スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の思い出作り 

仕事が休みに入ったというのに
めっちゃくちゃ 忙しい かんなです

デイも 訪問介護も お休みになって
すべての事を 自分がしなくちゃならない・・・

こりゃ 介護家族にとって 正月とはしんどいものですな~~

父の 足のかかとの壊死の回復が思わしくなく

というか 実は 全く良くなっていなくて
やばいぞ~~~~~

やっぱ 自己治癒力ほとんどないぞ~~

と言うわけで
昨日まで毎日 かんなの勤め先の病院へ 通院

あっという間に悪化する事もあるので
一週間の病院休診が こわい・・・

と思っていたら ウチの病院 元日に当直担当だったので
元日の夜も通院する事に・・・とほほ

あああ~~~
グランパス 天皇杯 勝ち残ったら観戦に行くなんて
とんでもなかったーーーー
神様 スミマセンでした・・・



さて

介護だけで 忙しいわけではなく

子どもたちも冬休み 旦那も休み というわけで
どっかに行きたい 人たちが わらわらいるので

気分転換に 日帰り温泉に行こうということになった

ホントは かんなは 暇があったら
やらなきゃいけないこと てんこ盛りですが

どうせいたって やる気でないし

それに ここ最近 なんだか元気のない母の 笑顔を見たいので
ドライブ & 温泉の好きだった アルツハイマーの母を 連れて行くことに

父は どうあがいても無理なので 一人お留守番です                                               
20101230162749.jpg

最近 歩くのが遅くなった母
目的が分からなかったり 知らない場所だと
足がすくむような感じで 前に出ない

トイレとかベッドとか 行くとなると 
スタスタ速いんだけどね

なので
かんなが 両手をつないで 声掛けしながら誘導

浴場の中も 手取り歩行

湯船に入るのは一苦労
数段降りていくのに 
体をどう動かせばよいのか 分からない様子

「右手で そこの手すり持って
 左足 一歩降ろして」

とか言っても もう右か左か 分かっていないし
それ とか あれ が指すものも 分からない

なので 本当に 手取り足取り ゆっくりゆっくり

体も洗えないし お湯も出せない タオルも絞れない

洗い場で腰掛に座ったら 洗面器の水を ちゃぷちゃぷ触っているだけ


そんな母の 体を洗い 
「うわあ~ ちょっとやめてよ~
と言われつつ頭を洗い

出たら 体を拭いて パンツ ズボン ババシャツ セーターなどなど着せて 
どっか行っちゃう前に 髪の毛乾かして 

はあ~ やっと終了ーー

ここまで かんなさん 素っ裸

タオルで 前を隠していた 若かりし頃が 懐かしい・・・

その間 ももっちはもちろん 4歳のめめっちも
自立して すべて自分でやってくれるので ホント助かります

本当に 身の回りのことが 出来なくなっている母
いつもは デイサービスで お風呂に入っているけど
こうして 一緒に過ごすと こんなにも出来ないことの多さに 愕然とする


まるで 保育園の反対だなあ

ももっちは生後11ヶ月 おっくん 6ヶ月 
めめっちにいたっては 生後4ヶ月から 保育園

だから 保育園でハイハイ出来た とか
保育園で オムツ外れた とか
週末 子どもと一緒に過ごして 
ああ いつのまにか こんな事できるようになったんだ…
って気づく


