スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルタチオン効果と介護負担のどちらを取るか。。。 

いきなり重たい題名ですが・・・

グルタチオン注射を 打ってくれる病院が
ほんのすぐそばにあるのなら

かんなは 迷わず 行くと思います

いや 往診でやってくれるのなら
迷わず頼むけど

病院まで行くとなると
ちょっと 迷うな・・・

今は 注射してもらおうと思ったら
名古屋のコウノ先生のところまで
1時間15分

岡崎のコウノメソッド医まで
1時間5分

仕事を休んで 朝から出かけても
昼までに帰ってこれるかどうか

午後からだと
帰り着くのは すっかり夜になっちゃう

コウノ先生は
効果があるのだから

一週間に一度 くらい打つとよい といってくれたけど

今のかんなには

今の生活を維持することが
目一杯で

これ以上のことを 毎日の生活に割り込ませるのは
精神的 肉体的 時間的にも 無理なのです

そして 合計3時間弱 車に揺られているのも
ふじこちゃんにとっては どうなのか



そう考えるのに至ったわけは

グルタチオンの効果のこともあります

最初に打ったときは

膝に力が入らなくて 立位を取れなくなってたのが
すぐに また立位を保持できるように なりました

だから 着替えが 立たせて出来たので
介護の負担が 大幅に減って 本当に楽になりました

そんな調子で 半年の間くらいは
一ヶ月に一度くらいのグルタチオンで
介護が楽になったり

あと 表情がちょっと豊かになったり
言葉が出たり

それが 

ここ最近では

もう足が硬くなっていまい
立てなくなってしまって

グルタチオンを打っても
変わりませんでした

表情と言葉は
直後は すこし回復しました

しかしそれが 続いたのは
2,3日 になってしまいました・・・

それほどにまで
母ふじこちゃんの病状が 進んでしまった 
ということです

決して
グルタチオンの効果は あまりないから
お勧めできない というわけではありません

認知症の思い人も 軽い人も
きっと効果があると思うので

迷われている方は
ぜひ一度 騙されたと思って
注射してもらってください

保険診療内の 200mg とかじゃ ないですよ
1400mgとかですよ

自費になるけど
若返りの注射として
美容外来とかでは やってます

でも 

かんなは もう

何が何でも
ちょっとでも ふじこちゃんを 回復させる

ということに
とらわれるのを
やめようと 思ったんです

今のふじこちゃん
ご飯を 食べるときもあれば

全く口にしないときも
あります

一日の総カロリーは きっと
かんなの一食分くらいじゃないかと 思います

その開かない口を
こじ開けても

眠っているところを 無理やりに起こして
食べさせても

果たして ふじこちゃんは
嬉しいんだろうか 楽しいんだろうか


ふじこちゃんは 
もうしゃべれないから 教えてくれないけど

かんなの考える ふじこちゃんの幸せとは

一人娘のかんなと一緒に暮らすこと
  
  ← これは元気な時から 言ってた
    父ちゃん死んだら かんなのところに行きたいって

孫たちの声や 生活音に囲まれて
賑やかに 暮らすこと

  ・・・一人娘の孫だもん 大好きだよね

外の空気を吸ったり 
たまの外出したり 
他の人との会話を楽しんだりすること

  ・・・昔から 社交的な人で いろんな人とお出かけしたり
    おしゃべり大好きだったから

おいしいものを 食べたいときに 食べること

  ・・・これは誰だって そうだよね



なので

色んなデイに 通いながら
いろんな人に 話しかけられて

皆に ふじこちゃんの笑顔が素敵だねって
言ってもらえて

夕方 家に帰ってきたら
娘夫婦と 孫がいて
娘に ケーキなんか 食わしてもらって

いいじゃないのかなー ふじこちゃん



と かんな自身にも 納得させて

グルタチオンの継続は あきらめた次第です

コウノ先生に言うと きっと

まだまだ あきらめちゃいかーーーん!!

