スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母、無事帰還、でもおなかがゆるいよ・・・ 

前記事では 訪問して下さった皆様に ご心配かけました

母ふじこちゃん ショート先から 元気に帰宅しました

食事は 少なくとも5割 7~8割は食べれたそうです

もう本当に 心からホッとしました

これで ふじこちゃん 死なない~ 

まず先週と 表情が全然違います

きちんと目が合い 話しかけると頷いてくれます

ほんとに よかったあーーー!!!

その日の夕食は 少なめだけど完食

そして 昨日は一日在宅でしたが
3食に おやつまで パクパク食べてくれました

なーんで 先週は あんなに口をつぐんでいたのか 
本当に不思議です

やっぱり かんなの渾身の語りかけが 
効いたんだと 思います(自画自賛)

と 嬉しい気持ちでいっぱいの中

グランパスも 珍しく快勝して 
さらに嬉しい気持ちでいっぱいの中

さて ふじこちゃんを寝かせようと 寝室に行くと

・・・あれえ・・・

どうやら あの晩の再現 のような かほりが・・・

慌てて ベッドに寝かすと
なんと 下痢しちゃっていました

被害も広がってました・・・

そう言えば ショートに迎えに行ったとき

嘔吐下痢の風邪が 流行っているんです

って スタッフが言ってたわ~

ええー それ?それ??

でも 嘔吐はないし 食欲もあったし

便秘薬が効きすぎているのか 
ウイルスによるものなのか
分かりません

あ 処理をしたかんなの明日の調子で 判明することでしょう・・・

で やっとこさ ベッド上で母も回りもきれいにして

で 紙パンツやズボンは 
座らせて 介助でも立たせてお尻を上げさせたほうが
はかせやすいので

仰向けに寝ていたふじこちゃんに
足の途中まで 紙パンツとパジャマのズボンをはかせて

そこからは お尻は出したまま 
ベッドの端に 座らせました


と その途端

・・・・・・・・・



この先は ご想像にお任せします

そうです

ご想像していただいたとおりです


最初のときよりも 被害が 
かんなから 床から ベッドから 広がってしまわれました


もう一度 一からやり直しです・・・

汚れちゃったものは 洗う元気もないので全て 廃棄処分 

あ ふじこちゃんは 廃棄しませんよ

もう一度 綺麗にしました

確か グランパスのテレビ観戦が終わって
9時半に ふじこちゃんを寝かせようと思ったのに

全てが終わったのは 11時でした



まあー こんな日も あるわ!!

ふじこちゃんが 食欲が戻って生き返ったし
グランパスが 3連勝したから

まあ良いってことよ 

ということで おやすみなさいまし 



読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ  にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
スポンサーサイト

