スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護されるということ と 介護するということ 

介護されるということは

毎日の生活を 人の世話になるということ

今までの立場が がらりと変わり

できたこともできなくなる


それでも 大病や けがを乗り越え

もしくは 進行性の病とともに歩む

あるいは 闘う

そんな 自分にしかわからない 大きな経験をして

生かされていることの意味を見つけて

まわりに 感謝の心を持ち

とまどいながらも 新たな生き方を探していく人たちもいれば

 

逆に

いつまでも 健康であった頃の 思いにしがみつき

今の状況を 受け入れられない人たち

人の世話になることを 

まるで人生に負けたかのように感じ

認めたくない人たち

弱い自分を 見せたくなくて

虚勢を張ってばかりで

本当の自分がわからなくなってしまった人たち も いる



願わくば 自分も 介護される身になったとき

前者でいられるように 生きていきたい






そして

介護するということは

要介護の人の生きる 手伝いをするということ

どんなに 介護状態が重度でも

そこまで生きてきた道があり

そこまで選択してきたのは その人自身

それを 丸ごと受け入れていくこと

それは

自分の今までの価値観と違う現実を 受け入れる試練

今までは頼っていた人に 頼られたり

今まで守ってくれていた人の 弱さを見たり

自業自得だと思ってしまうような生活ぶりだったり



そして そんな相手に腹を立て 涙し  

心がどろどろしている自分に気づく





さて 

かんなと旦那は まだまだ父を受け入れられずに

日々 葛藤

それでも だいぶ あきらめがついてきた

本当は 弱い弱い 父

きっと心の中で 大きな白旗あげているに違いない

不安 寂しさ 死の恐怖 孤独 焦り  など

そして きっと 私たちに ちょっとぐらいは

おそらく 感謝の気持ちもあるに違いない

でもそれを 全く出さない 出せないまま
 
出したら 弱い自分を認めなくちゃならないから

大好きな 食べる事への執着を 直視しなくてはならないから

出すのは いやみや怒り ハッタリばかり



こんな人

赤の他人だったら

遠くのほうへ ぽーーーーーーいっ と

蹴り飛ばしたくなるが

縁あっての親子

これも 人生の課題と思って やっていくしかないかな

きっと 乗り越えたら 悟りが開けるに違いない と思いながら

少なくとも かんなが小さい頃には

愛情を 注いで 育ててくれた父だから



かんなの気長な目標

父が ほんのちょっとでも改心してくれるように

虚勢の扉を開いて 本当の心をちょっとでも

出せれるように 

暖かく そして ときに厳しく やっていきたいと思います

自分がつぶれない程度に・・・  




読んで下さりありがとうございます
元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lefthandermiwako.blog75.fc2.com/tb.php/156-cbfc420e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。