って 怒られちゃうけど。。。


でも きっと あの先生だから
わかってくれるんじゃないか とも 思うけどね


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

事故を起こしてしまいました。。。 

何だか悲しすぎて 言葉にしたくないです

が これからの戒めの意味も込めて
書き綴ろうと 思います

土曜日 

いつも土曜日は 一週間の疲れが出て 
なかなか 体が シャキシャキ動かない

平日なら 食事介助に来てくれる ヘルパーさんもいない

旦那も仕事なので
一週間でたまった洗濯 母ふじこちゃんの着替え オムツ替え 朝食の介助 
そして ショートの準備 と 
のろのろ 重たい体で動いていると あっという間に時間が過ぎ去る

そして やっと ふじこちゃんの準備完了
ショートへ出発 
しかし その前に 往診で出してもらった薬をもらいに行かないと・・・
ももっちの 歯の矯正で使っているゴムも 歯医者にもらいに行かないと・・・

ふじこちゃんを助手席に乗せて 病院へ立ち寄ってから
ショートに連れて行くことにする

かんなも 昼前の時間になっちゃって
あせっていたんだと思う

そして ふじこちゃんも
前記事で書いたように 座位が不安定になってきているので
助手席に真っ直ぐに座らせることが だんだん難しい・・・

運転中 ふじこちゃんの体が 
窓側のほう 斜め前方に 倒れかけた

シートベルトがあるので 大丈夫と言えば大丈夫だけど
首のところにベルトが食い込んで 苦しそう・・・
このままじゃ やばいかも・・・

そう思って かんな
ふじこちゃんの方をみて そして 片手を伸ばして
ふじこちゃんを ぐいっと引っ張って元に戻そうとした

その瞬間 
交差点が近くて 赤信号で減速した 前の車に

ブレーキを踏むのが 遅すぎて
がしゃん!!!

と 追突してしまった・・・

まさか 自分が こんなことしちゃうなんて・・・

本当に 前の車の方には申し訳ないことをしました
お互い大きな怪我はなくてすんだんだけど・・・

相手の方は 本当にすごくよい方で 
後日電話でお話した時には
一緒に乗ってみえた お母さんを
大切にしてあげて下さいね

と言ってくれました
何だか 泣けてしまいました・・・

そして その後
警察を呼んで 色々と事故処理をしました

ふじこちゃん ぶつかった瞬間
赤ちゃんが びっくりした時に出る 
モロー反射が 激しく でました

かんなは シートベルトが当たったところが痛かったけど
ふじこちゃんは 痛いとは 言えません

表情を見る限りでは 特に痛そうなところもなく
ほっとしたけど・・・

しかし 車の前方は 大きく破損してしまった
それに エンジンはかかって 動くけど
車のラジエーターが壊れてしまい
クーラーが効かない!

真昼の炎天下 
このままじゃ ふじこちゃん どうにかなっちゃう・・・

送っていくだけのつもりだったから
ふじこちゃん用のゼリーとか 水分補給のものも
持ってないし!

事故処理は すぐには終わらないし・・・

動揺して 本当に 頭がまわりません

ふじこちゃんを なんとか先に 
ショートステイに 送り届けられないか

でも なにで??

介護タクシー??

でも ふじこちゃん 車椅子じゃないよ
介護タクシーって 車椅子で乗り込むやつのことだよね

ふじこちゃんは 座席が外にせり出してくるヤツしか
乗れないよ

ううん どうすればいいの??