母は かんなが 気づかないうちに どんどん進んでいってしまう

そして おなかの肉も どんどん 増えていってしまってる・・・


でもね
一緒にお風呂入ることが出来て 嬉しかったよ


かんなが小さい頃 よく流してくれたよね 背中を
そして 風呂上りはいつも 髪の毛乾かしてくれた

そんなお母さんの背中を 久しぶりに流す事ができて



そして
気持ちよさそうにしている お母さんの顔を見ることが出来て
またまた 嬉しかったよ

忙しい中 来てよかったよ

もう次は いつ一緒に 温泉に入れるか 分からない

数ヶ月先のことは 本当に分からない

だから

今を大切にしよう
お母さんといられる 残された時間を大切にしよう

お母さんは忘れても かんなや子どもたちの心には
ずっと記憶に残っていくのだから

と思った かんなでした

東栄温泉ブログ用




読んで下さりありがとうございます



やっとこさ 自分も服着て 

はあ~ 疲れた~ 一服しよ~~

と思ったら

母上
窓の外に見えた 露天風呂を指差し

「あそこに お風呂があるよ 
 ちょっとあんた 入ってこようよ」

だってーーーー


元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事
スポンサーサイト

ちょっぴり成長したのか 父よ!? 

グランパスが 2月まで完全オフに入り 
この有り余るグランパスへの情熱の炎を 
もう どうしてよいやら 分からない かんなです

年末年始の 国立への突撃計画も
なくなってしまいました

でもまあ 選手たちには 
激闘でボロボロになった体を休めて
来季への 鋭気を養ってもらいたいです




さて 父

右足かかとの壊死の為
2週間の点滴を 何とか終え 
その後も リハビリや処置に 毎日のように
通院している 父

かんなの出勤日は 朝 病院へ一緒に連れて行く
それ以外は 夕方連れて行く

保育園の迎え 上の子たちのお稽古事の送り迎え 幼児に認知症の母を抱え

倒れそうになりながらも
旦那と二人でなんとか乗り切った

これには さすがに頑固者の父も
ちっとは うちらの世話になっとることが理解できよう




しかし
壊死の部分は 思った以上に治りが遅く まだじゅぐじゅぐしてる

毎日 ガーゼを取替えなくてはならないので
かんなは 意を決して
父の足を洗い 薬を塗り ガーゼをあてがう

あんなに この間 言いたいことをずけずけ言ったから → 父との対話
気まずい雰囲気もあったのだが

心と裏腹に 頑固爺さんの心を溶かす為
仕事スマイル 仕事スマイル

こんな出来た娘は おらんという事を アピールアピール

それでも 父はその後
叔父夫婦に電話して あることないこと かんなの文句をぶちまけたようだが

逆に 叔母に諭され 叱られ 撃沈したようだ



しかし

それが 効を奏したのだろうか
傷の治りが遅くて 考えるところがあったのだろうか

ちょっと父に変化の兆しが現れたのだ



数日前のこと

週一回 父も連れて スーパーへ買出しに行くのだが
家族全員分の食料は 我が家の財布から出している

そして
自分のお菓子や果物など 自分の食べたいものだけを
自分の財布から 支払う父
かんなにネコババされないようにと
自分のも母のも 通帳とカード全部を 鞄に入れて持ち歩き お金 命 の 父 

