スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何がなんだか ぐちゃぐちゃです・・・ 

日々 ブログネタには困らないほどの 出来事が
とっとこ一家には 起こっておりますが

なかなか 更新する間もないほど
参っている かんなです



母は どんどん 進行している
その対応に 体も心も なかなかついていけていない状況で・・・

ピック病と診断されてから
コントミンという 陽性症状を抑える薬が処方されたが
家族で 調整してくださいとのこと

受診後 すぐにショートで服用し
我が家に帰ってきてからも
朝晩 飲んでいたが

常にしゃべり続けている状況が 静まったのはよいが
やたらめったら 寝る
トイレにも 行かない
よだれを垂らす
ボーっとしている
理解が悪く ぜんぜん指示が入らず
介助も一苦労

という状態に なってしまった

こりゃ 薬の副作用か

とコントミンを やめてみたら

しばらくして

だんだん元気になったは いいが

また

永遠に しゃべり続け 
トイレに10分に一度は行く
でも 一人で 用は足せないので
かんなは そのあとを追いかける
その後も
ズボンを下げたまま ずっとうろうろ
台所の食べ物を目指してやってくる

指示理解は 多少マシになるが
その分 拒否したり 怒り出したり

夜中も 元気で

一階から

お母さーん  
お母さーん お母さーん
ちょっと来てー ちょっと来てーー


かんながあえて 返事をしないと

すた すた すた すた 

と ちょっと不気味な音を立てて 階段を 上ってくる

昼間は 小刻み歩行で 階段なんて ぜんぜんままならないのに

不思議だ

そんなこんなで
かんなの 家事 育児が ままならず

試行錯誤の 日々を送っております



とりあえず
夜は寝てほしいので

夜だけ コントミンをもんでもらうことにしたけど

デイから 帰ってからの 忙しい時間帯

どうしたら 母に振り回されないで やれるか
知恵を絞って 考えているところです





読んでくださり ありがとうございます


元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

スポンサーサイト

コメント

お父様の記事ばかりで、お母様の症状があまりUPされてなかったので、私には急に感じるのですが・・・。

ごめんなさい、あえて使わせてもらって、「なぜそんなに急に進んでしまったの?」とびっくりしています。

お母様のご様子全然違うこと想像していました。
かんなさん、大変ですね。
今は、ベットの上でおとなしい母ですが、周辺症状がすごい時は目が離せませんでした。子供のスーパーボールを食べたり・・・。 隣の市まで徘徊して一晩かえって来なかったり・・・。もう周辺症状に悩まされなくなったのはちょっと寂しいですが、そのころは
勘弁して・・・。と母のこと思ってました。

かんなさん、お父様のほうも大変そうで、お仕事もあるし、どうぞどうぞ自分の体もいたわってくださいね。
そしていつか、一杯やりましょう(笑)

はじめまして。
認知症の母と二人暮らしです。
認知症、介護を検索していて、こちらを知りました。
いつも、かんなさんの頑張りぶりに励まされています。

ほんと、いろいろありますよねー。

かんなさんなら大丈夫とは思いますが、かんなさんのことを陰ながら心配している読者もいることを知っていただきたくて、書きました。
がんばってね。でも、無理しないでね。

コントミン服用後の変化と、夜間せん妄を繰り返していることから、やはりレビー小体型認知症の可能性は否定できない印象です。
レビーだとすると、抑肝散を5~7,5g/日服用し、夜間寝る前に少量のセレネースの使用が良い場合が多いですが、セレネースでも歩行障害が悪化しますので、転倒骨折のリスクは、コントミンと同様増加します。

mana-p さんへ

そうですね、母の進行は急に感じると思います。
一月末ごろから、寝てばかりいたのが、徐々に起きてきてリビングに来ることが多くなったんです。最初は、父が入院したので、部屋で一人じゃ寂しくなったんだろうか、と思っていました。
でもだんだん徘徊が増え、口数も増え、異食も始まりました。で、特に進んだのが、3月に入ってからですね。その頃のブログは、おそらくサッカー、父の転院、そして震災のこと、で母のことは後回しになってしまいました・・・
そして、今までも、月単位で進行しているとは思っていたのですが、ある程度大変な中でも、自分の生活のペースの中で、介護が出来ていたと思うのです。でもその一線を越えてしまったというか、母の行動に対し後手後手になってしまって、いっぱいいっぱいになってしまったので、いきなりの弱音吐きブログになりました・・・