必死な思いで ケアマネさんに 電話してみましたが
土日 休みで 通じません

以前のケアマネさんの事業所は
365日 24時間 連絡がつくところでした

残念・・・

何とか 普通のタクシーに 人力で手伝ってもらって
ふじこちゃんを 乗せよう

やっと そう決断して
普通のタクシーを 呼びました

車椅子の乗り降りのように 車とタクシーはピッタリとはくっつけれないので
何mも離れたタクシーの助手席まで
ふじこちゃんを 運ばなければ なりません

おんぶしようにも
ふじこちゃんの身体は固まっていて
手を前に回したり 出来ません

しょうがないので かんなが
ふじこちゃんを立たせるようにして 抱きかかえ
えいこらえいこら 
タクシーの助手席まで 運びました

ふじこちゃん 32kgという 超軽量なんで
意外と 簡単でした

助手席も タクシーは低いので
スムーズに 乗せれました

タクシーのお兄さんに
ショートステイ先まで 連れて行ってもらうように お願いをし
ショート先には タクシーで 到着することを伝えました

ふじこちゃんの座位のバランスが 心配だったけど・・・

と ここで

事故処理も終了

なので かんなもタクシーに同乗して
ショートまで行き

ふじこちゃんの様子を話し
炎天下 クーラー無しの車の中に一時間 いたので
水分補給を最優先でお願いした

ふじこちゃんになにか 異変があったら
すぐに連絡するように伝えて

ここで やっと 手のあいた旦那が 到着

二人で 事故現場に置いた車に戻り
レッカーを呼んで 修理工場まで運びました


・・・続く


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

座っているのもしんどくなってきた、母ふじこちゃん・・・ 

毎日更新しようと思ったのに
やはりなかなか忙しすぎて 夜はバタンキューです

さて 母ふじこちゃん

グルタチオン注射のお陰で ちょっと調子が良かったんですが
どうやら 効果が切れて
さらに 進行が加速気味のようです

全身の筋肉 特に体幹の筋肉が 固くなってきて
車椅子に座っても 
すぐに 左右どちらかに倒れてしまうように なってきました

そして 倒れると 自分でも立ち直れないし
かんなが 治しても すぐにまた倒れてしまいます

なので 体の左右に クッションを入れたり
首や背中にも それぞれ真っ直ぐになるように
タオル詰めたり します

それでも 倒れていってしまうので
食事中は リクライニングを倒し気味にしたり
かんなが横で 肩を組むようにしながら 食べさせたり

デイサービスから車椅子で帰ってくる姿勢も
おおー ちょっと ちょっとお~~!!
っていう時が増えました

ふじこちゃんを 車の助手席に乗せたときも
だんだん横に傾いていくので
運転中 気が気ではありません

しっかり座っていてくれないと
グルタチオン注射うちに 名古屋まで 通えないよ~ ふーじこちゃーーん!!