そんな父が 
ビール24缶入りの箱を持って レジに並んでいた旦那に

「そのビール 俺のほうで 支払うで」

と言ったのだ

旦那が
「いいよ いいよ 悪いよ」
と 断ろうとしたその時

「いつも世話になっとるで そのくらい出すわ」

と 言ったのだ

かんな 思わず ビックリ &嬉しくて

「ええーーーっ!! お父さんから そんな風に言ってもらえるなんて嬉しいよ!! 
 ありがとね お父さんっ」


今まで ひどい事ばっかり 言ってた父
もう 悲しくて 悔しくて 怒れて 大嫌いになりそうだった

でも 親子の不思議 とでも言うのだろうか

その一言で 救われたような 気になってしまったのだった



そして 間食のお菓子の量も 以前より かなり減った感じがある

そして そして かんなの作るご飯に対し

「いただきます」「ご馳走様」

と 少し照れくさそうに言うようになったのだ


以前 実家へかんなが 通い介護をしていたときは
自分が買ってきた好きなものばかり食べて

かんなが持っていくおかずには
こんな物食えるか!! といわんばかりに
決して手をつけなかった人が である

それから 送り迎えの時など

「ありがとさん」


これも照れくさそうにだが あの 頑固親父が言うようになったのだ



少なくとも
全くのおバカな 分からずや じゃなかったんだ
父も 父なりに考えているところが あるんだな ・・・

ただし 思い込みが激しくて とんちんかんなところ
自分の身を守る為に でまかせ言うところなど
まだまだですが


よ~~し

これからも 父の精神年齢を引き上げる為に
頑張るぞ~~

と 思った かんなでした 






読んで下さりありがとうございます


でも 行きつ戻りつ なんだな~


トイレは 危ないし汚れるから
座ってやってねと言っているのに
片足で 立ってやって 飛び散らかしてるし

認知症の母には しょっちゅう怒っているし

嫌な事には すぐ屁理屈つけているし・・・

まあ 少しづつ かな



元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

サンタ、寝過ごすところだった!! 

やばいやばいやばい

旦那が夜勤で いないのに
クリスマスプレゼントのラッピングとか 何にもしていないのに
子どもと添い寝して
目覚めたら 夜中の3時だった

あせあせ
あせって 布団を抜け出す気配に
おっくんが気づいて 目を開ける 

 

