スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の高野山で納骨法要 

前記事は 何だか 寂しい思いを つらつら書いてしまいましたが

立ち直りの早い かんなですので
読まれた方 ご安心下さい

こういう状態の母を どこまで在宅でみていくか

施設に入れても もうわからないから いいんじゃないか

とふと 頭をよぎることもあります



でも かんな自身がまだまだ 頑張れると思うし
あんたなんて知らんって言ったり
う○こもらす母とでも 一緒にいたいと思うし

まあ 家庭が壊れるほど 追い詰められてもいないので

落ち込んだり 這い上がったりしながら やっていきたいと思っています



それよりか 
闘莉王が ブラジル帰っちゃって
もしかしたら もう戻ってこないかもしれないと思うと

松村和子の 

帰って来いよ 帰って来いよ 
帰って来~~いよ~~~~~♪


が 寝ても覚めても 頭から離れません





と いうことで

昨日は父の四十九日にあたり

はるばる高野山のお寺まで 
永代供養と納骨法要に いってきました

どうやら 下界も ここ一番寒い日だったようですが
高野山へたどり着く途中も 雪が降ってて

高野山も 初積雪 とのことです

お世話になった お寺です
PC170266.jpg


以前 高野山の本山で 永代供養 と書いたけど

少し かんなの勘違いでして
ここは 別格本山 持名院 というところです

本山は 分骨でしか できないけど
ここのお寺は かんなのような 一人娘やら
お墓の跡継ぎがいなくなって困る人のために

お墓を作らず すべてのお骨を 納骨 してくださいます

お寺から見える 庭園
PC170263.jpg

たまには こういうの眺めながらの 精進料理もおいしかった~

でも さすが お寺さん 
どっ寒かった~~~

我が家はですね

実は OMソーラーというシステムを取り付けていまして
真冬 外が0度でも 
太陽の力で
部屋は 20度くらいを保ってくれるんです

なので 温室育ちの とっとこ一家
寒さに震えながらの 法要 食事でした

でも 本当に よいところで
ここを選んでよかったです



父が 喜んでくれたかどうかは 知らんけど
まあ かんなの心は これで 一件落着 
すっきりよー

父よ 天国に行けたかなあ

そこで 人は 今までの人生を振り返り
反省したら
次に生まれ変わる準備をする そうな

ちょっとは かんなが 一生懸命にやったこと わかってくれたー??

旦那いわく 

俺 死んで自分の過去を見せられたら はずかしーなー
反省しきりだなー

と言ってたけど

お父ちゃんは どうですかー

次 生まれ変わったら 今回よりも 
いい人生が 送れますように

周りの人と 幸せを 築いていけますように



かんなもぼちぼち頑張るからさ

お母さんと うちら一家のことを 見守ってちょうだいよ

で 

お母ちゃんの 夜中の 徘徊 止めてくれると 嬉しいんだけどなー





最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます

  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

お墓のこと。親戚のこと。 

昨日 第3のショートステイ先から
母が帰ってきました

まだ2回目の利用だけど
スタッフさんの対応もすばらしく
口腔ケア 手洗い なども しっかりやってもらえました

手洗い・・・

母ねえ ヒマだと オムツの中に手を入れちゃうんですよ

そんで においをかいてみると とてつもなく臭い

でも 一見汚れてないから
そのまんまにされてる

でもその手で いろんなもの触ったり
自分のほっぺに手を当てていたり

ひどいときは 顔からも アンモニア臭が・・・

別のショートで その話をしても
臭い手のまま帰ってきた

今回のところは ちゃんと 石鹸のにおいがしました

って 母の手をくんくんして
ショートの対応を チェックしている かんなって・・・





さて かび臭い実家に 泊まった次の日

母の弟夫婦が 実家まで来てくれた

電話で永代供養の件を話したときに
ちょっと 納得いかなかったような 叔母さん

かんなちゃん 叔父さんと大切な話があるでしょ
よく話し合ってね
私は 草むしりしてるから


と 叔父さんに一任するような感じ

なので 

かんなから 叔父さんに 

父と 縁もゆかりもない ここの寺で永代供養するより
父と母が 行った事のある 高野山で 永代供養を行いたい

料金も高くないし
檀家になる必要もなく 
でも きちんとしてもらえる


というようなことを パンフレットを見せつつ 話した

なんて言われるかなーって思ったら

叔父さん

ええがや ええがやー(いいじゃないか)

うちも商売やってたで 檀家になってたけど
月命日から 会費から 色々大変やで
そっちのほうが ええと わしも思うがなー

お姉ちゃん(母のこと)も
弘法大師さん 好きだったしなー


と 

こっちが 拍子抜けするくらい あっさり 賛成してくれた

ちなみに この叔父さんは 以前から

墓なんて作らんでええ 永代供養 頼めばええ

って 言ってくれてた人

なので 話も早っ!!