それと、たぶん飲み薬も何種類か変わったので、その影響もあると思うんだけど・・・他の介護者の介護者の方のように、うまい具合にまだ調整したり、何が副作用なのかよく分かっていないので・・・

でも、徘徊といっても家の中だけなので、外まで行かれて帰ってこなくなるとは、本当に大変でしたね。ただ、母がずんずん迫ってきてしゃべりまくるのに、だいぶ辟易しています。あとお尻丸出し、トイレ介助にも、正直うんざりです~

何とか倒れないように、乗り越えます~~~

花ももさんへ

花ももさん、はじめまして。心温まるコメント本当にどうもありがとうございますi-228
こんなつたないブログですが、読んでくださって本当に嬉しい限りです。

花ももさんも、お母様の介護をされているのですね。お一人で、というのはまた色々なご苦労がきっとありますよね。

私、無理なものは無理とすぐに他の人にヘルプする性格なので、いつも旦那や子どもやケアマネさん、大活躍してくれます。
花ももさんも、お体に気をつけて頑張ってくださいね。

hokehoke先生

レビーとピックではお薬が違うのですよね。
レビーは薬に過敏性があるとのことですが、うちの母はアリセプトは10㎎まで増やしても、よいも悪いも何の変化もなく、今は5ミリグラムまで減らしているのですが、どうなんでしょうか。でもコントミンは効いているようですし・・・。
コントミン服用後の変化を、主治医の先生に伝えて相談してみたいと思います。
ありがとうございました。

カンナさんへ
>雑貨屋さんに入って指輪をそのまま>つけて帰ってきたということがあり>ました
とありますが、これはマ引き行為に相当するかも知れません。
>好きだったコーヒーは、苦いといっ>て飲めなくなり好き嫌いも激しくな>って、味覚が変化したような感じは>あります。
ピック病による味覚の変化かも知れません。コーヒーに砂糖をたっぷり入れたものを、おいしいと言って飲むようなら、ピック病と考えて良いと思います。試してみてください。
ピック病は陽性症状が主体と思われがちですが、中には抑うつ的な方もいます。周囲に無関心になります。
あと着替えや入浴などにも無関心となり、強く拒否する方もいます。
アリセプトは、レビーでも反応hがない方もいます。この場合効果もあまりありません。
ピック病にアリセプトは、基本的に効果がなく、時に大興奮を引き起こします。
お母様の多動(トイレに頻繁に行く)などは、アリセプトによる興奮かも知れませんので、1~2週間ほど中止してみて、変化を確認するとよいと思います。悪い方向に変化した場合、すぐ再開すれば問題ありません。
ピック病なら、費用が多少かかりますが、フェルガード100(M)が効果がある場合が多いです。レビーでもよい効果がある場合があります。費用がかかりますので、簡単に試してみると言うわけにはいかないかもしれませんが。

hokehoke 先生

どうもありがとうございます。
夕べショートから帰ってきたので、明日コーヒーと、アリセプト中止も試してみたいと思います。
着替えも入浴も初期の頃から拒否気味でした。今もあの手この手でやっとこさです。認知症かも、と思ったのは記憶障害より寝てばかりいる、といった無関心さが目立ってきたからです。アルツハイマーでもそういうのあると思っていましたが・・・。
フェルガードは、最近飲み始めました。なんとか、もう少し過活動が落ち着いてくれたらよいのですが・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/226-8fa3e1de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。