スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもあなたは お父さんです その1 

さて今日は 放置していた 父の記事を書きたいと思う

この間に どんどこ事態が 変化して
えええーーーっという 状況になっているのだ

ただ かんなは なかなか短くあっさりと 記事を書けないので
少しずついきたいと思います





1ヶ月ほど前だっただろうか

父の入院している療養型の病院で 主治医の先生に呼び止められ

お父さん かかとの壊死もほとんど良くなって
もう退院したい 退院したい とずっと言っているので
考えておいてくださいね

と言われた 

しかし父は 
娘のところには絶対に行かん 俺は自分の家に帰る  
と 言い張っているのだそうだ

推量形なのは 父とは もう 用件以外まともに話していないからだ

他人には 一見穏やかで紳士的に見える父
最近 かんなにも 直接罵倒することはなくなった父

かんなを泥棒扱いした時にゃ 絶対 この親父認知症だと思ったが

この時から 全く 通帳! 泥棒!と言わなくなったので どうやら認知症ではないらしい

でもだったら 余計にショックだな
父の人格が こんな風なのは認知症だからってことの方が ずーっと納得できるのに



さて 主治医から そう言われた数日後 相談員さんから 連絡があった

お父さん ご実家のほうに退院したい 退院したい とばかり言っていて
そこで一人暮らしは 到底無理ですよ といっても
大丈夫だ ばかりで 全く納得していただけないんです

娘さんともきっと 話し合うって言っても 冷静に出来ないでしょうし
今度 ご本人 娘さん 主治医 看護主任 と ケアマネさん 僕で
話し合いをしようと思いますがどうですか?


おおお~ この相談員の人は入院申し込みのときに
かんなが半泣き状態で 父の性格 我が家の現状を話したお方

色々話すと もう父のことをすっかり見抜いているようだ

もちろん その会議開催をかんなも同意した

かんなは 父のこと考えるたび 情緒不安定になっていて 
落ちついて 話し合い出来る自信がなかったので
旦那も出席してもらうように頼んだ

でも 考えてみると
どんな方向性になるのだろう と不安がよぎる

父一人で実家に帰るのは絶対無理
施設もイヤだと言い張るだろう

そしたら 娘宅がやはり一番いいのでは? 
という流れになるしか ないじゃないの・・・

そう思うと さらに こころは情緒不安定
改心してくれた父なら まだしも・・・
絶対 今のまま戻ってこられたら かんなの心も体も 悲鳴を上げる

いろいろな人に相談して そして ある決意を固めたのだった


そして ついにその日が来た

食堂に 父 かんな 旦那 相談員さん 主治医 看護主任 リハ担当者 が集まった

相談員さんが 父にもう一度意向をだずねると 口をへの字に結んで

わしは 実家に帰りたいんだわ
一人で暮らせる 大丈夫だわー
 の一点張り

頼める親戚もおるし 友達もおるし 世話になった先生もおるで
おれは とにかく 早くこんなところ退院したいんだわー
娘にも世話には なりたくないんだわ
豊橋(わが町)なんてところ いやなんだわ
こんなところにはおられんわ  






あんまりっすよね お父さん

旦那と かんなと 職員の目の前で


あなたのいう 親戚は 母方の兄弟ですよ

あなたのお友達も 70代 80代で 病院通いしている方ばっかですよ

あなたの言う 世話になった先生は
糖尿病性壊疽の 管理が不十分で さじ投げた人ですよーーーー


と 心の中で つぶやいた

つもりだったが

あまりにも頭にきたので 声に出して 皆さんにお伝えしました



おおっと めめっちを保育園に迎えに行く時間が来たので
本日はここまでです



読んで下さり ありがとうございます

元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/277-69a2652d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。