みーーんな でたらめ
親戚や 職員に もっともらしく 話してて

引っ叩かれたり 引っ掻かれたりしたし

一言も 謝ってもらったことないし


そこまで かんなの事 嫌ってて 迷惑だって言うんだったら
もう本当に なんも知らん

母だって 何とか連れてきてるの もう辞めたるし
果物だって 持って来たらん

孫たちにも どうしようもない おじじ と思われながら
あの世に 旅だって行けーーーーー!!!

と 吼えていた かんなですが

まあ 真相を確かめるべく 
次の日 父に 久々に 突撃したのでありました

怒り口調で言うと それ以上に切れてくることは 学習済み

点滴につながれ 起き上がれない父には
追い討ちをかけてしまううかとも思ったが


お父さん 今日は 怒らないで 話がしたいの

今までね 
お父さんがどこか悪くなるたび いい先生がいるところ必死に探してね

何とか見てもらえるようにしてね 
お父さんに良かれと思って かんなも旦那も 一生懸命やってきたんだけどね

それって お父さんにとっては 迷惑だった?
マイナスになってた?

もしそうなら もう何も かんなもやらないけど それでもよい?
世話されるのも 嫌だよね きっと




するとね 仰向けに寝たまま
しばし空を見つめた後 こう言った

・・・マイナスなんてことは ないわー・・・
初めのころは いい加減にしろって 思っとったけどなあ

・・・もう俺も 心を入れ替えたで


ええええーーーーーーっ!!!ホントーーー????

にわかには 信じがたかったけど

確かに 今は 口がへの字に曲がったような偏屈顔じゃあない
穏やかな目をしている

100% 心入れ替えたかっていうと
そんなのは 信じないけど
弱ってきて 危機感感じて なんか 反省モードに 突入してきたのかも 

うそか誠か わからないけど
とにかく そんな風に言った 父をはじめて見た

本当
だったら 周りの人たちに 悪くばっかり言わないで
良いことだって 時には言ってよ

親にね 悪く言われるのって 本当に悲しいんだよ


何も言わず ただ黙って聞いていた父


そして 父が 少しでも歩み寄る気があるのなら
こちらも 同じくらい 歩み寄ろうかな と思い

ねえ じゃあこれから 穏やかになって 周りの幸せを感じてよ

お母さんが こうして歩いて会いに来れること
孫たちが すくすく大きくなっていくこと とか

それに 変に突っ張らないで 世話になるなあって思ってくれたら

かんなだって たまには 外出して
ドライブに行ってあげようかなって思えたり

おいしいもん食べに連れて行ってあげようかなって思うんだよ



言いながら 何気なく父の眼を見たら・・・





寝ていて 天井を向いていた 父の右の瞳が
涙で濡れていたのです

そして つつつーーっと頬を伝って 一滴落ちたのです



もしかして 眼にごみが入ったのかもしれない
結膜炎かなにかで 勝手に涙が出たのかも しれない



それでも 奇跡の涙と 思いました

少しは 少しは 分かってくれたんじゃないか と 感じた


頑固でわがままな人が 良い人になったら 死ぬ間際だって いうけど

それでもいい

周りの人の 優しさに気づかず
周りの人を傷つけて 長生きなんかするよりも


なにかにひとつでも 気が付いてくれたのなら 嬉しいよ・・・
 

その後 今に至る一週間ほど

父の表情は 以前よりも穏やかで

孫に優しく話しかけたり
母にも 怒ったりしてない

かんなたちが 帰るときには ありがとね と言うように

やっとやっと
ここまで来て 自分を振り返り 穏やかに生きる道を 選んだかー







さあ でも 
身体がだんだん 元気になってきましたよ

今までも しんどかったときには しおらしく

元気になると 威張りだす

そんな繰り返しだったから

父の事 正直 信用はまだできない


ここが 運命の分かれ道だよ お父さん
反省と 感謝を持って生きていくのか

また 元の木阿弥で 自己中親父に 戻るのか



だんだん だんだん
職員に対する文句が 復活してきましたよ~
そのくらいで 止めておけよー


まだまだ まだまだ
父の修行の道は 続くのでありました





読んで下さり 本当に ありがとうございます



元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

少しでも気持ち伝わってくれれば、と思いながらも、割り切れないものってありますよね…

あらら…お父様“喉元過ぎればって”奴ですか…e-351

うちの父は女癖が悪く色々ありましたが、孫ができて、だんだん変わってきて、71歳の今じゃあ、そんな事はどこへ行ったんだかってくらい、可愛いじいちゃんになりましたが、ボンクラはどうなる事か…e-350

考えたくな~いe-350

始めまして

はじめまして

ブログを拝見していろいろ考えさせられました。

介護って、相手があるものだから自分の思い通りにはいかないですよね。
いろいろありますが、それを後ろ向きに捉えると辛いから全て前向きに捉えるようにしたいですね。

良かったら私のブログものぞいてください。

Re: おかんさん

本当に喉元すぎればって感じで、ちょっと信用ならないんですけども、もう身体もぼろぼろだし、そんなこと言ってる場合じゃないと思うんですねえ。おかんさんの実のお父様は、変わったんですね。ホント、年取ったら謙虚に穏やかに生きたいですね。

ぼんくらじいさん、自分のまいた種、自分が結局は刈り取らないといけないようになるんじゃないかと思います。自分で不幸になっているようなもんですよね。

もう、考えずにいきましょ~!!

Re: 始めまして

はじめまして、くりか8さん。
訪問ありがとうございますi-228

>ブログを拝見していろいろ考えさせられました。

そうですか…わたし、おそらく他の人より、あっさりしていてあまり悩んでいなくて、父は父、母は母、なんですよねえ。病気は色々な結果、その人自身がもたらしてしまうもの・・・だから私は治してあげられないし、できる範囲でのお世話をするだけの事、ってちょっと周りの人とは違う考え方なのかもしれません。なので、読んでくださる方の参考になっているのか・・・わかりませんi-229

くりか8さんのブログにもまたお邪魔させていただきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/392-8abbcef8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。