スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふじこちゃんの在宅介護スケジュール GW編 

こんにちは(*´∀`)ノ
GWボケで 母ふじこちゃんを
ショートにお迎えに行くの忘れてた かんなです(* ̄∇ ̄)

ふじこちゃ~ん ごめんなさい

さて
世の中 GWもあとちょっと
介護している方 介護されている方 どのようにお過ごしでしょうか?

今日は
とっとこ一家のスケジュールを 参考になればと思い
記したいと思います

まずはゴールデンウィークは ちょっと変則的です

子供たちがいると 家のことやりながらの介護は 正直できるレベルではないです

着替えや 一日に何度かのオムツ替えには
数十分かかるし
食事介助は 1時間以上

子どもらの食事の準備や掃除洗濯 買い物など
そりゃ頑張れば出来ないこともないけど

そんなのかんな 疲れるし
買い物も息抜きも できないので
罪悪感などなく ふじこちゃんには
デイかショートに行ってもらいます!


4月27日(月) ショート
4月28日(火) デイサービスA(お泊まりデイ)
4月29日(水) デイサービスA
4月30日(木) デイサービスB
5月1日(金) 通院 ショート
5月2日(土) ショート
5月3日(日) ショート
5月4日(月) ショート
5月5日(火) デイサービスA(お泊まりデイ)
5月6日(水) デイサービスA


まあ なんということでしょう
ふじこちゃん おうちでのんびりしている日が
一日もありません!!

しかし どこに行っても
ふじこちゃんのペースに合わせて
食事 お昼寝 そしてお風呂にレクリエーションを組み込んでくれているし

送迎の車に乗っている時間も そんなに長くないし

特にかんなは デイやショートに行くことが
負担になるとは思いません

それぞれの施設が ふじこちゃんに合ったケアをしてくれるので
家にいて かんなのテキトー介護より
いいんじゃないかと…

というわけで
GW残り2日 サッカー少年おっくんの試合の応援と
めめっちどの映画デートに費やしたいと思います


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 
スポンサーサイト

認知症と思ったのなら、専門医へ。 の続編その2。  

この頃の叔父に 出ていた認知症と思われる症状は

何度も同じことを聞いてくる
ものをすぐになくす
ちょっとしたことで すぐに怒り出す
じっとしていなくて すぐにうろうろする
外出先で 身も知らぬ人に 遠慮なく話しかける
お菓子を食べてばかりになる
性格が子供っぽくなってしまった

などなど

最初の二つは いかにも認知症っぽいですが
でも 近くのかかりつけ医や 大学病院では
認知症の範囲とは 思われなかったようです

コウノメソッドの知識がある人なら
ピック病っぽいと思うでしょう

ピック病というのは 
死後解剖して 初めてわかるんだというふうに言われているけど

アルツハイマーが 側頭葉・頭頂葉の障害により
短期記憶の著明な低下 道に迷う 
前頭葉機能である 礼節・常識・感情などは最初は保たれている

ということを考えるとやはりピックっぽい

前頭葉・側頭葉の機能の低下しているピック病は 
前頭葉・側頭葉が主につかさどっている機能

大人になるにつれて発達していく
判断力・常識・推察力・理性・そして言語
などが 記憶障害に比べて 最初から 落ちていきます

まさしく 母ふじこちゃんも そうであったし
叔父も そんな感じがします

ちなみに 叔父とふじこちゃんは 血がつながっていない
ピックなんて 数が少ないのに 
身近に二人もいるのか と思われるかもしれないけど

まあ かんな個人の考えでは 
アルツ レビー に負けず劣らず 実は多いのではないかと
思います

ちょっと 性格が怒りっぽくなったな~
いい加減になったなー
なんていう人 実は ピックなんじゃないのって思います

純粋なアルツの人は 患者さんや知り合いでいますが
人格変化はあまりなく 短期記憶の低下が著明だけど
そう周りと 軋轢もなく うまくやっている人が多いです

さて 前置が長くなりましたが

叔母もだいぶ参ってきてるみたいなんで
ここは一つ かんなが叔父を説得させて 
コウノ先生の元へ 連れて行くことにしました

叔父は めまいがする とか 最近忘れっぽいかなあ~ って
言い出してたので

かんなは 

叔父さん 私超有名な先生知ってるじゃんね~
(だいたい男の人って 名医 とかいう言葉に弱い)

一度頭の検査してもらおうよ
なんともなかったら 安心できるしさ

けっこう 検査してもらう人 多いみたいだよ


とかなんとか言って

そうだなあ
って言った叔父の気が変わらないうちに
受信の予約をして

当日 叔父と叔母を迎えに行って
二人を乗せて 名古屋フォレストクリニックへ向かったのでした

久々に在った叔父は
コウノ先生の言う ちょっと横柄な態度で 落ち着きがない

問診をして CTを撮って 診断

やはり ピック病 とのことでした

もうこのときは 今日の日付も答えれなかったし
長谷川式の 5つの物品を答えるのとか
野菜の名前とかも 上手く言えなかったかな

ウインタミンをまずは処方されたと思います
(ちょっと数ヶ月前なんで 記憶があやふや・・・)

