スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病合併症の人の終の棲家って? その1 

すっかり秋が深まり 涼しくなりましたね
家族全員 口内炎が出来る風邪に かかっている とっとこ一家です

あ 母の口の中は なかなか覗かしてくれないので
どうなっているか 知りません



さて
昨日は 入院している父に 秋冬物の服を持っていってやらねば
と思い出し
押入れから 服やパジャマを色々と引きずり出してみた

父は あんな性格でも 一応おしゃれで
実家に戻ったときに 
シャツやベストや タックの入ったズボンやら 帽子やら
いっぱい 我が家に持って帰ってきていた

でも 今 入院していて
外出もしていない父には 
パジャマ ジャージ トレーナーくらいしか 必要じゃない

そんな 着なくなってしまった服を眺めていたら

頭しっかりしているのに ずーーっと入院生活なんて
ちょっぴり かわいそうに思えてきちゃった

なんて言っても 
我が家には 退院させるつもりは ないんだけど

出来たらな~
今どんどん増えている 小規模特養とか
高くついたって 介護付有料老人ホーム(ケアハウス)みたいなところで

過ごしたほうが いいんじゃないかと 思えてきた

そういう介護施設のほうが
レクリエーションもあるし 行事もあるし
ある程度自由になるし



まあ インシュリン注射を 看護師さんがしてくれるところとなると
非常に限られるのだけど でも あるのだったら

父にとって そっちのほうが
きっと幸せだろうなー

そんなことを 考えちゃった 

もう 今後のことを父に話すのは 相談員さんに任せてしまっていて
 
我が家には 退院させてあげれないこと
今いる病院の 療養型病棟になら ずっと入院していられること
それがいやなら 改めて 受け入れ可能な施設を探す 


ということを
折を見て 相談員さんから 父に話してもらうことになっている

父は それを聞いたら どう思うのだろうか
今後どうしたいのだろうか

本当なら 腹を割って 話し合いたい

父が ここがいい というところを 探してあげたい

寝たきりの人が多い 療養型病棟に
一日中ベッドの上で過ごし テレビしか相手がいない父を見ていると
何とかならないものか と思う

まあ そんな気持ちを持って
母のケアマネさんのところに 新しい介護保険症を持って行きつつ
相談してみた

この方は 
父が在宅だったころ 父のケアマネでもあり
もう 半年以上 父は入院しているので
仕事上は 父の事 関係ないのだけど

未だに 相談に乗ってくれる

それで 
色々 教えてもらったのだけど

結局のところ 父みたいな人って 療養型病棟しかない・・・

てことが 判明しました

なぜか・・・ は また次回・・・



読んで下さり 本当に ありがとうございます


元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
かんなさん優しいです。
お父様の立場になって考えてあげれていて…。
ブログ読んで、糖尿病合併症の患者さんのおかれた状況って厳しいんだなあと思いました。


「本当なら 腹を割って 話し合いたい。」
この部分、私もそうです。でも話し合いにならないんです。悲しいことに…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みやさん

いやあ、ここに来て初めて父がなんか哀れになって、考えてみただけの事です…
もう、これも父の人生、父の生き方の集大成、とあきらめていますもん。
もう、ここまできたら好きにすればって気がしてきちゃって。

今週に3回、数十分しか顔を合わせていないからだと思いますよ。
在宅だったりしたら、きっと私がどうかなっていると思います。

でも親子だから、本当は話し合ってうまくやっていきたいですよね。

そのためには過去を振り返ったり、これからの事をじっくり自分の中で考えなくてはならない・・・
それが怖い、実はとっても気の小さい人なんだと思います。

みやさんも、負けないでね!

そうね、切ない気持ちになるね。

インシュリンだけなら施設でも良いのかもしれないけど、それだけじゃないから、やっぱ難しいのかしらね。

Re: こらいおんさん

だんだん父の生命力というものが、弱っていっている気がするんですよ~

もうここまできたら、反省や感謝の一言でも言って、私と和解したらいいのに~
と思いますが、それが出来ないんでしょうね、死ぬまできっと。

こらいおんさんのところにも、反省や感謝が出来ない人たちがおられますね。
こういう人たちに苦しめられるのは、本当真っ平ごめんですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/373-f1a132b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。