むっくり起き上がり 部屋中を見渡し

「サンタさん まだ来ていないね~」


そうだよっ  早くもう一度寝なよ 寝ないとサンタこないよっ



おっくんを寝かしつけて

別室に行き やっとこさラッピング終了

20101225025355.jpg



おっくん念願の 簡易式サッカーゴール
20101225025504.jpg

あまりに 販売元を発送してから届くのが遅いので
昨日の昼間 佐●急便 豊●店に 何度電話しても
超 急がしそうで誰も出ない・・・

何回もかけて やっとつながり 荷物の確認をすると

「まだうちに 置いてありました」

って おいおい

かんな
「頼みますから今日中に もって来てくださいよ~~

 届かないととっても困るんです~~~~っ」



かんなの電話を聞き耳立てて 聞いていたおっくん

「ママってサンタとお話していたの?」

「ち、違うよっ お仕事の荷物の事だよ」




そして昨日 夜 9時に無事届けられたのだった



はあ~~
ママサンタも 疲れるな~~



読んで下さりありがとうございます


グランパスよ

かんなにも 天皇杯 鹿島戦勝利 そして準決勝の切符を
プレゼントしてください


元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

不屈のサポーターになる予定 

あまりの鼻の苦しさに 超強力な抗アレルギー剤を飲んだら
次の日の仕事の最中 患者相手に半分眠っていた かんなです

いっつも 飲んでから後悔する薬…
でもそれ以外だと 効かないし




さて 
グランパスの試合がないと
こんなにも退屈なんて 今まで思いもしなかった

ワールドカップ明けから
観戦に行くようになって
アウェー2戦 ホーム3戦 観戦成績4勝1引き分け
 
本当にグランパスには 幸せな気持ちを味合わせてもらえた
そして日々 めげそうになる かんなの支えだった

という事で

今後一生 雨の日も 風の日も
強い時も 弱いときも 応援していく事を誓います

その証として
スカパー加入 シーズンチケット購入します



ええーっ
知らないよっ 家のことは大丈夫かいっ

って声が 聞こえなくもないけど きっと何とかなるでしょう(ホントに

っていうか 介護一色になりそうな 日々をなんとかしたい・・・



もちろん すべてのホームの試合には行けないのは承知の上ですが・・・

いいんですいいんです

行けない分は どなたかにお譲りするか グランパスに寄付します

というわけで

まずは 天皇杯準々決勝 頑張ってよね~~~

勝ったら 29日 かんな一家強行スケジュールで 参戦する事に決めたから

決勝は 元日 
世間一般常識からすると
そりゃ 要介護のジジババ置いてっては 問題だよねえ 

というか
家の中が 正月早々 う○こまみれになるのは 悲しいので・・・

諦めました  
 



そして ブラジル帰っちゃった闘莉王さんから パワーをいただこうと購入

41v5jrLEGjL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


名古屋のサポーターは 闘莉王のすばらしさをよくわかっていると思うけど
なかなか外野からは 誤解されていた部分もあるこのお方

でもワールドカップへの思いとか 日本への思い
ドログバ骨折 オウンゴールについて
そして グランパス ストイコビッチ監督に対する思いが
熱く 伝わってきます


でもって
本屋の棚に 隣に並んでいたのが こちら

41+vRlvSiUL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
 

中澤命 の小学3年のおっくんの為に 思わず購入

ってか 小3で読める内容じゃないけど
サンタさんからのプレゼントにします

簡易式サッカーゴールもプレゼントに ってネットで購入したんだけど
まだ届きません
本日 クリスマスイブなんだけど 大丈夫かーーーーー

あ~あ
大人にも サンタクロース 来てほしいよね…


不屈のサポーターになろうと思ったのに
もう
闘莉王の NHKでの特集 「不屈の闘将」見忘れた・・・

でも
26日に 再放送やるので よかったーーーー!!





読んで下さりありがとうございます
元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事

父との対話 

鼻の穴が 両方とも完全詰まって 空気の通過率ゼロの かんなです

ご飯食べるの 命がけです


さて
父が退院してきて2ヶ月

色々ありすぎて もうこんな人 親と思ったらやっていけん
早くクタバレ とさえ思ってしまう日々だった(鬼娘

それでも きっと心のどこかでは 
分かってくれているはずと 信じたかった
めちゃくちゃ言っているのも
障害を負った苛立ちや
最愛の妻の 認知症のせいだと 信じたかった  

(父の言動について知りたい方は 糖尿病の経過 や 最近の父 のカテを見てくださいね)

そうして  かんなは
自分の心を落ち着かせ
父の頑な心を 北風と太陽の話の 太陽のように暖めて 溶かしたいと思い

目のまわるような  忙しさの中でも
父に怒ることなく お菓子を取り上げる事もなく 
やるべき事はやって
いつでも父が 歩み寄ってくれたのなら

喜んで受け入れたい とも思っていた

しかーし

父は だんだん 歩み寄るどころか
注意されない事をいいことに
なんか開き直ってきたのだった

だから

遂にかんなは 口火を切ったのだ

壊疽が判明し 病院へ通う毎日

血糖値は 300を越え ヘモグロビンA1cもずんずん上昇して
足には血が通っていないから 治らない可能性もある とまで言われたのに

和室を閉め切り その晩も 何かを食べようとしていた様子

そこで
和室に遊びに行くフリをして めめっちと ももっちが 突撃
がらがら~っと 引き戸を開けると

父は 子どもらに向かってこう言ったのだ

こらあっ!! 
こそこそスパイみたいな真似するんじゃない!!


さすが かんなも 堪忍袋の緒が切れた




いつか
父とは 向かい合って きちんと話をしたいと 思っていた かんな

それで 和室に入り ベッドに腰を下ろし
父の目を見て 冷静に話すことにしたのだ

お父さん こそこそ隠れて何かしているのは どっちよ?

俺は 何も しとらんじゃないか!

私も子どもらもみんな お父さんが お菓子食べてる事ぐらい分かってるんだよ

おまえ 俺がいない間に 勝手に 色々部屋の物を探しまくったりしたんだろう

あのね 洗濯物しまおうとしてね 引き出し開けると隠してあったりだとかね
ハンガーのところに 服と服の間に吊るしてあったりだとかね
探さなくても ばれちゃってるんだよ


お父さん 確かに内科の先生は 食べれないストレスもよくないから
何食べても もう構わないって言ったけど
それは もう どうなってもしょうがないから って事なんだよ

お父さん ほんとにどうなってもいいって 思ってる?
足がもう一本 なくなっても いいの?

ああ どうなっても構わん!
どうせ もう数年しか 生きられん! 

お父さん でも 心臓元気だし 生命線2本あるし 長生きするよ
どうせ生きるんだったら 周りの家族と幸せにやっていくために
頑張ろうと 思わない?