そして フェルガード100Mも飲むといいよとのことで
かんな 買って 叔母に渡しました

薬を飲むのも 嫌がる叔父だけど
そこはなんとか 料理に混ぜたり
健康によい サプリメントだよって言って
何とか 飲ませてね
って 言って

叔父は 案の定 
俺はどこも悪くない 薬なんて飲まん
医者はどうかしている って 怒ってたけど

そして このときもらえるプリントがあって
病名や薬 予想される介護度 なんかが 書いてあるので

叔母には これを持って 娘さんに
今日の診断のことを 話してみるように と言いました

娘さんには 父親の現状を わかってほしい
そして 通院など(叔母は車を持っていない)の協力をしてほしい
たまには自分の自宅に呼んだり
家を訪問したりして 叔母の負担を 減らしてほしい
介護保険を使って行くのなら
色々と手続きしてほしい
今後 どうしていくか
叔母と真剣に話し合ってほしい 

などなど かんなが思うこと いっぱいあるけど
なんなら かんなが 娘さんに話してもいいけど

でも 向こうからしてみたら
あんた 一体どこの誰??なわけで・・・
ここは 叔母自身に 頑張ってもらうしかないと
その思いを 叔母に託したのでした


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

認知症と思ったのなら、専門医へ。 の続編その1。 

認知症と思ったのなら、専門医へ。  を半年以上前に UPしながら
放置状態だったので 続編を書きたいと思います

叔母の内縁の夫が 認知症かもしれない

というか かんなが話を聞く限り 認知症決定 
それもピック病
ということで 相談に乗ってたんだけど

近くの病院では うつ病のお薬処方
大学病院では どこも悪くない
という診断・・・

名古屋と豊橋で 離れていて 様子を見に行ったり
お手伝いをしてあげに行ったり 簡単に出来ない状態なので

まあ かんなにできることは 
叔母の愚痴を聞いてあげることだけ

地域の窓口へ行って 介護保険申請したほうがいいよって言っても
コウノメソッド医のいる 認知症外来が近くにあるので 教えても

やはり 
なかなか重い腰は上がらないし
初期の認知症の人を 説得させて病院へ連れて行くのは大変

そして 叔母にもう一つ 治療・介護を躊躇する理由が・・・

それは その叔父さんは 数年前に一緒になった人 だということ
籍が入っていなくても一応 同居で扶養の義務があると思うけど

介護って 子どもだから 親だから 長年連れ添った配偶者だから
当たり前に 家族がやるもんだ・・・という 通念に照らし合わせると

そこまで この人に対してやれるかどうか という気持ちの問題が
大きいように思いました

そこまでの 情が育ってないというか・・・

そして
近くに嫁いだ娘さんが居るんだけど
案の定 父はまだどこも 悪くないって
たまに会う分の娘には 認知症だということが わからない

よって 協力も何もない
どんな症状を伝えても 気のせいだ とか
そんなこと 夫婦喧嘩でしょう
私に押し付けないで
みたいなことを 言われてしまう

・・・たしかにさ 離れて住んでいる 実子は
信じたくないし 老いぼれていく姿を見たくないよね 
ぎりぎりまで・・・

それに
認知症の介護が どんどん大変になっていくのは
母ふじこちゃんで よく見て知っているからこそ
叔母が躊躇する気持ちも よくわかる

常々 在宅介護をうまくやっていくコツは

要介護者一人につき 介護者1名+α 

と思っているので この娘さんが 協力者になってくれないと
継続は難しい

なので 叔母さんが 無理して介護を引き受けることは
ないのでは と思いました

今後の道は 
別れて その叔父さんを 娘さんに引き渡すか
施設介護を 選択するか

それとも 娘さんが協力的になったら
力を合わせて 介護保険を利用しながら 在宅で行くか・・・

でした

でも どの道に一歩進むとしても
正しい認知症の診断ができないと 始まりません

娘さんも 医者が認知症だと言ってくれたら
やっとこさ 理解するでしょう

ということで 

ついにかんなが ドクターコウノのもとへ

叔父さんを何とか説き伏せて 連れて行ったのでした

本日ここまで

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

ちょっと前だけど 運動会に行って来た(*´∀`*) 

若かりし頃
教科書で習い 勤務先で接する認知症っていうのは 
末期には なんにもわからない
ただ天井を見つめるだけの 寝たきりになるるもんだと思ってました

只今 体重32kgで 一番太ってた時の半分強しかない ふじこちゃん
言葉もなく 手足も自由に動かせないで
体も硬い ふじこちゃん
寝かせたら 寝かせっきりになっちゃう ふじこちゃん

でも 根気欲話しかけると目が合います
たまに うなずいたりしてくれます
たま~に なんかしゃべります
たま~~~に かんなの頭をなぜてくれます

そして こんなふうに 社会参加だって できました

晴れ渡る空の下 めめっちの運動会ですよ~
PhotoGrid_1401025637223.jpg
車椅子のふじこちゃんを連れて行くか 今年も悩んだけど
めめっちが 絶対ばーちゃんにも来て欲しいーーっ!!っていうので
なんとかミッションクリアです!!ε-(´∇`;)ホッ

