スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災7日目 自分に出来ることは 

昨日 ここ愛知県豊橋でも 昼間小雪が舞った

東北地方では 真冬に戻ったような 厳しい寒さ・・・

いまだ救助されていない人

避難所で生活している人

自宅にいても ライフラインが止まってしまっている人


本当にそのつらさに胸が締め付けられる

被災地から 遠方にいる自分
母や父や 子どもたちやらのことで 
被災地に飛んでいけない 自分

無力さを感じてしまう

一体自分には 何が出来るのだろう
と ずっと 考えていた


そしてやっと まとまってきた かんな的結論ですが

まずやっぱり募金
 
 迅速に寄付されるとのことで
 yahoo!基金でまずは 行った

 それから 子どもが食物アレルギーなこともあって
 被災した食アレの子達の 食べるものが心配

 普通に配給されるものを 食べられない子どももたくさんいるに違いない
 めめっちも おにぎりもパンも 市販品のものなんて 全く・・・
 味噌汁ぐらいだ 
 
 そんな子どもたちに アレルギー対応食品を送り届けてくれる協会にも
 募金することにした

 そして 
 一サッカーファンとして グランパスサポーターとして
 名古屋グランパスでも行われている 義援金受付で 募金


 また
 要介護状態の方 お世話なさっている方
 本当に 大変なことと思う
 介護や福祉団体を調べて出来ることはないか調査中


次に 当たり前だが

ガソリン 食品などの買いだめをしない

西日本で どの程度効果があるのか分からないけど 節電



そして 

怖いから 危ないから といって 活動範囲を狭めてしまうのではなく
平常通りの 生活をしていきたいと思う

それが めぐりめぐって 
日本の経済を 滞らせることなく 
東北地方の 復興支援につながるのではないかと思う

また 東北地方の 生産品などの購入もしていくことが 
そこの人たちの生活を 支えることになるのでは と思う


そして

この事態が落ち着いたら
要介護状態の父 母 アレルギーのめめっちのことを考えた
防災準備を もう一度 見直したい


最後に

暖かい家 温かいご飯 温かい布団があること
家族の健康と笑顔が あることに
感謝を忘れずに いたいと思う

生かされている命に 感謝したい




話は 変わるが

ももっちと おっくんは
今度の土曜・日曜に 風の自然学校 というところ主催の
キャンプに行くことになっている

キャンプといっても 屋外ではなく
南知多ビーチランド という
愛知県知多半島の先っぽにある 水族館で
イルカの大水槽の前で 寝袋で寝るのだ

夕べ 主催者の Tさんから 電話がかかってきた

「こんな地震が頻発している時に 海のそばで 子どもを泊まらせることについて
 親御さんからどうしたものかという意見があったので 行うことの意義を説明したい」

とのこと

かんな 全くもって 心配してなかった

でも 考えると 不安になる親御さんもみえるんだろうな
静岡で 震度6が起きたし・・・
「中止」 の 決定でも おかしくないかも 

Tさん

ビーチランドの安全性 避難場所は確保しており 安心してください
静岡の地震も 東海地震につながるものではない という専門家の意見です

 
被災した人たちのことを考えると もちろん心が痛み
自分たちだけ 楽しんでいていいのか という気持ちにもなりますが

ここで 自分の仕事をやめてしまうのが 
果たして被災している人たちのためになるのか・・・

と考えた時に 
自分は 平常どおりのことをしていくことが 一番ではないかと思うのです



 
そのとおりと思った

先ほど書いた 経済活動を滞らせない
ということにもつながると思うし

それ以上に

子どもたちは 毎日のように 繰り返される
地震 津波 原発の ニュースを見て

もちろん 色々なことをそれぞれ考え
自然の驚異 思いやり 今ここで暮らせる幸せ などを
感じていたけど

感受性の強い ももっちや 幼いめめっちは
不安も強く 心的外傷になる可能性も 

だから
キャンプに行って 思いっきり楽しんできてほしいな
というのが かんなの願いなのだ



でも 被災した子どもたちの 心が 本当に心配
今後 きちんとケアされていくことを 願っている

昨日は 平常番組を行っている テレビ局もあった
まだまだ 被害が広がっている中
不謹慎だという意見もあるかと思うけど

被災された方の中にも 
震災のニュースばかりではなくて 
お笑い番組とか 心がリラックスできるものが見たい という意見があった

そういう人のためにも 子どもたちのためにも
アニメとか 歌番組とか ほのぼのするような映画とか
やってくれたらいいのにな と思う




東北地方のみなさん
つらい中 助け合いながら 行動していることに
光が見えます

長い道のりではあるけど
いつかきっと また 心からの笑顔で すごせる日が来ることを

微力な かんなですが ずっと 応援していきます

負けないで あきらめないでください


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/223-20a82892

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。