伯母の訃報。 

父の故郷の大分から 伯母の訃報が届きました

父は 八人兄弟の末っ子で
一番上の姉とは 親子ほども年が違います

今回亡くなった伯母は 父のひとつ上の姉で
兄弟の中でも 一番慕っていたお姉さんでした

兄弟みな 仲が良くて
よく 健在な兄弟とその配偶者で
年に一度 旅行していました

父と母も 愛知から参加してました
父は 張り切って計画を立てたりして
嬉しそうだったな・・・


しかし これでひとりのお姉さんを残して
皆 天に召されてしまいました・・・

まあ 皆さん そういう年頃で 時の流れということですが・・・

だんだんと 父の実家との縁も
薄くなってしまいました


伯母とは かんなが小さい頃は 数年に一度
両親とともに大分に帰っていて 
おうちに泊まらせてもらったこともあります
 
最後に会ったのは かんなの結婚式のときでした
だから 15,6年前・・・

でも たまに電話をくれていて

特に 父と同居が始まってからは
とっとこ一家のこと かんなの体調などを気遣う電話を
何度もくれました

父が どんどん偏屈になり 
かんなの悪口を 親戚中に言いふらしていたときも

真実をちゃんと見抜いて
父に説教してくれたり

かんなちゃん 気にしないでいいよ
あれは 病気が言わせているんだから


なんて 言ってくれました


すごく物事を分かっていて そして優しい人でした

いつも 伯母と話すと 救われました

本当に 感謝の思いで今も いっぱいです

そして どうしてあんなに元気だった人が・・・
と 涙ぐんでしまいます



伯母は 前日の夜までどこも悪くなく

次の朝 娘さんが寝室を覗いたら

ベッドの下で 冷たくなっていたそうです


娘さんは 電話口で泣いていました
心中察するに余りあります・・・

娘さんは かんなと同じ 一人っ子です・・・

かんなより 一回り以上年齢は離れているけど
伯母も もう80歳半ばだけど

いつまでも 母であり娘であり

特に 一人娘っていうのは
母がいなくなる というのは
身を引き裂かれる思いだ

寂しさ 悲しさを共有できる 兄弟もいない

かんなも もし 母が死んでしまったら・・・

途方もない悲しみに 暮れそうだ

重度の認知症の母の介護を3年以上
いつ何があっても おかしくはない と
覚悟を決めているけど・・・

伯母は まったく家族の手を煩わせることなく
逝ってしまった

それは 一見 
介護も必要としない
介護される本人の葛藤もない

よく 元気な人は言う

ずっと元気で ある日ぽっくり逝きたいねえ

って


でも それってどうなのかな とも思う

突然のこと過ぎて
残された家族の心は いかほどかと思う

娘さんは言いました

どんな状態でも 生きていてほしかった
そばにいてくれるだけでよかった
かんなちゃん 
どうかお母さんを大切にしてね




一足先に 天国にいるであろう うちの父と
その半年前に亡くなられている 伯母の旦那さん

どうか 伯母を迎えに来てあげてね

伯母さん 
生前は色々ありがとう

天国で安らかにね


合掌



読んで下さり 本当にありがとうございます 

元気の素になります

よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

雪の高野山で納骨法要 

前記事は 何だか 寂しい思いを つらつら書いてしまいましたが

立ち直りの早い かんなですので
読まれた方 ご安心下さい

こういう状態の母を どこまで在宅でみていくか

施設に入れても もうわからないから いいんじゃないか

とふと 頭をよぎることもあります



でも かんな自身がまだまだ 頑張れると思うし
あんたなんて知らんって言ったり
う○こもらす母とでも 一緒にいたいと思うし

まあ 家庭が壊れるほど 追い詰められてもいないので

落ち込んだり 這い上がったりしながら やっていきたいと思っています



それよりか 
闘莉王が ブラジル帰っちゃって
もしかしたら もう戻ってこないかもしれないと思うと

松村和子の 

帰って来いよ 帰って来いよ 
帰って来~~いよ~~~~~♪


が 寝ても覚めても 頭から離れません





と いうことで

昨日は父の四十九日にあたり

はるばる高野山のお寺まで 
永代供養と納骨法要に いってきました

どうやら 下界も ここ一番寒い日だったようですが
高野山へたどり着く途中も 雪が降ってて

高野山も 初積雪 とのことです

お世話になった お寺です
PC170266.jpg


以前 高野山の本山で 永代供養 と書いたけど

少し かんなの勘違いでして
ここは 別格本山 持名院 というところです

本山は 分骨でしか できないけど
ここのお寺は かんなのような 一人娘やら
お墓の跡継ぎがいなくなって困る人のために

お墓を作らず すべてのお骨を 納骨 してくださいます

お寺から見える 庭園
PC170263.jpg

たまには こういうの眺めながらの 精進料理もおいしかった~

でも さすが お寺さん 
どっ寒かった~~~

我が家はですね

実は OMソーラーというシステムを取り付けていまして
真冬 外が0度でも 
太陽の力で
部屋は 20度くらいを保ってくれるんです

なので 温室育ちの とっとこ一家
寒さに震えながらの 法要 食事でした

でも 本当に よいところで
ここを選んでよかったです



父が 喜んでくれたかどうかは 知らんけど
まあ かんなの心は これで 一件落着 
すっきりよー

父よ 天国に行けたかなあ

そこで 人は 今までの人生を振り返り
反省したら
次に生まれ変わる準備をする そうな

ちょっとは かんなが 一生懸命にやったこと わかってくれたー??