お寺さんとの付き合いは 色々苦労してたみたいで
あっさり したもんです

そして かんな

出来たら 四十九日にあたる 17日の土曜日に
私たちで 納骨に行って来たいけど
四十九日の法要って みんな呼んで しなくちゃ駄目?


しんでもいいがなー
今のお寺さん頼んでも 面倒くさいことになるし
集まる人も そうおらんし


そうです 親戚といっても
父の九州の親戚は 高齢 遠方で 来ないし

後は 母の兄弟だけ 

この叔父さん夫婦と 妹さんと
その娘息子たち(かんなのいとこ) のみ

なので 10人も集まるかどうか



ということで 世に言う 四十九日の法要は なし


いやあ 年配の方や 父方のうるさい親戚の人が聞いたら
ぶったまげるだろうな~

でもね 決して 父を粗末にしているんじゃ ありません

初七日 四十九日 一周忌 三回忌 ・・・

そして 三十三回忌 までやらないと 成仏できないという

誰が決めたんだか

仏教の開祖の お釈迦様は そんなこと言ってないのですよ

それを言っているのは お寺さんなのでした



ということで めでたく 叔父さんに一任した 叔母さんの了承も得たので

残りの親戚には 電話報告で オッケー か と思いきや



まあ 父の親戚は うるさいうるさい

うちの近くの寺は 10万円から やってくれるでー ← 安けりゃ文句ないんかい
                                 金出すの うちですけど

そんな遠く すぐに行けやへんじゃない ← あんた行く

旦那さんのお母さんは いいって 言われたん? ← 義母が駄目って言う?
                                 言ったら 駄目なの??



そして そのうち 話の内容は
生前の父のことになり

よう電話かかってきて 金のことばっか言ってたんよ

あんたが ひどいことするって 話すんよ



はいはい もう聞き飽きたわーーー


最後には 

でも あんたも よう頑張ったねえ
まだお母さん おるで 大変やなあ
 

とか

お父さんには 感謝の気持ちが 足らんかったと 私は思うわー

とか 言ってくれた人もいるけど

なんせ

4件掛けて みんな そんな感じ

なんか 壮絶介護の日々を蒸し返されて 凹むし




そして 時期を同じくして
父の死を伝えていなかった 父の元同僚とか 実家の友人に 
喪中はがきを出したので

何件も 電話が かかってくる

そのたび 経過をお話して・・・


で 先週は ぐったりで ござるよ・・・


まあ 必要なことだから しょうがないんだけどね



まだまだ 相続の書類をそろえたりするのも
やってないし

実家の空き家も 片付けていかなくちゃならんし


はああ~~ かんなに 自由の日々が訪れるのは
いったい いつ





最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます



元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

 観覧車と 実家のカビ と 親戚の話。 

もう ぼやぼやしていると あっという間に 時は流れ

なかなか日々の出来事に ブログ更新が 追いつかない かんなです

今日は 元気なので 夜更かし頑張ります




先週 サッカー観戦の帰り 空き家になっている 実家に泊まることに

電気や水道は使えるが 
なんせ 2ヶ月前に アオカビ大量発生していたのを 放置しているため

夕食 風呂は 近くの 刈谷ハイウェイオアシス で 済ませた

そしたら イルミネーションが とっても綺麗
PB260160.jpg PB260164.jpg

ほんでもって これ↓
PB260157.jpg

思い出の 観覧車なのだ

2年前 母が 認知症と 診断された日の晩

父と母と3人で この観覧車に乗った

高所恐怖症で 青ざめる父と
自分が認知症だなんて 思ってもない母と
この先 母が壊れてゆくことに 耐え切れない思いを 抱えたかんなと


そして 去年は

足を切断して車椅子になった父は 地上で待機し

観覧車大好きめめっちと 
子どものように 無邪気に喜ぶ 母と
父と 分かり合えない 苦しみを 抱えたかんなの 3人で

それ以外にも

母を通い介護で みてたとき

ここで 父と母と一緒に夕食を食べたなあ

って・・・


なんせまだ 喪が開ける前だしねえ

まだ 元気だと思っても すぐに ウルウルしちゃうんだよ!!



ここには 温泉もあるので そこで風呂も済ませて

さあ おそるおそる カビの生えた 空き家の実家に 突入です

うへ~~ 
玄関開けると やっぱり カビくさっ!



