スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の前にグルタチオン注射・・・の母ふじこちゃん。 

世の中は 今週から お盆休みが多いですね

かんなは 火曜日まで仕事でした

母ふじこちゃんは 今週末と来週 
いつもなら2泊3日のショートステイを 3泊4日にしています

今週末は 大阪旅行 
来週は キャンプを予定しているからです

でも ふじこちゃんが体調を崩して
ショートに 行けなくなっちゃったら
それらは泣く泣くあきらめなくちゃ なりません

なので 元気をもらうため
事故によって 無期延期状態だった
グルタチオン注射の旅に 行ってくることにしました

座位もままならないふじこちゃん
助手席に座らせたら 45度ぐらいまでリクライニングさせて
左右に傾かないように クッションなんかを添えて 出発です

時間がたつと お尻がずり下がってきます
途中に 休憩を入れ
座位を整えながら ゼリーで水分補給をしながら
1時間半くらいかけて 名古屋フォレストクリニックまで 行ってきました

そして念願の グルタチオン注射

前回よりも いろんな面で さらに認知症の進行が進んでいるので
効果があったとしても 前回改善した以上には ならないだろうな・・・

と思いつつも ふじこちゃんの表情の変化なんかに
期待したけれど・・・

直後には 変化は感じられませんでした

帰ってからも 立位に力が入らないまま…
ちょっと残念だなぁ…って思ってたけど

ベッドに寝かしつけたとき ふじこちゃんの顔のそばで 歌を歌いました

ふじこちゃんがよく 孫に歌い聞かせていた 「おてて つないで」

数ヶ月前までは 部分的になんとなくハミングのように
声を出してくれていたふじこちゃん

最近では もう全く声が聞かれなかったけと…

歌に合わせて なんか口を動かしているような…
そして たま~にだけど んん~って言う声が…

超久々に ふじこちゃんの発する声を 聴きました

ありがとう グルタチオン

たったこれだけの変化だけど
介護の励みになります

遠くまで 注射のために連れていくのは
ふじこちゃんにとっては 負担かもしれない

でも ふじこちゃん 大好きな歌だって認識してくれた

そして 歌いたいと思って(きっと) 歌おうとしてくれた

ふじこちゃんにとって それは
きっと 大きな刺激になったと思うし

もちろん かんなも嬉しい

まあ無理せず 連れていけるときに
これからも安全運転で 行こうかなと 思います

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事
スポンサーサイト

立てなくってもいいじゃない・・・の母ふじこちゃん 

こうやって書くと まるで負け惜しみみたいね気もするけど・・・

でも そう思って 何とか頑張ってみたり
無理だって落ち込んだり

を 行ったり来たり

で やっと 悟りを開いたわけです

まだ 頑張れば 出来ないこともない

例えば 鉛のように固くなった右足のストレッチを
マッサージして 全力で 1日何回もストレッチする

起立訓練を 1日何度もする

オムツ替え ズボンの上げ下げなんかは
リハビリを兼ねて 立位で行う

デイやショートに 起立訓練&ストレッチを
もっとやってもらうように プッシュする

グルタチオン注射してもらうために 
もっともっと 名古屋の病院に通う

訪問リハを増やす

これらのことを もっともっとやれば

母ふじこちゃんの 立つ能力の低下は
もう少し 緩やかになるかもしれない

上記のこと

かんな 頑張ってやってきた
まだ続けることも 出来ないわけじゃない

しかし それには 経済的 時間的 心理的な負担が伴う

母ふじこちゃんに 24時間 つきっきり出来るのであれば・・・

でも 途中 むなしくなっちゃうかもね

そして それらを頑張って続けている かんなは
果たして 笑顔でいるんだろうか

そして そのとき ふじこちゃんは 心穏やかに
笑顔でいるんだろうか

少なくとも かんなは 
頑張って頑張って 立たせる努力をしているのに
立てないときの ふじこちゃんには
正直 悲しくなりながら むかついている

どうして 立てないんだよー もう!
ふじこちゃん 立てないと 介護もっと大変になっちゃうんだよー!

