スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護者と、要介護者と、非介護者(伏線編) 

おはようございます

甚大な被害をもたらした台風が やっと去り 
わが街は 今日は台風一過の晴天となりそうです

まだまだ台風の影響を受けている地域の方
被害にあわれた方の 心中お察しします

うちの市も 避難指示とか出てましたが
とっとこ一家の住む地区は 無事でした

しかし先ほど ベランダを見たら
3~4メートルはあろうかという
屋根の樋隠しの 板金板が 
ひしゃけて 飛んできていました

窓ガラス 突撃とかじゃなくって よかった~


さて 昨日は朝から暴風雨だったので 小学校も保育園も お休み

それでも 
めめっちのアレルギー外来に行こうかな~
だって予約制で 逃すと   次の予約が なかなか取りづらいので・・・

と思っていたら

デイサービスから電話がかかってきて

帰りとか 大変なことになりそうですが どうしますか~

って言われたら なんか 休まなくちゃ行かんのかなーって感じで
休みになってしまいましたあー

ということで
母と子ども3人で 家の中で どたどた過ごしておりました

そういうわけで あーー 疲れた
夜 パソコンやろうと 思ったら また爆睡しちゃった

それで 早朝起きて ブログ更新しているわけなんですが

あああ~~
また 暗闇のリビングで 

すり すり すり すり・・・すり すり すり・・・

がらがらがら  がたん ごとん



と 最近絶好調の 母のうろうろ徘徊の音が 聞こえてます


 


さて 本題 父の今後の件


意を決して 先日 相談員さんのところに 行って来た


そして 我が家で 父を在宅介護することは出来ないこと を 伝えた


理由その1 以前より 父の介護量も 母の介護量も上がっている

      これ以上介護量が増えると かんな 倒れそう
      兄弟もなく 助っ人や代わりが 全くいない
      自分の家族との生活を 大切に守りたい
 
理由その2 あの父と うまくやれる自信がない

理由その3 親戚 知り合いに相談したら 皆やめとけ と言う




娘として色々 考えることはあったけど

やはり 現実的には 無理

事情を知らない周りの人に 何言われようと どう思われようと
かまわない と思った

理由その2 が 実は 引っかかるところなんだけど・・・

もっともっと 
意地悪で 顔を見たくないようなお姑さんや
問題行動多い家族を みている方も いるもんね

そういう人に比べたら どうかと 思っちゃったし

父が かんなのところに 退院するわって 言ったのは
改心したのだったら・・・
家族と過ごす 穏やかな幸せを願っているんだったら・・・
 
って 考えたら 悩んじゃったんだけど

色々 一週間 リサーチしたら 


おいおいおいおい!!

っていう事実が 浮上したので かんなの決意も 定まったのだよん


改心も へったくれもない 親父の 
在宅介護なんて やっていけれーーーん!!!



でも 
じゃあ この先 入れるところがあるのか
ということが とてつもなく心配で

動機がするは 頭痛がしてくるは 手が震えてくるは

おびえながら 相談員さんのところに行って来たのだ



結論から言うと 

今の病院の 回復期リハビリテーション病棟から
もと居た 療養型病棟に 戻れるそうです


はあああ~~~  正直 

C= (-。-*)>ホッ  ですうー 

なんだ そうだったんだーー と気が抜けた

実は もう父には 治療がないため退院しなくてはならない と聞いていたんだが

頻回な血糖測定と 頻回なインシュリン注射

というのが 立派な医療行為に入るので
療養型に入院継続可能 だそうだ

なんだ 相談員さん 早く言ってくれよー
夜も寝れんほど このかんなが 悩んじまったじゃないかー

実は
これだけでは なかなか他の病院から 療養型に転院してくるのは
難しいみたいなんだけど

今回は いろんな事情 かんがみて OKにしてくれた

しかし わかったことは

逆に いわゆる介護施設
老健とか 特養も 有料介護老人ホームも

インシュリン注射が あると 入れないところが ほとんどってこと
 
以前決めたケアハウスは 
名古屋に近いこともあって
インシュリンOKな施設だったが

そういうところは数少ないらしい



ということで

結果 今のところ ここの病院が 一番 と言うことを
相談員さんも 分かってくれた


よかったよーーーー




さて  なぜ
父が かんなのところに帰る と言ったのかは

また深い深い わけ?! たくらみ?! があったのだが

その話はまた次回

キャー 仕事に行かなくっちゃ!!





読んで下さり 本当に ありがとうございます
 


ただいま 記事を見直したら 
題名と 内容が 全く つながりを持っていなかったことに
気づきました

題名から 来てくださった方 ごめんなさい
 
今回の話は 題名の伏線となりますので 次記事を覗いてみてください







元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

なぁんかこの辺でデイが休みだったのはうちだけ?( ̄- ̄メ)チッ
なんてせこいことを考えておりました。σ(^_^;)アセアセ...

医療行為が大丈夫な施設はまだまだ少ないでしょうし、枠も決まってるんじゃないかしらね?
転院先が決まったようで、安心しました。
一週間眠れなかった分、今夜は寝ましょうね。(^.^)

かんなさんのお住まいの地域、よくテレビで台風の中継されてましたね。 こちらのほうは、ほとんど被害もなく風もほとんど強くなく、知らぬ間に通り過ぎた感じです。

介護施設、医療行為があるとなかなか入れませんよね。 特養はなんとなく納得ですが、老健は看護師が24時間いるしなぜ??といった感じですよね。 施設に入らなきゃならない人は、何かしら医療行為が必要な人も多いのだから、もう少し制度を考え直してもらいたいところですよね。

かんなさんのお父さんが入られる療養型病院というのは私が見学したような感じの病院なんでしょうか?? 元気なお父さんの事だから、また拒否なさるのでしょうね・・・。説得頑張ってください。

お母さんのスリスリの音、なんとなく分かります。 私は母が動き回ってる時イライラしてましたが、今となっては良い(?)思い出です。

Re: こらいおんさん

おかげさまで、安心したせいか疲れがどっと出て、今日も昼間ほとんど寝ていました。

転院といっても、転病棟というんでしょうか、2階病棟から1階病棟に移る分です。

ほんとに、悩まされたくない、切り替え切り替えって思うのに、心はそのことでいっぱいになってしまう・・・

介護者で病気になってしまう人の気持ちもよくわかります。

でも私というか我が家、なんかドン詰まったと思うと道が開けるんですよね、
よかったよかったです。

そうそう、こらいおんさんのブログの私のコメント撤回しまーす。
G様、前頭葉にきっと、こらいおんさん領域があって、そこだけとってもシナプスが過活動してそうですね( *^艸^)プププ

Re: mana-pさん

台風そちらは大丈夫だったんですね、名古屋より向こうの方がもっと大変になっているかと思ってました。

父は、今いる病院に療養型病棟と回復期リハビリ病棟があって、回復期から療養型に戻る分です。主治医も変わらないし、病室の作りも変わらないです。

この病院は新しくってきれいで、玄関ロビーもホテルみたいなんですよ。
だけど、療養型は寝たきりの人も多いのは事実。
インシュリンの問題さえなかったら、小規模特養とかケアハウスが生活する場としてよいと思うんですけどねえ。

で、相談員さんは父の性格のこともよくわかってくださっているので、すべて相談員さんからお話ししてくれるそうです。私が話すと、よいことないので・・・

母のスリスリ音、私も数カ月ぶりに聞いてちょっと懐かしかったです。
お、徘徊できるまでに戻ったなって。でも、う○こが出てたせいだったみたいで、部屋が大変なことに・・・
後始末もちょっと懐かしかったです・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/368-7853114c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。