一番異臭を放っているのは 奥のキッチン

そこは もう閉め切り 
テレビのある居間と 寝室に 急いで掃除機をかける

そして お布団を敷こうと 窓際のベッドに乗っていた布団を 広げると・・・

なんとまあ 布団に 真っ黒くろすけな 黒かびが 大量発生!!!!!


どうやら 窓が結露して その水分を 吸っていたらしい

もういやだよ~~~~ん


その夜は もう遅かったので
綺麗な布団を探し出して カビくさ臭のなか マスクして 寝ました

子どもたちは カビ臭が 気になる子 ならない子 それぞれ

まあ 何とか体調不良にはならないで 朝を迎えられました



次の日は マイペットで 部屋中 拭き掃除
布団干し がらくた 片付け

そして 使ったタオルなんかを 洗濯しようと
2年ぶりくらいに 洗濯機を

すると 何度 すすいでも 
小石のような 白い ぼろぼろしたものが付いてくる

一体何じゃー って 旦那と観察したら

なんと!! 洗濯槽自体の プラスチックが ボロボロになったものだった


そういえば まだここで母が暮らしているとき
もう認知症の初期だったんだろうけど

少しの洗濯物でも 一日3,4回以上 洗濯機を回してた

そして 合成洗剤や漂白剤などが
3,4日で空になるくらい どばどばぶち込んでいた


だから 2年の年月だけでなく 
それ以上に 酷使された 洗濯機 必要以上に 漂白された洗濯機
だったんだ

そんなわけで
残念ながら 使えなかった

あと 雑草は一本が 木に育っているし
ベランダの柵は ペンキがはげて べろべろだし

押入れには とてつもなく物が詰まっているし

さて 今後 どうして行こう






最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます


親戚の話 書けんかった~




元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

どうなる決戦の日 

まずは 土曜日の決戦

名古屋グランパス VS モンテディオ山形 @豊田スタジアム

に 久々の 参戦です

ホーム最終戦 そして奇跡の逆転優勝に向けて 負けられない一戦

母の具合が悪くならないことを祈ります


はあ~ やることまだいっぱいあるんだけどさー

ちょっとは楽しまなくっちゃねー
なんか ペース出ないんだよね


そして 日曜日 

父の永代供養についての 親戚との話し合い

月曜日の時点で 
かんなは 高野山に 父の永代供養をお願いしようと決めた

そして 四十九日も迫り 早いうちがよいと思い
すぐに 母方の親戚に電話して その旨を話し

話しただけじゃ なんともわからないと思ったから
パンフレットとか見せて
日曜日にでも 詳しい話をしたい と言ったら

だいぶ戸惑っていたご様子です~~

電話に出た 叔母は

今は旦那が留守してるから 帰ったら話して
また折り返し 電話かけるね


って言ったのに
それから 音沙汰ありません

また 親族一同会議でも 開かれているのでしょうか

おおお~~

いつも とっとこ一家のことを気にかけてくれていて
たまに おいしい料理を運んできてくれる
とってもよい叔父と叔母なんだけどね

電話で言われたのが

遠くて すぐに行けないねえ
近いところが いいんじゃない

本山なんて そんなところに・・・

本山って言うなら 日蓮宗だから 日蓮宗の本山でもいいわけでしょ

まあ 叔父さんが なんて言うかねえ

私には なんとも言えんがねえ



宗派が違うのに・・・

わざわざ遠い本山でなくても・・・


っていうのが あるようです

お墓を作らないこと自体は ある程度納得してくれているよう




さあ どうなるんでしょうか


前日に グランパス観戦で 
英気を養って 話し合いに臨みたいと思います




でも 

土曜日 実家に 泊まるのでした

豊スタにも近くて 親戚のいる名古屋にも近い

豊橋に帰ってくると 二度手間ってことで・・・


9月末から行っていない・・・

そんときに いたるところに 青かびが生えていた・・・

うげげーーーえ

大丈夫なんだろうか 

土曜日の晩は 大掃除をしなくっちゃ

日曜日 生きてるだろうか・・・




最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます


元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 

葬式とお墓のこと 

何日かぶりに こんにちは

決して落ち込んでいたり 体調崩していたわけではなく

あ 家の中が 臭かったのには だいぶショックを受けたけど
まあ何とか匂いも薄れ 
母も5泊のショートに行っているので
そのショックも薄れつつある かんなです


相変わらず 忙しくて
他の方のブログの読み逃げばかりで 申し訳ない・・・


昨日は なんと 愛知から
日帰り強行突破で 和歌山県にある 真言宗の総本山
高野山へ 行ってきました

なんでかって


順を追って いきます


まず 父は 九州大分の生まれで 8人兄弟の末っ子

実家の宗派は というと 日蓮宗

まあ ご多分にもれず 葬式宗教だけですけど




さあ 父が亡くなったとき

どこのお寺さんに 頼むか??