子どもは 
他人の目なんか気にしないところに いつもはっとさせられます…

ふじこちゃん 賑やかな子どもたちの声と
太陽と風を 感じてくれてたらいいな~

ちなみに 去年は 朝 弁当作りもあるし 大変と思い
前日から ショートに預け お昼前に迎えに行き
数時間 一緒に過ごして お昼も一緒に食べ
その後 またショートに連れて行きました

今年は めめっちの出番が 午前中の早い時間っていう事もあり
朝から一緒に過ごして 昼前に ふじこちゃんをショートに連れて行きました

朝の弁当の大変さは 
おっくんのサッカースクールで だいぶ鍛えられたので
大変だとも 思わなくなりました 

ま 来年からは ももっちの 高校の弁当作りも 待ってるしね!

PhotoGrid_1401025899891.jpg

楽しそうに踊るめめっちに
親ばかですがほのぼの…ヵヮ.゚+.(o´∀`o)゚+.゚イイ!!

しかしめめっち
徒競走では一位を取れなくて悔しくっ て大泣き。°°(≧□≦)°°。

のんびりな親と違って 一体誰に似たのかしらん??
頑張れば、何位だってママは嬉しいんだよ~ヾ(^^ )


話は戻って ふじこちゃんと 今年もこうして
一緒に めめっちの運動会に参加できて 
本当によかったです

きっと きっと 心の中で
可愛い孫の成長を 喜んでくれていると思う かんなでした

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

介護は生活の一部分で全部ではないということ。 

またまた 更新止まってましたが・・・

その間も訪問して下さった方 ポチってくださった方 
ありがとうございました 

なんか 夜 寝ちゃうんだよね
まあ 色々忙しかったこともあるけど
忙しいのは いつものこと

以前は それでも 夜更かししてまでも
ブログが 書きたかった 書かずにはいられなかった

自分はこんなに大変 この大変さを分かって!!
っていう気持ちが 大きかったし

書くことや コメントもらうことで
ストレス解消や 自分を安心させてた

まあ 母ふじこちゃんの進行が 早かったり
父の壮絶介護があったりしたから

でも なんか 今は かんな

精神的に のんびりしちゃってるんですよ

母ふじこちゃんが 重度で半寝たきり状態でも
そこで 安定しているっていうのもあるけど

かんなの生活の中で 
介護が特別なもの 心を圧迫するもの つらく苦しいもの
っていう 感覚がなくなっちゃって

つらいよ~ 誰か聞いてよ~ 助けてよ~ っていう叫びが ないっ!!
 
これは ふじこちゃんの在宅介護をしていくと決めた時からの
かんなの 目標でもあったわけで

それが 今は達成されている程よい状態なんです
趣味の時間も 取れるし

もちろん ふじこちゃんに何かあったり
かんなに何かあったりすれば このバランスは すぐに崩れちゃうけど


こんなこと 感じたり 書く人って いるんかな・・・

介護真っ只中で 大変な方には 信じられんかもしれませんね
 


物理的には 朝の介護時間 1時間以上
夜の介護時間 2時間から3時間
夜中の体位変換 2回 
介護食作りに デイやショートの用意
その他もろもろ

でも もうこれがルーチンになって
イヤだとか 大変だとか思う前に 
生活の一部だと思って 淡々とこなしてます

とにかく かんなの心と体が 疲れすぎないように
できるだけ ショートカットできる部分は する

イライラしないように 工夫する

そのために ある程度 ふじこちゃんに 妥協してもらうことが必要でも
それをよしとする

例えば 
定期的なショートの利用とか
着替えは 下着まで替えるの 朝晩やってたけど
デイで入浴時に どうせ着替えるので 家ではなし とか
レトルト介護食の利用 とか
爪きり 口腔ケアは デイやショートに任せちゃうとか
マッサージや 立つ練習も デイにお任せ
通院も大変だから 往診にしちゃったし
・・・これは だいぶ負担が減ったかな

こんな感じで ふじこちゃんの状態と かんなのやることが安定しているので
切羽詰ったものが 今は あんまりない

なので 頭の中が あんまり介護のことで 占められていないわけです

介護が始まったころは
それ一筋になっちゃって
仕事以外で 友達としゃべったり
どこかにお出かけしたりするのが 
すごく違和感あったし 何だか ふじこちゃんに悪いような気がして
罪悪感もあった

ショートに預ければ 気になって しょーがない

それが今じゃ・・・

違和感 罪悪感 全く 

色んな友達と連絡とって 
おしゃべりやら ランチやら しょっちゅうだし
たまには 居酒屋へ飲みに行くし
Jリーグが始まれば
ゴール裏参戦 グランパス一筋だし ね
あー 早く 闘う選手たちに 会いたいな~ 


ということで
切羽詰り感が ないので
ブログものんびり マイペースで やっていきたいと思います

読んで下さり 本当にありがとうございます 


元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。