そして 心のブレーキが外れると
ぽろっと それをそのまま口に出してしまったりする

そして ふじこちゃんは 
申し訳なさそうな 顔をしている気がする

もう座位も倒れそうなふじこちゃん
立ったり座ったり 怖がっているようにも みえる

ここまで よく頑張ったよね
かんなも ふじこちゃんも・・・

介護の 目標

機能の維持を 何が何でも 目指しているわけじゃない

笑顔がなくなったら終わり
心の余裕を無くしたら 終わり
心穏やかに 最後まで過ごしてもらうこと
ここにいて 幸せだなあ って感じてもらうこと

事故を体験したり
一時 食べなくなっちゃったふじこちゃんをみて
大切なことを 思い出しました

立てなくったって いいじゃん

立たせよう立たせよう として
かんなもふじこちゃんも 笑顔無くしたら 意味ないじゃん

立てないと 介護が大変 って決め付けてたけど
15分 手間が取られるなら
15分 早起きすれば いいじゃん

創意工夫が仕事の作業療法士
時短介護の方法を 考えればいいじゃん

という 境地に達して
もう 着替えやオムツ替えのとき
ふじこちゃんを立たせるのは やめました

ベッドの上で ふじこちゃんを
右に左に ゴロンゴロンと丸太のように転がして
ズボンの上げ下げ

パンツ型のオムツから
テープ式のオムツへ 変更です

それでも 心理的 身体的な負担が減りました

時間はかかるけど
無理に立たせてた時みたいに
かんな殺気立ってないで 笑顔でやれてると 思います

また 介護段階としては
一段進んでしまったけど

それでもよし! とやっと思えるようになりました

今は 
ケーキなんかを おいしそうに食べるふじこちゃんの穏やかな顔

この瞬間があるから それでよし と思えます


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

介護用回転シートがなくても、車に乗せれた母ふじこちゃん・・・ 

皆さん こんばんは

もう2週間ほど前の話になりますが
事故により 廃車にしたライトグリーンのシエンタから
アクアマリン シエンタに 乗り換えました

DSC_0214.jpg

子どもたちも大きくなってきてて
本当は もうちょっと大きい1BOXに乗りたかったんだけど

介護が終わったら そういうのに乗り換えようと思ってたんだけど

予期せぬ事故で 買い替えを迫られ
また次の車にも ふじこちゃんを乗車させないといけないとなると

新車で 座席に介護用回転シートがついているのは どっ高い!!
今の車についている回転シートを 取り外して
再度 取り付けるのがベスト ということで
同じシエンタで 中古を探したわけです

新車ごり押しの営業マン
ちょっとでも年式の新しいのを探している 旦那さん
その旦那の意見を聞いて 色々奔走してくれた 中古車屋のお兄さん

そんな方々を 一切無視して
一目ぼれした この色のシエンタに かんな(と子どもたち)の一存で 決めました

かわゆい色でしょ

そうして この車の助手席をはずして
回転シートを取り付けようと 思ったのだけど

この回転シート 50kgぐらいあって くそ重たい
配線も ものすごく複雑で 旦那に出来るかどうか

悩んでいるところ

そういえば タクシーの助手席にも 
かんな一人で ふじこちゃんを乗せれたんだから
もう軽くなったふじこちゃん

回転シートでなくても そのまま助手席に のせれるんじゃないか
そう思って 試しにやってみました

すると

ふじこちゃんのお股に かんなの膝を入れて
よいしょと 膝を持ち上げれば 
タクシーよりは 座面が高いけど
簡単に 助手席に座らせることが 出来ました!

今までは 出来なかったのにね・・・
体重が重かったのもあるし
ふじこちゃんが 抵抗して 上手くお尻を押し込めなかった っていうのもある

今は 体重が 30kg前後と 超軽いし
抵抗も何も 自分ではもう全然動けない・・

というわけで 回転シートを 付替えなくてもすんだのでした

手間が省けて よかったけど
それだけ ふじこちゃんが 進行したってことで
ちょっと 悲しい・・・

そして 食欲と表情は 事故後 戻ったけど
他の部分では また 進行により
あきらめたり 介護方法を変えたりした部分が 出てきました

介護というのは そういうことと いかに向き合って
乗り越えていくか

日々 修行です・・・
 

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

事故後の母ふじこちゃん・・・その2 

こんにちは

土日は 
子どもたちが家にいる夏休みと 変わらないとはいえ
母ふじこちゃんが ショートステイに行っているので
介護に取られる時間がなくて ほっと一息な かんなです