やはり 父の実家の宗派か?

そこで わが町で 日蓮宗を探してみたけど
2つの寺院しかなく それも遠い

父は 全く信仰心がなかったし

かんなは 
スピリチュアルなことは 信じてるけど
宗教という枠組みには 興味なし

ということで

すぐそばの 真言宗のお寺さんに お願いすることにしたのだ

大分の親戚に 訃報を伝えたときには
日蓮宗でやるのが筋でしょう みたいな事を
電話の向こうで 言っているお方もみえたが

本家に納骨できるわけでもなし

娘であるかんなが 今後のことを考えていくのが 筋

どこの宗派でも 真心を持って供養すれば同じ




もうひとつの問題は

かんなは 家を出た 一人っ子 だということ


これは 何を意味するかというと

お墓が作れない ということ

なぜって 作ったとしても 父と母以外 そのお墓に入る人がいない
かんなは 嫁に行っちゃったからね

かんなが死んだら 墓を守っていく人がいない

ということ

もちろん ももっちや おっくんが
じいちゃんばあちゃんである 父と母のお墓参りは してくれるでしょう

でも その後は?

わが子らの 次の代になったら 
もう かんなの父と母のことなんて 知らないんだな

でも 墓が残ってしまう・・・



ということで 

かんなは 父と母には 墓を建てずに 永代供養を

と思っています



だからこそ 実家の宗派に無理に 合わせる事もなし

何かと 我が家から近いほうが便利だし 



という 考えのもと

大分の親戚は 押し切りました
母方の親戚は 一応 納得です


でも 真言宗って 木魚なんだね

なかなか この木魚で ハプニングが・・・

それは後ほど 




で そこのお寺の 納骨堂に納骨し
永代供養を してもらおうと 思ったのだけど

お寺によって いろんなやり方 いろんなお値段らしい

そして 総本山でも 永代供養してもらえるそうで



そのうちにね

父と母は 高野山に行ったこと あったよなあ
すがすがしくて よいところだったって 言ってたな

ふむふむ 

母の名前は 真言宗の開祖 弘法大師から 取ってるし
近くの 弘法様の縁日に 行ってたな
(ちなみに 母の実家は浄土真宗なんだけど)

なんて思い出して

これは 父の意思か なにかの縁かもしれない と思い

永代供養のパンフレットを 取り寄せたのだ


みてみると 近所のお寺さんより
さすが 本山だけあって きちんと 格調高く供養している

そして 料金も 安かった

ということで 
実際 高野山のそこのお寺に見学に行って来たのでした

一通り説明を聞いて 本堂や納骨堂をみさせてもらい
最終的にはお骨は 
奥の院という弘法大師さんの聖地に 埋骨してくれる とのこと

他のところでは 
合祀(他の人と同じお墓に入る)がほとんどだけど


俺の骨は 墓は要らんで 
海に撒くか 土に埋めてくれや~


って父は 元気な頃 言っていたな 

ぴったりじゃんかい

そして その奥の院まで 行って来たけど
心が洗われるような 場所だったので

かんなも 気に入ってしまった

それに 法要を 強制されることもなし
自由なんだって




でもね ホント お墓がこれからも増えて増えて
どうなっちゃうかなって 思わないですか?

お墓を守っていく人は少なくなるし

お墓や お骨に 魂が宿っているわけでもなし


金魚が死んだら 土に返すように
お骨も いずれ 土に返したらいいと思うんだよね


だから ぶっちゃけ言っちゃえば

かんな的には お墓もお骨も 要らない

父の魂は どっか違うところへ 行ってるでしょう

日々 心の中で 手を合わせればよいと思うのです


でも それじゃ 父が浮かばれないという人もいるし

世間体が悪いと 気にする親戚もいる



ということで 高野山に 永代供養してもらおうかな~

と 考えている かんなです



さあ でも 
これから 親戚を 本格的に 説得です

上手くいくかいな~







最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます





思い立ったら 突撃 とっとこ一家

早朝出発して5時間かけて行って 夜中 帰ってきたっぴ~

帰りは ばてた旦那に代わって かんな3時間も運転だし~

今日は一日 バタンキューでした





元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓  
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。