スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母はこの先どうなってゆくのだろう 

この間は グランパスのことを考えて わくわくしていたのに
もっと よくよく考えたら

父は 一ヶ月ちょっとで 退院予定だし
母のショートは 朝10時ごろからしか 預けられないので
富士ゼロックス スーパーカップ 横浜に13時半 間に合わないよ~~

と 分かって 激しく落ち込んでいる かんなです

そして さらに
今は母がショート 父が入院中 ということで

なんだか がらんとした和室を眺めて 感傷的になってしまうのでした

あんなに もういやーー って投げ出したかったぐらいなのに・・・





さて 今日は母のこと

ここ最近父の事ばかりに気を取られ 時間もとられ
気づけば さらにさらに アルツハイマー進行中・・・


2ヶ月前には 表情が穏やかで 問題行動もない
1ヶ月ほど前には まだ「ありがとう」やら 言ってくれる

と書いたのだけど もうそんな状態を 忘れてしまいそうなくらいだ



今 いちばん悲しいのは

デイサービスや ショートステイから帰ってきたときに
我が家にすんなり 入ろうとしない事だ

スタッフさんが 「ただいま帰りましたーー!」 と言っても

かんなが 「おかえりーーー!!」と言っても

「ここはどこ?」みたいな顔 そして立ち止まる 時にきびすを翻す

お茶しよう おやつ食べよう じいちゃんが待ってるよー など気を引きつつ
背中を押さないと 進まない

とうとう かんなの名前も忘れてるのに加え かんなの家も忘れ去られそうだ

家族の顔はまだ分かるが 数十秒前の記憶が もう消える

洗面所 玄関の場所はわからない
トイレの場所は かろうじて分かるが
あんなに頻繁に行っていたのが なくなってしまった

代わりに 紙パンツ必須
夜中なんて 一回も起きてこないので
当然 朝は ずーっしり

ここのところ 毎日大洪水だった

今まで 尿取りパットは 
トイレに流されるので使用禁止だったが
今じゃ トイレにもそうそう行かないし 流し方も もうわからないため
再び 装着

やっと とっとこ一家の朝に 平穏が訪れたーーー



そして だんだん増えてきた 介護拒否

着替えは 「このままでいい」「いやだわ~!!」と言って
すぐにベッドにもぐりこむ

何とか かんとか 起こして 着替えさせるも
腕を上に上げて とか 足上げて とか 立って さえも 指示通らず

ズボンがびちょびちょになって
やっと脱がして 
あったかいタオル 取りに行っている間に
再び自分で履くのは なぜかすばやい

以前は 粗相の始末をすると
「ありがとね 悪かったね」
と言ってくれたのだが

今では 「私こんな事 しとらん!」
と 険しい顔


そして
たまに一人でトイレに行けた時のズボンのあげ具合が 
半ケツ状態から 最近は丸見え状態である

脳トレも 歌も 運動も もう全然乗ってこなくて 
無理やり 引っ張ってきても 
すきあらば さっさとベッドに戻ってしまう


そして 異食

台所に来ると 生肉とか 皮むいていないキウイとか
手つかみで 口に入れてしまう

お好み焼き屋さんに行った時なんて
お好み焼きが焼けるまで
母を制止させているのが 大変だった

デイケアでも テッシュを口に入れてしまいました とか・・・

時々出る左手の 振戦も激しい
見ててびっくりするほど

まあ緊張した時とかに 多いんだけど

もごもご 寝言のような独り言も 増えてきた

でも

そんな母でも できること

孫に 注意する時の口調は
かんなが幼かった時のまんまだ~~

そして 話しかければ 何とか 相槌を打ってくれる

他人や 動物を見て 
「うわあ気持ち悪い」「あれ かわいいね~」などの
感情の言葉は いまだ健在 



でも

ケアマネさんには

特別養護老人ホームの 申し込みを考えてみたら

と言われた


一体 どういうレベルになったときに
施設入所を 具体的に考えればよいのだろう

かんなが そう問うと

「家族が 壊れそうな時です」

だって・・・



まだまだ 
母とは 一緒にいたいけど

いつかそんな日が来てしまうのだろうか・・・




読んで下さりありがとうございます


入院中の父は 抗生剤の点滴で 感染症を治療しています
体調は だいぶ戻ってきたようです

だけど かかとの壊死は 全然改善が見られない・・・



元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ


 

スポンサーサイト

コメント

お母さんの様子が、母の進行と似てます・・・段々と感情だけが強くなるんですよね・・・その時に私は、なるべく自分の感情を抑え、言う事には同調する様に心がけました。やはり、発言を否定されるのが不安の様でした・・・。家の母は少し落ち着きましたよ^^
お父さんも少し落ち着かれて良かったです。
無理されないで下さいね。

> uptreex2さん

uptreex2さん、こんばんは。ありがとうございます。

そうですね。否定されるのはどんな人でも不安になりますよね。
ウチの母はしかし、残念な事に人の悪口を昔から言いまくるところがあって、今では男の人・高齢者・障害者を見るだけでスイッチが入って、本人の前でも「嫌だ」「気持ち悪い」「変な顔」などなど・・・旦那も、父も耐えています(笑)
病気だと分かっていても、なかなか同調できないんです、私・・・。でも初期の頃の方が、もーっと、それがマシンガントークだったので、今はなんとか聞き流しています。

だけど、最近発言自体が少なくなってきたので、声を出してくれる事自体が、貴重に思えるようになってきました・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/188-ab67c43e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。