やはり 食事や着替えに 時間がかかるようになって
そこにだいぶ 労力を取られています

家族の食事 ふじこちゃんんの食事介助 着替え 片付け 明日の準備
その合間に 塾の送り迎え

毎日 これらの仕事が終了するのが 11時近くなってしまいます
もっと テキパキすればよいとは思うんだけど
本当 体が疲れ果ててくると ずんなり動かないんです

それでも 施設にふじこちゃんを入れないのは

ふじこちゃんと 一緒に暮らしたいから

ふじこちゃんが デイやショートで 
いろんな人と 交流して刺激を受けて
穏やかな顔ですごしてほしいから
ふじこちゃんの最期を 家族みんなで 看取りたいから

そして
子どもたちも 一緒に住みたいと言ってくれているから
旦那も よく手伝ってくれて 
かんなの気のすむようにしていいよと 言ってくれているから 

そして 
これが 一番大きいと思うんだけど
かんなが 健康だから

アレルギーや 夏バテやら か弱いと思うんだけど
意外と 寝込んだり 心折れちゃったり 抑うつ状態にならんから

というわけで 今に至るけど

さすがに事故後の一週間は・・・

おっくんや 旦那いわく

無表情 態度も 怖い

だったそうです 

だって 
自己嫌悪にはなってるし
ふじこちゃんは 食べてくれないし
あと 
腕白おっくん いろいろやらかしてくれてばっかだし・・・

そんな様子を心配して
ヒーラーの友人が 訪れてくれました

色々 経過を聞いて
ふじこちゃんの様子を見て 
そして 言いました

かんな そりゃ ふじこちゃんが 食べないのは
かんなの顔が なんか怖いからだよ

ふじこちゃん 
事故の時の怖さとか 
かんなを事故に合わせちゃったっていう後悔 とかじゃなくて

とにかく かんなが 溜息ばっかりついて
顔が暗くて 怖いからだよ
ここにいちゃいけないのか って思ってるんだよ

かんなの笑顔が一番なんだよ



・・・ああ そうなんだ・・・

かんなはてっきり
事故のことを ふじこちゃん 色々思っていて
自分が迷惑かけている って心のどこかで思って
元気なくしちゃってたんだと 思ってた

でも 
認知症のふじこちゃん
過去のことを 考えているんじゃなくて

今 目の前の人が 微笑んでるかどうか
目の前の人が 幸せそうかどうか
今 ここにいて 自分は 歓迎されているのか

そういうことを 直感で 感じ取っているんだ・・・

冷静になって考えてみれば そりゃそうだよね

かんなが怖い顔して
ふじこちゃん!! 食べないと死んじゃうよ!!
って言ってたら・・・

喉通るものも 通らなくなっちゃうよね 

そういや 思い当たることがある

事故直後の ショートでは
いつもどおり 8割がた 食べていたのに
食べなくなったのは ショートから帰ってきてからだ

なので 心機一転

ふじこちゃんには 明るく笑顔で 声かけするようにしました
もう 事故のことは 愚痴愚痴言うのをやめて・・・

そして 子どもたちにも このことを話し
笑顔で 話しかけてもらうようにしました

すると!!!

次の日から 時間はかかるものの 
0~3割の食事量だったのが
7割~完食に 戻ってきましたよ~

そして 事故以来 聞きかれなかった ふじこちゃんの声も
すこーしだけど ん~ ん~ って 言ってくれました

友人のYちゃん すごい!!
そして 笑顔の力ってすごい!!!


あとは かんなの笑顔が 疲れて途切れないように
日々 体調を整え 心に余裕を持っていなくては ね

ということで 

在宅で介護を続ける・続けられないを 見極めるバロメーターは

笑顔でふじこちゃんに 接することが できるかどうか

に 決定 

身体的 身体的 もろもろの理由で
かんなの笑顔が 続かなくなって
ふじこちゃんに 悲しい思いをさせるようになっちゃったら

笑顔が素敵なスタッフのいる施設を 考えようかなぁ と思ったのでした

ま そういう施設を見つけるのも 至難の業かもしれないけど

とりあえず ふじこちゃんが 食べれるようになったので
かんなも嬉しくって
自然に笑顔も 出てくるので 
まだ 在宅で いけるかな~ と 今は思ってます


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

事故後の母ふじこちゃん・・・ 

こんばんは

夏バテ いや 夏休みバテの かんなです

朝は 5時に起きても 間に合わん

子どもら3人分の昼食の用意と めめっちの学童送り迎え

マウンテンバイク通勤できていたのが
そんな時間なくなっちゃいました

仕事から帰ってくると
母ふじこちゃんが 戻ってくるまでのつかの間の自分タイムは
バタンキュー

といきたいところだが 
ここにもまた 子どもたちがいて お一人様タイム というわけにはいかず・・・

ああー
早く夏休み 終わってほしい・・・


さて 

事故により 心凹んでいたかんなも だいぶ復活し
今は 事故のことよりも 
グランパスが J2に降格するかもしれない心配で
心痛めておりますが・・・

事故って ふじこちゃんの涙を見たとき
本当に落ち込みました

これがきっかけで ふじこちゃん 元気なくしちゃったらどうしようって

しかし 直後のショートステイでは 
特に問題なく 食欲も良好で 帰ってきてほっとしました

なのに その後 デイでも家でも ふじこちゃん 
食が進まなくなっちゃって・・・

水分もままならず 3日間そんな状態が続いたら
肌は かさかさ お顔はしわしわに なってきてしまいました

かんな そんなふじこちゃんが心配で心配で

ふじこちゃん 食べてよー 
食べないと死んじゃうよ!
もぐもぐゴックンだよ!!

事故のことは心配かけて悪かったよ!
もう大丈夫だからさ~
ふじこちゃんも 安心してよ!!

だから お願いだから 食べてよ!
水分とってよー!!


おっくんいわく

ママ顔が怖い 元気も全然ない
ばあちゃん びびってるよ きっと


だから ふじこちゃんを安心させるために
声かけしてるのに・・・

このまま ふじこちゃん 弱っていっちゃうのかな

もう かんな これ以上のことは出来ないな・・・

名古屋フォレストクリニックで 
またグルタチオン注射してもらいたいけど

もう ふじこちゃんを 
長距離ドライブで 連れて行く勇気がない

在宅介護も ここまでかな・・・

なんていう思いが 心の中を渦巻き始めました・・・


そんな かんなの様子を心配して
ヒーラーのお友達が 様子を見に来てくれました

   続く・・・


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。