思わん!
はよ死にたいわ!

うそだよ そんなの
今だって足 治したいから 点滴に通っているんじゃないの?

もう 行かん 明日からやめるわ!!
 もう送って行かんでいいわ!!

左足切る事だって 自分で決意して 
命が助かる為には こうするしかないからって 自分から言ったんだよ
お父さんは 本当は 生きたいはずなんだよ

俺はそんなこと言っとらん!
あーあ もう 母さんと 実家に帰りたいわ!

そうだよね  色々言われるから・・・

お父さん 帰ってもいいんだよ
でもそのためには 今 何をすべきなの?
怪我を治す努力も しなくて
歩行練習のリハビリも すぐ理由つけてやめちゃってさ

いいわ もう少ししたら 出て行くで!

そう
いいけどね
お母さん連れて行くのは やめてね

我が家で 引き取る前 
お父さん 面倒見切れなくって
家の中 ぐちゃぐちゃだったじゃない
しっこまみれ うこまみれ だったじゃない
私の大事なお母さんに そんな風に暮らさせたくないんだよ

あれは 母さんじゃなくて 俺のだったんじゃーー 
(ここまでくると めちゃくちゃ言ってる・・・)
もういい 俺一人で帰るわ!
そんなに母さんを看たいなら 看ればいいがやーー!!

だからね 
どうやって帰って どうやって暮らしていくの?
具体的に 教えてよ
そうしたら 私も 帰れるように協力するからさ

・・・・・

お父さん あきらめなよ
残念だけど 実家で暮らすのは無理だよね
もうあきらめるしかないんだよ

ここで 第二の人生を生きていくしかないんだよ

俺は こんな田舎 絶対いやだ
こんなところには 住めんっ

ねえ 実家に帰ることが 唯一の幸せなの?
好きにやって また動けなくなってもいいの?
一人ぼっちで苦しむんじゃないの?
それが お父さんの幸せなの?

ああ そうだわ!!
俺は帰りたいわ 本当に

それ 本当に本心なの?
 
ああ

ここで 孫の顔見て過ごすのは 幸せじゃないの?
 
・・・・・

もう 苦痛なんだわ

俺は 苦痛なんだわ
お前の車に乗せてってもらったり
やってもらうのが 苦痛なんだわ

苦痛って・・・(絶句)

あのね 年は誰でもとって だんだん体の自由も利かなくなって
そのうち 若い人の世話になるんだよ 
私だってそうだよ

育ててくれた親のこと できる範囲でお世話するの当然でしょう

もしもね 
私たちに悪いなって思っているんだったら
『世話になるな』 とか 『ありがとな』 とか言えばいいんだよ

・・・・・

それに 迷惑かけたくないって言うのなら
これ以上ひどくならないように 動けなくならないように
食事を気をつけていこうよ

そんなことできんわ!

そう 
お父さんの人生だからね 
お父さんが 責任持って決めてね
ひどくなるの覚悟の上で
好きなもの好きなだけ 食べ続けたいなら それでもいいよ
 
でもね もし 食事に気をつけたいっていう気持ちになったら
話してね 私も協力するから

・・・・・・・ 


あとね 病院は いやだって行っても連れて行くから
娘として 義務があるし 
それ以上に お父さんの事も お母さんの事も
出来る限りのお世話したいと思っているから

 
・・・・・・・ 



こんな感じで 初めて父と 面と向かって話した
最後には 父は沈黙

正直 ぐさぐさ来ただろう

74歳 心も体も弱っている人に
愚痴や怒りのはけ口は 認知症の妻しかない人に

果たして これでよかったのだろうか・・・
 
その後 しばらくは なんか元気のない父だった





超 長文 読んで下さりありがとうございます


毎日が 悩みとせわしなさの連続

こんなかんなの 癒しは 

目下 闘莉王の 『大和魂』を読むこと
ぜんぜん進まないけど
 

元気の素になります
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。