旦那いわく 

俺 死んで自分の過去を見せられたら はずかしーなー
反省しきりだなー

と言ってたけど

お父ちゃんは どうですかー

次 生まれ変わったら 今回よりも 
いい人生が 送れますように

周りの人と 幸せを 築いていけますように



かんなもぼちぼち頑張るからさ

お母さんと うちら一家のことを 見守ってちょうだいよ

で 

お母ちゃんの 夜中の 徘徊 止めてくれると 嬉しいんだけどなー





最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます

  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

お墓のこと。親戚のこと。 

昨日 第3のショートステイ先から
母が帰ってきました

まだ2回目の利用だけど
スタッフさんの対応もすばらしく
口腔ケア 手洗い なども しっかりやってもらえました

手洗い・・・

母ねえ ヒマだと オムツの中に手を入れちゃうんですよ

そんで においをかいてみると とてつもなく臭い

でも 一見汚れてないから
そのまんまにされてる

でもその手で いろんなもの触ったり
自分のほっぺに手を当てていたり

ひどいときは 顔からも アンモニア臭が・・・

別のショートで その話をしても
臭い手のまま帰ってきた

今回のところは ちゃんと 石鹸のにおいがしました

って 母の手をくんくんして
ショートの対応を チェックしている かんなって・・・





さて かび臭い実家に 泊まった次の日

母の弟夫婦が 実家まで来てくれた

電話で永代供養の件を話したときに
ちょっと 納得いかなかったような 叔母さん

かんなちゃん 叔父さんと大切な話があるでしょ
よく話し合ってね
私は 草むしりしてるから


と 叔父さんに一任するような感じ

なので 

かんなから 叔父さんに 

父と 縁もゆかりもない ここの寺で永代供養するより
父と母が 行った事のある 高野山で 永代供養を行いたい

料金も高くないし
檀家になる必要もなく 
でも きちんとしてもらえる


というようなことを パンフレットを見せつつ 話した

なんて言われるかなーって思ったら

叔父さん

ええがや ええがやー(いいじゃないか)

うちも商売やってたで 檀家になってたけど
月命日から 会費から 色々大変やで
そっちのほうが ええと わしも思うがなー

お姉ちゃん(母のこと)も
弘法大師さん 好きだったしなー


と 

こっちが 拍子抜けするくらい あっさり 賛成してくれた

ちなみに この叔父さんは 以前から

墓なんて作らんでええ 永代供養 頼めばええ

って 言ってくれてた人

なので 話も早っ!!

お寺さんとの付き合いは 色々苦労してたみたいで
あっさり したもんです

そして かんな

出来たら 四十九日にあたる 17日の土曜日に
私たちで 納骨に行って来たいけど
四十九日の法要って みんな呼んで しなくちゃ駄目?


しんでもいいがなー
今のお寺さん頼んでも 面倒くさいことになるし
集まる人も そうおらんし


そうです 親戚といっても
父の九州の親戚は 高齢 遠方で 来ないし

後は 母の兄弟だけ 

この叔父さん夫婦と 妹さんと
その娘息子たち(かんなのいとこ) のみ

なので 10人も集まるかどうか



ということで 世に言う 四十九日の法要は なし


いやあ 年配の方や 父方のうるさい親戚の人が聞いたら
ぶったまげるだろうな~

でもね 決して 父を粗末にしているんじゃ ありません

初七日 四十九日 一周忌 三回忌 ・・・

そして 三十三回忌 までやらないと 成仏できないという

誰が決めたんだか

仏教の開祖の お釈迦様は そんなこと言ってないのですよ

それを言っているのは お寺さんなのでした



ということで めでたく 叔父さんに一任した 叔母さんの了承も得たので

残りの親戚には 電話報告で オッケー か と思いきや



まあ 父の親戚は うるさいうるさい

うちの近くの寺は 10万円から やってくれるでー ← 安けりゃ文句ないんかい
                                 金出すの うちですけど

そんな遠く すぐに行けやへんじゃない ← あんた行く

旦那さんのお母さんは いいって 言われたん? ← 義母が駄目って言う?
                                 言ったら 駄目なの??