ってな感じに最近 思うように・・・


そんな嫌な予感が・・・
遂に当たってしまう時がきたのでした

・・・続く

読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

母ふじこちゃん、立ってるし食べれてるよ❤ 

ブログの検索ワードを見てみると
ちょっと前までは ニコリン ってのが多くありました

今は・・・
グルタチオン です

コウノメソッド医から奨められてるとか
コウノ先生のブログ読んで 興味持った人が
結構いるんだなあ と思います

6月27日 金曜日にグルタチオンを打ってから
10日ほどになりますが

今はまだ その効果が持続していて
補助ありの立位もとれるので
かんなは ふじこちゃんを立たせての ズボンの上げ下げ
そんなに苦もなく やれています

そして 食事のほうも

傾眠が入ると 半分以下で終了しちゃったり
口の中で 止まってしまったり

どうして 食べてくれないのー(´Д`|||)ドヨーン

って落ち込んじゃったり してたけど

今は その傾眠が だいぶ減っていて
姿勢も保たれていることが多いです

そして か だから なのか
時間はかかりますが 
毎回ほとんど 完食してくれてるんです

時間は 40分から 1時間ぐらい


一時間 というと 長すぎる!
と思う人が多いのかな

かんなは 皆がいるリビングで
テレビ見ながら 子どもたちとお話しながら
スマホで ブログチェックしながら

ふじこちゃんの横に座って 食事介助してるので
別段 疲れないし めんどくさいとも 思いません

一時間の食事介助がなくったって
どうせ ぼぉ~っと 過ごしたり
連ドラ見て 過ぎ去るんだから

まあこんなもんか と思ってます

どこかの 医者のブログで 
食事に一時間なんて地獄の介護だ 
外国では 自分で食べなくなったら 終わりだ
目の前に置いて 時間が来たら 引っ込める

だから 自然に老衰で死んでいくし
寝たきりになる期間もない
とありました

かんなも 昔 昔は そのように考えていた時期もありました

でも ふじこちゃん見てると
スプーンを持っていけば 口を開いてくれるんです

ケーキやハンバーグなど
おいしいものは よく口を開くんです

おいしい?って聞くと かなりの確率で うん と言ってくれるんです

そんな人を 見捨てたり あきらめたり できますか

ふじこちゃんが パクパク食べると
かんなは嬉しい
ももっちも ばーちゃん おいしいもの食べれて どイイナ~!
めめっちも ば~ちゃん よかったぁ 
って

食べることは 生きること
食べることは 嬉しいこと

グルタチオンのお陰で ちょっぴり
そんな幸せが UPしてるんだから ね~

もっと 世の中に 認知されればいいのになー

医者の頭が 柔らかくなれば いいのになー

もちろん 副作用のリスクなんかは 
本人・家族が しっかり理解しての上でだけど

厚生労働省が作った枠組みの中でしか
治療できないなんて どうかしてるよな

一人ひとり 患者さんんの症状は違う
だから 一人ひとりに合った処方を もっと医者は考えてほしいなぁ と思います


読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

グルタチオン注射、4回目。 

金曜日 3週ぶり位になるでしょうか

再度 名古屋フォレストクリニックの コウノ先生のところへ グルタチオン注射をしに行ってきました

はっきいって 車で1時間半弱といえど
座位もままならない 母ふじこちゃんを連れて行くのは
結構な 労力です

20kg以上ある リクライニング車椅子の積み下ろし
ふじこちゃんの移乗
姿勢や水分の管理

そして 昼から行って帰ってくると
夜になっちまうという

その後 家族の夕食準備 
夕食介助 オムツ替え 着替え 
夕食片付け 

とか 考えると 気が遠くなる・・・

しかし それでも 
ふじこちゃんに グルタチオン注射する価値はある
と 思うからこそ 行ってくる訳です

今 ふじこちゃんは かろうじて 
介助されながらも 立つことが出来ます

これが 完全にできなくなると
着替え オムツ替えを ベッドの上で
ゴロンゴロン左右に転がしながら やることになるんですが

確実に 立位にさせてやるより
かんなの手間と 体力が要ります

まあ そうなってしまったら
慣れていけば それも時短できるかと思うけど・・・

ふじこちゃんを立たせることも無くなって
介護状態 ふじこちゃんの進行状態も
またいっそう レベルダウン ということでしょう

無理に立位を取らせることも 
もし転倒してしまったら と考えると
危険なわけだけど

完全に立てなくなったら 
果たして かんな このまま在宅で 介護を続けていけるかな・・・
時間的にも 体力的にも 精神的にも

と思うんです 最近

以前のような 絶対最後まで 在宅で行く-!!
っていう自信が ちょっと揺らいでいるのも事実

なので できるだけ ふじこちゃんには 
立位で頑張ってもらいたい

そんな思いから グルタチオン注射は
一ヶ月に1,2回 してもらいい行くことにしました

あと 注射のあとは なんとなく
表情がよくなって 声が出るのが 嬉しい

さて 3週間前より また 足に力が入らなくなってきたんで
今回の注射です

こんな具合で
また すこし踏ん張ってくれるようになりました

立ち上がりは全介助で 介護量 MAXですが・・・
DSC_0103.jpg

膝がすぐに折れ曲がっちゃうので
立たせる直前に 膝の曲げ伸ばしを数回して
膝をしっかり伸ばすストレッチを します

そして 立たせたら ふじこちゃんの曲がってる膝を
かんなの膝でぐいっと押し込み 何とか伸ばします
DSC_0104.jpg


ふじこちゃんの体重が 前すぎず 後ろすぎず
足の裏にきちんと重心が来るように 持ってきます

両手を 何とか伸ばして 
目の前の手すりに つかまらせます
DSC_0105.jpg

この状態で 調子いいと 数秒から十秒くらい
一人でたってられます
その間に ちゃちゃっと ズボンとオムツを降ろすわけです

まあ 今じゃ危ないので
かんなが片手で支え もう一方の片手で ズボンの上げ下ろしを
やるけどね

ふじこちゃんの膝に 力が入っていると スムーズにできます

注射の次の日の朝 こんな感じでできました
注射の前は 膝折れしちゃって
もう かんなもへろへろ~
もう駄目だ~~

このまま在宅続けられ~ん

と 凹んでいたけど
ごらんのとおり またできるようになって

よっしゃーー この調子で 頑張るでーー!!

と やる気が満ちてきました

というわけで またしばらく 頑張れそうです



読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。