そして そのうち 話の内容は
生前の父のことになり

よう電話かかってきて 金のことばっか言ってたんよ

あんたが ひどいことするって 話すんよ



はいはい もう聞き飽きたわーーー


最後には 

でも あんたも よう頑張ったねえ
まだお母さん おるで 大変やなあ
 

とか

お父さんには 感謝の気持ちが 足らんかったと 私は思うわー

とか 言ってくれた人もいるけど

なんせ

4件掛けて みんな そんな感じ

なんか 壮絶介護の日々を蒸し返されて 凹むし




そして 時期を同じくして
父の死を伝えていなかった 父の元同僚とか 実家の友人に 
喪中はがきを出したので

何件も 電話が かかってくる

そのたび 経過をお話して・・・


で 先週は ぐったりで ござるよ・・・


まあ 必要なことだから しょうがないんだけどね



まだまだ 相続の書類をそろえたりするのも
やってないし

実家の空き家も 片付けていかなくちゃならんし


はああ~~ かんなに 自由の日々が訪れるのは
いったい いつ





最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます



元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ

 観覧車と 実家のカビ と 親戚の話。 

もう ぼやぼやしていると あっという間に 時は流れ

なかなか日々の出来事に ブログ更新が 追いつかない かんなです

今日は 元気なので 夜更かし頑張ります




先週 サッカー観戦の帰り 空き家になっている 実家に泊まることに

電気や水道は使えるが 
なんせ 2ヶ月前に アオカビ大量発生していたのを 放置しているため

夕食 風呂は 近くの 刈谷ハイウェイオアシス で 済ませた

そしたら イルミネーションが とっても綺麗
PB260160.jpg PB260164.jpg

ほんでもって これ↓
PB260157.jpg

思い出の 観覧車なのだ

2年前 母が 認知症と 診断された日の晩

父と母と3人で この観覧車に乗った

高所恐怖症で 青ざめる父と
自分が認知症だなんて 思ってもない母と
この先 母が壊れてゆくことに 耐え切れない思いを 抱えたかんなと


そして 去年は

足を切断して車椅子になった父は 地上で待機し

観覧車大好きめめっちと 
子どものように 無邪気に喜ぶ 母と
父と 分かり合えない 苦しみを 抱えたかんなの 3人で

それ以外にも

母を通い介護で みてたとき

ここで 父と母と一緒に夕食を食べたなあ

って・・・


なんせまだ 喪が開ける前だしねえ

まだ 元気だと思っても すぐに ウルウルしちゃうんだよ!!



ここには 温泉もあるので そこで風呂も済ませて

さあ おそるおそる カビの生えた 空き家の実家に 突入です

うへ~~ 
玄関開けると やっぱり カビくさっ!



一番異臭を放っているのは 奥のキッチン

そこは もう閉め切り 
テレビのある居間と 寝室に 急いで掃除機をかける

そして お布団を敷こうと 窓際のベッドに乗っていた布団を 広げると・・・

なんとまあ 布団に 真っ黒くろすけな 黒かびが 大量発生!!!!!


どうやら 窓が結露して その水分を 吸っていたらしい

もういやだよ~~~~ん


その夜は もう遅かったので
綺麗な布団を探し出して カビくさ臭のなか マスクして 寝ました

子どもたちは カビ臭が 気になる子 ならない子 それぞれ

まあ 何とか体調不良にはならないで 朝を迎えられました



次の日は マイペットで 部屋中 拭き掃除
布団干し がらくた 片付け

そして 使ったタオルなんかを 洗濯しようと
2年ぶりくらいに 洗濯機を

すると 何度 すすいでも 
小石のような 白い ぼろぼろしたものが付いてくる

一体何じゃー って 旦那と観察したら

なんと!! 洗濯槽自体の プラスチックが ボロボロになったものだった


そういえば まだここで母が暮らしているとき
もう認知症の初期だったんだろうけど

少しの洗濯物でも 一日3,4回以上 洗濯機を回してた

そして 合成洗剤や漂白剤などが
3,4日で空になるくらい どばどばぶち込んでいた


だから 2年の年月だけでなく 
それ以上に 酷使された 洗濯機 必要以上に 漂白された洗濯機
だったんだ

そんなわけで
残念ながら 使えなかった

あと 雑草は一本が 木に育っているし
ベランダの柵は ペンキがはげて べろべろだし

押入れには とてつもなく物が詰まっているし

さて 今後 どうして行こう






最後まで読んでくださり 本当にありがとうございます


親戚の話 書けんかった~




元気の素になります  
よろしければ どれかおひとつ ぽちっとお願いします↓ 
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へにほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。